胃癌治療の相談受付中

  • 余命宣告を受けてしまった方
  • 治療法は無いと宣告された方
  • 強い痛みや転移、衰弱が進んだ方
  • 肝臓や腹膜、肺、骨、リンパ等に転移し手術できない方
  • 抗がん剤の副作用を軽減したい方
  • 術後の再発・転移を抑えたい方
  • 検査中・手術前の方
  • 生活の質を大切にしたいとお考えの方

banner_soudan2

早期胃癌の方は完全に胃癌を克服できるように、そして リンパ節転移や肝臓転移、肺転移、腹膜転移(腹膜播種)、骨転移や脳転移など転移が拡がっている進行胃癌、若い女性に多いスキルス胃癌の方、末期胃がんの宣告を受けた方もQOLを維持・向上し充実した人生が送れるよう、そして大幅な延命、治癒を目指せるようお手伝いできればと考えております。

胃癌トップ


胃癌 の予後を改善する治療法

胃癌治療の第一歩は正しい現状把握から

このページをご覧頂いているのは、ご自身が胃癌と診断された患者様や、ご家族・ご親戚・ご友人など大切な方が胃癌と診断された方だと思います。

これから胃癌の治療を受ける方や現在治療中の方もいらっしゃるでしょうし、手術や抗がん剤治療など一通り胃癌治療を行ったが再発や転移が不安だという方もいらっしゃるかもしれません。

進行胃癌のため手術適応とならない方や、手術後に再発を予防する目的で抗がん剤(補助化学療法)や放射線治療(補助放射線療法)を積極的に行ってきたが、治療の甲斐なく胃癌の再発・転移を防ぐことができず医師から辛い宣告をされた方もいらっしゃることでしょう。

胃癌の治療を行う際には治療をする事が第一に優先され、人間の尊厳を重視しQOL(生活の質)を重視すること患者不在の治療にならないよう注意することが忘れられがちです。

当院では患者様主体の胃癌治療を目指しています

そのため胃癌の治療においては体への負担をかけずにがんの進行を抑え、痛みなどの症状を緩和し、抗がん剤等の副作用を軽減することでQOL改善・予後改善をはかるため積極的に代替療法・統合医療を実践しておりますメール相談は無料です。お気軽にご相談ください。

胃癌の種類

上皮性悪性腫瘍と非上皮性悪性腫瘍-胃がんの種類

胃に発生する悪性腫瘍は、粘膜上皮より発する上皮性悪性腫瘍と上皮以外の組織より発生する非上皮性悪性腫瘍に分類されます。胃の粘膜は腺上皮によって構成されているため胃がんのほとんどは腺がんになります。他には腺扁平上皮がんや扁平上皮がん、カルチノイド腫瘍などが上皮性の悪性腫瘍に分類されます。

非上皮性悪性腫瘍には悪性リンパ腫や平滑筋肉腫などが分類されます。

腺がん-胃癌の種類

胃癌のほとんどを占める腺がんはさらに分化型腺がん(乳頭腺がん、管状腺がん[高分化、中分化])と低分化腺がんや印環細胞がん、粘液がんなどの未分化型腺がんに大きく分けられます。

分化型腺がんは胃がんを顕微鏡で見たときに、がん細胞の形や並び方が胃の粘膜構造を残しているがんで比較的予後は良いです。

一方の未分化型腺がんは粘膜構造が少なく細胞がばらばらになってしまっているがんで、小さながんでもリンパ節や肝臓、腹膜などに転移することがある進行の早い胃がんです。

未分化型腺がんのうち小さなびらんや陥凹などわずかな粘膜変化しかおこさず胃壁の全体にがんの浸潤を認め、胃壁全体が硬くなる特殊な胃がんをスキルス胃がん(スキルス胃癌)と呼びます。胃が硬くなるため硬がんとも呼ばれます。

AFP産生胃がん(AFP産生胃癌)

胃がんの中にはAFP( α-フェトプロテイン)の値が高値になるAFP産生胃がんもあります。

AFP産生胃癌は,高度進行癌で発見されることが多く,高度なリンパ節転移や肝転移のため予後は著しく不良であることが多いがんです。

早期胃癌の治療

胃癌治療は、主に内視鏡的治療外科的手術放射線療法化学療法(抗がん剤治療)となります。

最近は早期の胃癌に対して内視鏡的粘膜切除術(EMR)や内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)などの内視鏡的治療が選択されることが多くなりました。

