進行がんの方へ


banner_soudan2

進行がん(進行癌)の患者様に代替医療は必須です

dr_suzuki_s

私は外科医として進行がんの術後にはマニュアル通り抗がん剤治療を行いましたし、手術ができない患者様には放射線治療や抗がん剤治療を施す現場を実際に見てまいりました。

しかし、患者さんに大きな負担をかけながら一生懸命に治療を行ってもがんの進行を抑えることが困難なケースが後をたちませんでした。

その経験から進行がん(進行癌)患者様は、予後改善のために、また、生活の質を高めるために、豊富な臨床データがあり、身体への負担がない優れた代替医療を積極的に取り入れるべきだと確信しております。

転移した進行がん(癌)手術後にお勧めの治療

既にリンパ節や他の臓器などへの浸潤、転移が認められる進行がんの場合には、手術が困難な場合も少なくありません。たとえ手術ができたとしても再発・転移のリスクはとても高いので一般的には(進行を抑えることを期待して)放射線療法や化学療法を行うことになります。

しかし、近代的な設備の整った施設で手術を行い、術後には放射線・抗がん剤(ホルモン剤)など先端(と思われる)治療を行っても、進行がんを治すことはとても難しいのです。

患者様の生活の質(QOL)を保つことも難しく、積極的に治療を行うことが患者様の利益につながらないことも少なくないのです。

ところが、進行がん患者様が放射線療法や化学療法と併用して当院厳選の代替医療を取り入れることで、副作用は軽減されますし、治療の有効性も高まります

結果、QOL(生活の質)は向上し元気に過ごせる時間が増えますし、術後のがん細胞の進行を防ぎ、大幅に延命できる可能性が高まるのです。

手術不適応の進行がん(癌)患者様にお勧めの治療

リンパ節や肝臓、肺、骨、脳などに転移が認められ手術が適応とならない進行がん(癌)の場合には、手術や放射線療法などの局所療法ではなく、全身化学療法が治療の中心となります。

抗がん剤治療の副作用には、骨髄抑制(白血球や赤血球、血小板などの減少)や肝機能・腎機能の低下、食欲不振や嘔吐による衰弱、間質性肺炎など命にかかわるものも少なくありません。

一般に強力な抗がん剤を使う方が腫瘍縮小効果も大きいと考えられているため、患者様が亡くならない限度ぎりぎりの治療を行いますが、慎重に治療をすすめても数%の患者様は副作用で亡くなってしまうのが現状です。

ところが、すぐれた代替医療を抗がん剤治療と併用することで、治療に伴う様々な副作用が緩和され、精神的・肉体的ストレスから解放され、本来備えている自然治癒力を高めることができます

その結果、患者様の生活の質は大きく向上し、進行がん患者であることを忘れてしまうほど元気に過ごすことができるようになることも珍しくないのです。

( がん腫が消えて検査で発見できない状態が4週以上続く )著効が見られることも決して夢ではないのです

余命宣告を受けた進行がん(癌)患者様にお勧めの治療

これから治療を行う予定にも関わらず、「余命●●ヶ月」などと医師から診断を受ける場合があります。

実際には余命などを正確に事前に予測することなどできません。にも関わらず余命宣告をすることがあるのは、これから治療を行っても治すことは難しいので予め余命(予想)を伝え患者さんに心の準備をしてもらおうという気持ちが少なからずあってのことと思います。

がん(癌)の種類(例えば肺がん、大腸がんなど)や進行度(大きさや転移のある・なし)、がんの性質(進行の早いタイプか遅いタイプかなど)、治療効果の期待度(抗がん剤が効く・効かない)などを勘案した上で、統計的におおよその余命は予想できることがあります。

担当医師が余命宣告をされた場合、口にはしませんが「あなたの癌(がん)を治すことは困難です」と宣言しているのです。

しかし、世の中には余命数ヶ月の宣告を受けたが病気を克服し、何年も元気にしている方がたくさんおられます。

この方たちに共通しているのは、病院での治療だけに頼らず、積極的に優れた代替医療、自分にあった代替医療を取り入れているということです。

正に運命を変える可能性を代替医療は秘めているのです。

手の施しようがない末期がん患者様にお勧めの治療

がん(癌)の診断を受けた時点ですでに全身に転移が拡がっていて治療ができないため、あるいは、今まで抗がん剤や放射線、その他積極的な治療を試みてきたが、がん進行を抑えられないため手の施しようがないと医師から伝えられる場合があります。

一般的に病院で行われるがん治療は、患者様の身体に大きな負担を強いることになります。

言葉は不適切かもしれませんが、がん治療は、「治療を行うことで得られる効果(メリット)」「治療を行うことで損失を被るリスク(デメリット)」とを天秤にかけ、治療効果の方が大きいと期待できる場合に行われます

つまり、「副作用などにより命を縮めてしまう可能性が高い」、あるいは「効果がほとんど(全くといってよいほど)期待できない」時が手の施しようがない時なのです。

しかし、「治療法が無い」と説明を受けた患者様でも、西洋医学以外に目を向ければ治療の選択肢はありますし、生活の質を保つ、あるいは向上させるすべはいくつも残されていることを皆様には知っていただきたいと思います。

banner_soudan2