子宮頸がん(子宮頸癌)を克服するために出来ることがあります。



banner_soudan2

子宮頸癌の名医をお探しの方へ

子宮頸癌の名医と言われる先生は日本にも何人かいらっしゃいますが、
名医と呼ばれる先生方は常に多くの子宮頸癌患者を抱えているためすぐに治療を受けることが
難しいようです。
名医の先生の治療を受けるまでの間の病状コントロールや体調維持のために、
当医院の代替療法を受けてみませんか?
無料メール相談を受け付けておりますので、
お気軽にお問い合わせください

子宮頸がんの検査


子宮頸がん(子宮頸癌)の検査

HPV検査、細胞診、コルポ診組織診、組織診、円錐切除術

dr_suzuki_s
単に子宮がん検診と言った場合、子宮頸がん(子宮頸癌)の検診はかならず行われます。子宮体がん(子宮体癌)、卵巣がん(卵巣癌)も併せてチェックしてくれるかどうかは施設によって異なるので確認しておきましょう。

HPV検査

子宮頸がんの原因であるハイリスク型HPV感染の有無を検査します。ハイリスク型HPVというのは、特に子宮頸がん(子宮頸癌)を引き起こす可能性の高いタイプのHPVです。

ウイルスのDNAを検出する新しい検査で、非常に感度が高いのが特徴です。次項の細胞診と組み合わせて行うことで、がんもしくは異形成(がんの前段階)の見過ごしがほとんどなくなります。

優れた感度の検査なのですが、単独では子宮頸がん(子宮頸癌)を見つけることはできません。なぜならHPVに感染している多くの方は、子宮頸がん(子宮頸癌)ではないからです。なおHPV感染していることがわかっても、感染したHPVのほとんどは免疫により消滅しますので、将来必ず子宮頸がん(子宮頸癌)になるということでもありません。
HPV検査が陽性でも細胞診が陰性であれば、今すぐに心配する必要はありません。定期的な検診を続け経過を観察しましょう。

細胞診

子宮頸部は外と繋がっていますから、観察することが容易です。ですので子宮頸部から細胞を採取する細胞診は難しい検査ではありません。

細胞診は子宮頸部の粘膜をブラシなどでこすり取り、その粘膜の中に異常な細胞が無いかを調べる検査です。体への負担が非常に少なく、細胞を取ること自体は1分以内でできますから、広く行われている検査です。

痛みはほとんどありませんからリラックスして受けましょう。結果が出るのには1~2週間かかると思います。

<クラス分類> 以前は、細胞診の判定結果は以下のようにクラスI~クラスVに分類されていました。(今現在もこの判定を行っている施設もあります)

■子宮頸がん細胞診のクラス分類

クラス
細胞の異常
クラスI
正常細胞
クラスII
異常な細胞を認めるが良性のもの
クラスIIIA
軽度、中程度の異形成を疑う
クラスIIIB
高度異形成を疑う
クラスIV
上皮内がん(0期)を疑う
クラスV
子宮頸がん(浸潤がん)を疑う

クラスIIIA以上だった場合は、精密検査を行います。クラスIIIAと判定された人の精密検査でがんが見つかる方の割合は5%程度です。クラスIIIBで精密検査を行うと、50%程度の人にがんが見つかります。
自己検診キットが販売されており、自宅でも同じような検査ができますが、医師の行う細胞診に比べると精度が落ちます。

<ベセスダシステム>

クラス分類は、一般の方にはわかりやすく便利な面もありますが、最近ではより正確に分類できる「ベセスダシステム」に基づいた分類に変更することが推奨されるようになっています。

■子宮頸がん細胞診(ベセスダシステム)

分類
補足
NILM(クラス1・2)
正常な細胞のみ
ASC-US(クラス2・3a)
異形成と言い切れないけれど細胞に変化がある
ASC-H(クラス3a・3b)
高度な細胞異型の可能性があるが確定できない
LSIL(クラス3a)
HPV感染や軽度異形成と考えられる
HSIL(クラス3a・3b・4)
中等度異形成・高度異形成・上皮内癌と考えられる
SCC(クラス4・5)
明らかな扁平上皮癌と考えられる
AGC(クラス3a、3b)
腺異型または腺がん疑い
AIS(クラス4)
上皮内腺がんを推定
Adenocarcinoma
腺がんを推定
other malig
その他の悪性腫瘍を推定

上記結果が出たとき、どのように扱うのかの基準は次の通りです。

  • NILM ⇒ 1年ごとの定期検診を続ける
  • ASC-US ⇒ HPV検査をして陰性なら1年ごとの定期検診をし、陽性ならばコルポ診を行う
  • ASC-H/LSIL ⇒ コルポ診を行う
  • HSIL ⇒ コルポ診+頸管内組織検査または円錐切除を行う
  • SCC ⇒ 円錐切除またはそれ以上の手術を行う
組織診(コルポ診・狙い組織診)

細胞診の判定がクラスIIIA以上だった場合は、精密検査として組織診を行います。コルポスコープと呼ばれる膣拡大鏡を用いる検査はコルポ診とよばれ、子宮頸部の組織を拡大して詳しく観察することができます。3%の酢酸を子宮頸部に塗布すると組織が白っぽくなりますが、白濁する程度の違いや白濁が消えていく時間の違いから病変の組織分類や浸潤度合いを推定することができます。

コルポ診で異常部位が見つかった場合、その部位を狙って組織を切除して検査します。これを狙い組織診と呼びます。

痛みは軽度で、感じない人も多いでしょう。出血も少量で数日で止血します。

円錐切除術

組織診(コルポ診)の結果、高度異形成、IA1期がんだった場合は円錐切除術が行われます。また細胞診は陽性だったが、組織診では陰性だった場合などに円錐切除術が検討されることがあります。

円錐切除術は子宮頸部の病変部分を含めて、円錐形に組織を切り出す方法です。組織検査であると同時に手術治療でもあります。切り出した組織を調べ、病変組織がきれいに取り除かれたとわかれば、治癒したと判断されます。

膣内から器具を入れて行いますので、開腹の必要はなく、体への負担は軽く済みます。切除方法によりますが、手術をした日に退院できる病院もありますし、退院後はすぐに日常生活に戻ることができます。 もちろん子宮は温存されますので妊娠が可能です。少量の出血が1ヶ月程度続きますが、他に問題となる症状はほとんど出ません。ただし性行為はしばらく控えましょう。

子宮がん検診を受けましょう

一般的に子宮頸がん(子宮頸癌)は急速には進まないと言われていますが、それは早期がんまでのことであり、進行がんとなれば話は違います。

このページを読んでいただくと、子宮頸がん(子宮頸癌)の検査は体の負担の少ないものだとわかってもらると思います。子宮頸がん(子宮頸癌)は早期に発見できれば治癒する可能性が高いですし、万が一進行がんだったとしても早くみつけるに越したことはありません。

忙しい時間がない本当にがんだったら怖い、いろいろな理由はあると思いますが、女性にメリットの大きい子宮がん検診はしっかりと受けるべきだと思います。もし心配する結果が出てしまい、治療に悩むときは当院にご相談ください。

子宮頸がん患者さんの予後を改善する代替療法のススメ

当院では子宮頸がん(子宮頸癌)治療の副作用の軽減や再発・転移のリスクを抑えていくため、進行した子宮頸がんの病状悪化を止め病状を改善するために積極的に代替医療を取り入れることをお勧めしています。通院が難しい方でも当院の代替医療を受けていただけます。詳しくは子宮頸がん(子宮頸癌)の無料相談をご利用ください。

banner_soudan2