内視鏡的治療は早期がん(早期癌)を対象とした根治を目指せる治療法で再発率を高めることなく、体への負担も軽い治療法で、ほぼ100%根治が期待できます。

ただし、切除した病変の病理組織学的検査(組織型や浸潤度、脈管侵襲、切断断端の所見)の結果、転移のリスクがあると判定された場合にはリンパ節郭清を伴う外科手術を追加で行うことになります。

内視鏡的治療後には新たながんが発生しないよう生活習慣を改めたり免疫力を高めるなどの配慮が必要です。平熱の体温が36度以下の方は免疫力が低下している可能性がありますので注意が必要です

進行胃癌は手術しただけでは安心できない

胃癌)外科手術は体に負担はかかりますが、進行した胃癌でも完全にがんを取りきることができれば根治が期待できる治療法です。そのため条件にもよりますが手術は優先度の高い治療になります。

進行した胃がんの場合、手術後も再発・転移の不安が残ります。ステージ1で手術を行い、きれいに癌を切除できても(根治手術後でも)5年生存率はおよそ90%、ステージ2では80%、ステージ3Aでは60-70%、3Bでは50-60%、ステージ4では10%程度と決して満足できる結果が得られていないのが胃がん(胃癌)の手術なのです。

手術後に再発してしまうことも少なくないため、胃癌の手術後には5年をめどにフォローアップ(経過観察)が行われます。術後の再発を早期に発見して治療するために、腫瘍マーカーや胸部X線検査、超音波検査、CT検査、内視鏡検査などを定期的に行います。

胃癌の手術後、進行度によっては再発を予防する目的で化学療法(抗がん剤治療)が積極的に行われますが、副作用に苦しんでいる方が多く見受けられますし、抗がん剤の治療を受けたからといって再発しなくなるというものでもありません。「統計的に数%再発のリスクが低くなる」ということですから、副作用が強いためQOLが著しく低下してしまうようでしたら抗がん剤治療を中断したほうが患者さんの不利益が少なくなるということも十分に考慮する必要があります

胃癌が再発・転移すると通常の治療だけでは不十分

肝臓や腹膜、肺、骨、脳などにに転移を有する進行胃がんと診断された場合には通常は手術を行うことはありません。一部腹膜播種などがみられる場合に手術を行うことがあるようですが、術後の経過はあまりよろしくないのが実情のようです

胃がんが遠隔転移をきたすのは血液中やリンパ液中にがん細胞が入り込み全身を回り、肝臓や骨などにがん細胞がたどり着きそこで増殖をしたためです。そのため手術でがんをすべて取りきることはできないのです。

手術で取りきることが難しい胃癌の治療は抗がん剤の治療が中心となりますが、残念なことに十分な効果が得られるケースはあまりないことを知っておく必要があります。

手術後に広範囲に転移し手術することが難しい場合にも抗がん剤治療が中心となりますが、長期にわたり病状進行を抑えていくことは難しいですし、副作用で苦しまれていらっしゃる方も少なくありません。

再発を心配するあまり精神的に不安定になったり、副作用で辛い思いをしたり、あるいは病状悪化を十分に抑えることができずに苦しまれている方は本当に多く見受けられます。

このように考えますと、西洋医学的な治療だけでは本当の意味で満足のいく胃癌治療が行えていないのではないかと思われるのです。

早期胃がんの再発・転移を防ぎ、進行胃癌を克服するために

胃癌の治療は手術でがん細胞を取り除いたら終わりではありません。放射線療法や化学療法(抗がん剤)で叩けば簡単に胃癌が治るわけでもありません。

根本的に胃癌を克服するには、胃癌になってしまった原因を知る必要がありますし、胃癌が再発しにくい体内環境を作ることも必要です。さらには治療中、治療後の生活の質を保ち精神的にも肉体的にも安定した豊かな人生・満足度の高い人生にすることがとても大切ではないかと思います。

