肺癌を克服するために出来ることがあります。

banner_soudan2

早期肺癌の方は完全に肺癌を克服できるように、そして リンパ節転移や肝臓転移、肺内転移、副腎転移、骨転移や脳転移など転移が拡がっている進行肺癌の方、あるいは末期肺がんと宣告された方もQOLを維持・向上し充実した人生が送れるよう、そして大幅な延命、治癒を目指せるようお手伝いできればと考えております。

メール相談は無料です。

皆様からのご相談をお待ちしております。

ステージと生存率・余命


肺癌の進行度(ステージ)

肺癌の進行度(ステージ)は治療方針を左右します。

肺癌の進行度は、がんの進展度と転移の状況で決まり、以下の3要素を組み合わせて潜伏がん、0、IA、IB、IIA、IIB、IIIA、IIIB、IVの8段階に分類されます。

小細胞がん(肺がんのうち肺腺がん、肺扁平上皮がん、大細胞がん以外)に関しては、極めて進行が速いため一般の分類とは別に治療上の観点から、限局型と進展型の2つの病期分類が用いられる事があります。

  1. 原発巣(大きさ):T因子
  2. リンパ節転移の有無:N因子
  3. その他の転移(遠隔転移)の有無:M因子

原発巣(大きさ):T因子-肺癌の進行度

肺癌原発巣の大きさ:T因子

TX
原発腫瘍を評価できない、あるいは細胞診のみ陽性。
T0
原発腫瘍を認めない
Tis
上皮内がん
T1
腫瘍最大径3cm以下
T2
腫瘍の大きさまたは進展度が以下のいずれか

  • 最大径が3cmを超えるもの
  • 主気管支に浸潤が及ぶが、腫瘍の中枢側が気管分岐部より2cm以上離れているもの
  • 臓側胸膜に浸潤のあるもの
  • 肺門に及ぶ無気肺あるいは閉塞性肺炎があるが一側肺全体に及ばないもの
T3
大きさと無関係に隣接臓器、すなわち胸壁、横隔膜、縦隔胸膜、壁側心膜などに直接浸潤する腫瘍、または腫瘍の中枢側が気管分岐部より2cm以内に及ぶが、気管分岐部に浸潤の無いもの、または無気肺・閉塞性肺炎が片肺全野に及ぶもの
T4
大きさと無関係に縦隔、心臓、大血管、気管、食道、椎体、気管分枝部に浸潤の及ぶ腫瘍
同一肺葉内に存在する腫瘍結節
悪性胸水を伴う腫瘍

リンパ節転移の有無:N因子-肺癌の進行度

肺癌リンパ節転移の有無:N因子

NX
所属リンパ節が判定できない(摘出後など)
N0
所属リンパ節に転移がない
N1
原発腫瘍の直接浸潤を含み、同側気管支周囲および/または同側肺門リンパ節の転移
N2
同側縦隔リンパ節転移および/または気管分枝部リンパ節転移
N3
対側縦隔、対側肺門、同側または対側斜角筋前、または同側または対側鎖骨上リンパ節転移

その他の転移(遠隔転移)の有無:M因子-肺癌の進行度

肺癌遠隔転移の有無:M因子

MX
遠隔転移を評価できない
M0
遠隔転移なし
M1
遠隔転移を認める

肺癌の進行度(ステージ)の表

肺癌進行度 TNM-UICC分類第6版による臨床病期(2002)

lung8_list1

小細胞肺がん(小細胞肺癌)の進展度

がんの病期(ステージ)
 
限局型(LD)
小細胞肺がんが、片側の肺と近くのリンパ節(両側の縦隔のリンパ節、首の付け根にある鎖骨上窩リンパ節も含む)に見つかる場合
進展型(ED)
限局型よりがんが広がっている。肺の外側にがんが広がり遠隔転移が身体の他の臓器にも見つかる場合

肺癌は進行度によって治療法は異なります

肺癌の治療はがんの進行度によって異なってきます。そのため担当医師から進行度について正しい説明を受けることが大切です。

肺癌の予後

肺癌のステージ別の5年生存率-非小細胞肺がん

■肺癌手術後の5年生存率-非小細胞肺がんの場合

lung8_list2

■肺癌非手術時の生存中央値-非小細胞肺がんの場合

lung8_list3

上の表は、非小細胞肺がん(小細胞がん以外)の手術後5年生存率(上の表)および手術ができなかった場合の生存中央値(下の表)を表したものです。

5年生存率とは、5年間再発しないということではなく、衰弱しても生存していればカウントされる数値で、(状態はともかく)治療開始から5年後に生存している人の割合です。

※非小細胞肺がん:肺腺がん肺扁平上皮がん大細胞がん

手術ができた場合早期肺がん1期の手術後でも70%足らず、2期では50%、3A期ではわずか30%以下にしか過ぎないのが肺癌なのです。

手術ができない進行した肺癌がんの場合にはさらに厳しく、生存中央値は3期では16ヶ月、4期では10ヶ月にも満たないのです。

■小細胞肺がん(小細胞肺癌)治療成績

lung8_list4

抗がん剤や放射線が良く効く小細胞肺がんも予後は厳しく、生存中央値は限局型で約20ヶ月、進展型では10にも満たないのです。

肺癌治療の成績をみて良い成績だと考えるか、悪い成績だと考えるかは意見の分かれるところかもしれませんが、決して手放しで喜べる治療成績ではないと思われるのが多くの方の意見だと思います。

肺癌手術後の予後を改善するために

肺癌は早期の肺癌でも再発率が高いことはご理解いただけたかと思います。

当院では肺癌術後の予後を改善するために積極的に代替医療を取り入れることをお勧めしています。詳しくは肺癌の無料相談をご利用ください。

banner_soudan2