(樹状細胞)ワクチン療法


daitai_jujou

樹状細胞ワクチン療法の効果を上げる治療法があります。
現在樹状細胞療法を行っている方・これから検討されている方、必見です。

がん(癌)の方にお勧めの(樹状細胞)ワクチン療法

(樹状細胞)ワクチン療法とは

dr_suzuki_s

免疫とは異物を認知し、排除する機能です。

がんワクチンは主に認知の部分を担当します。つまり、免疫にがん細胞を異物として認識できるようなシステムをつくる働きが期待できます。

すこし、専門的に言いますと抗原提示細胞とも呼ばれる樹状細胞を活性化し、同時にその細胞にがんのタンパク質を教えることで、がんを排除できるように免疫を再教育するのが(樹状細胞)ワクチン療法に期待される働きになります。

樹状細胞とは

樹状細胞とは、がん認知の重要な働きをする免疫リンパ球の一種で、マクロファージから受け取った情報から正常細胞に由来するものか、がん細胞に由来するものかを識別しがん抗原情報を認知する働きを担当するため、抗原提示細胞とも呼ばれています。

癌細胞を認知した際に、がん排除を担当するヘルパーT細胞を誘導する働きも持ちます。

実際の(樹状細胞)ワクチン療法は、がん細胞を認知する免疫力(樹状細胞)を強化する「アジュバント」と呼ばれる成分と、がん抗原(正常な細胞とは異なる多糖や蛋白質)に由来する2種類の薬で構成されます。

【がん(癌)の治療効果を高めたいと希望されている方はぜひ一度ご相談ください。】

banner_soudan

banner_soudan2