いわゆる西洋医学の最先端の病院で「治療法は無い」と告知をされた患者さんでも、西洋医学以外に目を向ければ治療の選択肢はありますし、生活の質を保つ、あるいは向上させる術はいくつも残されています。

現在の治療効果が十分あり、生活の質にも満足していて、今後の不安もまったく無いのであればとてもすばらしいことだと思います。

しかし、少なからず不安や不満があるのであれば、そして、治療効果が得られているのか・得られていないのか判断に迷う状況にあるのであれば、ただ闇雲に治療を続けていくのではなく、いろいろな方法・考え方があるということを知ることは、今後の闘病生活に役立てるものと思います。

当院では患者さんやご家族・ご親戚・ご友人など皆様の笑顔が戻るように最大の努力を惜しむことなく診察にあたります。全力で相談を受けたいと思います

胃癌の治療に際し、まず当HPで胃癌に関する情報を知っていただき、これからの治療に役立てていただければと思います。

胃がん患者さんの予後を改善する代替療法のススメ

当院では胃癌治療の副作用の軽減や再発・転移のリスクを抑えていくため、進行した胃がんの病状悪化を止め病状を改善するために積極的に代替医療を取り入れることをお勧めしています。通院が難しい方でも当院の代替医療を受けていただけます。詳しくは胃癌の無料相談をご利用ください。

胃がん(胃癌)情報目次

  1. 症状、治療、胃癌を克服する治療法
    今ご覧いただいているこのページです
  2. スキルス胃がん(スキルス胃癌)
    極めて進行の早いスキルス胃がんとは?スキルス胃癌の特徴や症状等について
  3. 原因、分類
    胃癌の統計や種類(組織型)、発生原因(塩分や喫煙、ヘリコバクターピロリ菌)と予防法について。
  4. 初期症状、末期症状
    胃がん初期症状および進行した胃癌の自覚症状について
  5. ピロリ菌検査、ペプシノゲン検査、指触診
    胃癌の問診、触診、視診、ペプシノゲン検査、ヘリコバクターピロリ菌抗体検査について
  6. 画像検査
    内視鏡検査、内視鏡超音波検査(EUS)、CT検査(CTスキャン)・磁気共鳴画像法(MRI検査)・PET検査、造影検査、超音波検査(エコー検査)について
  7. 腫瘍マーカー
    胃癌の腫瘍マーカー(CEAやCA19-9、AFP)について
  8. ステージと5年生存率
    胃癌取扱い規約、TNM分類による胃癌の進行度(ステージ)、5年生存率について
  9. 内視鏡的治療、腹腔鏡手術、外科手術
    胃癌の内視鏡的治療の適応基準や治療法、腹腔鏡手術、外科手術について
  10. 放射線療法
    胃癌の放射線治療、胃癌の放射線治療治療の目的、骨転移や脳転移した胃がんに対する放射線治療について
  11. 化学療法(抗がん剤治療)
    胃癌の化学療法(抗がん剤治療)、抗がん剤の種類や抗がん剤の副作用、効果判定基準について
  12. 再発・転移
    胃癌の再発、遠隔転移(肝臓、肺、骨、脳など)について、胃がんはどこに転移するのか、転移した胃がんの治療法について
  13. 痛み緩和、症状改善
    胃癌のQOL改善・予後を改善するためには?

胃がん(胃癌)の体験談

進歩している胃がんの治療法

胃がんになって実際に治療を行うとなった時に、胃を全部摘出するのではないのかという不安が頭の中にありました。
しかし、こうした胃がんの治療というものは最近では進んでいます。
今までだと胃の摘出をするということが多かったのに対し、最近ではカメラを中に入れて、先端にある電気メスでがん細胞を焼き切ってしまうということで行ったりします。
しかし、こうした手術はあまり時間が取れないということで、受けたくないという人も増えてきています。
そこで最近では、免疫療法や免疫細胞療法というものが進歩してきています。特にワクチン療法という新しいものも出てきているということで医者からの説明を聞きました。
この方法であるのは体への負担がとても少なくて、こうした免疫療法を行いながら、薬の服用も行うことができるため高い相乗効果を発揮してくれます。そして、この方法だと副作用が少なくて済むということで私もこの方法を採用し、現在胃がんと戦っています。

胃がんの治療方法

食道がんは進行状況によって手術などの方法や治療方法が違ってくるということを医者から聞きました。
幸い私は初期の段階でしたので、簡単な手術で済んだということがあります。医者にも言われたのは手術や治療の方法もいくつかあり、手術をするか、放射線治療にするか、抗がん剤治療を行うかということで確認を何回もしました。
手術を行うと再発の可能性は低くなるものの、食道を摘出するということで体の負担が大きくなるということが言われましたし、放射線治療にするとがんの細胞を殺すことができますが、長期間行わないといけないということとお金がとてもかかってしまうということが言われていて、なかなかできないという考えになりました。
そして、抗がん剤治療についても言われたのが、副作用がひどいということが言われました。髪の毛も抜けてしまうかもしれないし、時間もかなりかかるということでやめました。
私は一気に治したいということで手術しました。

胃がんの再発

元気そうに見えても胃がんは徐々に食べものの好みが変わるなど、異変が出てくると知りました。 父はある年代になってから、あまり甘い食べ物を好まなくなりました。
70歳後半になって、それまでどこも医者にかかるような持病もなく元気でしたが、どうも調子が良くないと、近所の診療所で診て貰いました。
その時の医者が、病院で検査が必要だと言われましたが、その結果が胃がんだったのです。
結局、3/4も胃を切る手術をして退院しました。その当時は徐々に元気になって完全に治ったようにも見えました。
畑の軽い仕事を偶にしていたので、家族も安心していました。
その後、2年過ぎた頃にまた微熱が続いて調子が良くないというので、病院で診て貰うと再発していることが分かりました。いつも、覚悟はしていましたが、やはりズシンと気持ちがガクっとなるものです。
その後は入退院後、担当医が家族と本人に病院にこのまま入院するか自宅療養が良いかと希望を聞かれ、本人の希望で退院し、それから数か月後に亡くなりました。

術後の腹部の痛み

僕は今から5年ほど前に、人生初の大手術とも言える胃の全摘出手術を受けました。
会社の定期検査で見つかった訳ですが、お医者様からは「一刻も早く全摘しないと、胃以外の他の臓器にまで転移してしまう可能性がある」と言われましたので、自分でもビックリするぐらいの短期間でトントン拍子に話が進んでいって、僅か半月後には手術台に上がっていました。
手術自体は全身麻酔を施されていたので正直よく覚えていないのですが、大変だったのはその後ですね。
とにかく麻酔が切れてくるとメスで切られた腹部がメチャクチャ痛くて、3日間ぐらいは本当に一睡も出来ませんでした。あと手術を受ける前までは大食漢で有名だった僕なのですが、胃が全部無くなってしまった訳ですから食事の量がガクンと減ってしまい、手術を受ける前と比べたら退院するまでに結局20キロぐらい痩せてしまいました。
現在ではもう流石に手術跡が痛むような事は無くなりましたが、やっぱり食事の量は手術前の半分以下に減ってしまったままなので、食べる事が人生最大の楽しみだと思っている僕のような人間にとっては、正直非常に辛かったりします。

胃がんで腹腔鏡下胃切除手術

私は10年前に早期胃がんになり、「腹腔鏡下胃切除」という手術を受けました。
最近は早期の胃がんですと、内視鏡による手術が主流になってきていますが、やはり癌で一番怖いのは転移であり、直接患部を医者が診ることができる腹腔鏡手術のほうが安心だと言われました。
内視鏡は傷がほとんど残らないと思っている人も多いようですが、内視鏡だって部位によっては切るわけですから傷も残ります。開腹手術なら部分麻酔ができるのに対し、内視鏡は必ず全身麻酔が必要であることから考えても、簡単でない手術だということはお分かりいただけると思います。
腹腔鏡下胃切除手術は、開腹手術に比べると傷口も小さく、体への負担も少ない手術です。
内視鏡と同じく全身麻酔をしますので、手術中の痛みは全くありません。目が覚めると既に麻酔は切れていますので、やはり術後の痛みはあります。しばらくは起き上がれないほどです。しかしそれも2日くらいのことで、翌日からは歩け歩けと言われました。臓器の癒着を防ぐためです。
幸い再発もなく、医者からも完治したと言われています。