子宮体がん(子宮体癌)を克服するために出来ることがあります。



banner_soudan2

子宮体癌の名医をお探しの方へ

子宮体癌の名医と言われる先生は日本にも何人かいらっしゃいますが、
名医と呼ばれる先生方は常に多くの子宮体癌患者を抱えているためすぐに治療を受けることが
難しいようです。
名医の先生の治療を受けるまでの間の病状コントロールや体調維持のために、
当医院の代替療法を受けてみませんか?
無料メール相談を受け付けておりますので、
お気軽にお問い合わせください

子宮体がんの再発・遠隔転移時の治療


子宮体がん(子宮体癌)の再発・遠隔転移について

子宮体がん(子宮体癌)の再発

dr_suzuki_s

子宮体がん(子宮体癌)の根治治療後、取り残したがんやすでに他の臓器などに転移していた小さながんが大きくなり、腫瘍として見つかったものが再発です。
がんは早い段階からでも微細な浸潤や転移が起こっている可能性があるため、目に見える腫瘍を完璧に取り除いたとしても100%再発を防ぎきることはできないのです。

再発には子宮体部もしくは周辺で起こる局所再発、そして離れた場所で起こる遠隔再発があります。子宮体がんでは子宮頸がんと違い、局所再発が見つかったときすでに全身に小さな転移が起こっていることが少なくありません。

再発の治療は初回治療に比べて難しくなりますが、遠隔再発の場合はさらに難しくなります。遠隔再発が見つかったときには、検査で見つけられないほどの小さながんが他の場所にも複数あることが予想されます。
ですからいま目に見えている腫瘍を局所的な治療で取り除いたとしても、また新たな腫瘍が発見される可能性が高いのです。体の負担が大きくなりすぎるため、通常はそれらを一つ一つ取り除いていくことはしません。

子宮体がん(子宮体癌)再発時の治療

黄体ホルモン療法後の再発の治療

IA期の子宮体がん(子宮体癌)で黄体ホルモン療法を選択して子宮温存した場合、再発は子宮内膜に起こります。
黄体ホルモン療法によって病巣が消失したとしても、再発率が高く数年で再発してくることが少なくありません。
再発した場合の治療は子宮全摘出術が奨められています。

この場合は再発といえども、比較的予後は悪くありません。

子宮全摘術出後の再発の治療

子宮全摘出術を行った後での再発部位は、骨盤内の膀胱、直腸、膣のみならず、腹腔内、肺、肝臓などの遠隔部位での再発も少なくありません。
子宮頸がん(子宮頸癌)と違い、子宮体がん(子宮体癌)は全身に散らばりやすい性質があるため遠隔再発が起こりやすいのです。

再発部位が骨盤内にだけに見つかった場合、一般的には放射線療法が行われます。
がんを取りきれると判断されれば、骨盤内の臓器を取り除く骨盤除臓術という手術もありますが、体に非常に大きな負担がかかるため、実際にはあまり行われません。
局所再発での放射線治療の成績は、膣に近い部位とそれ以外の部位で開きがあります。 切断した膣の端に見つかった再発では、膣内からの腔内照射を主体に、体外からの外部照射や化学療法(抗がん剤治療)を合わせて行うことが一般的です。
この場合は完全に治せる可能性があります。

一方、骨盤内の局所再発であっても膣から離れた部位での再発では腔内照射が有効ではありません。そのため外部照射や化学療法(抗がん剤)による治療を行います。この場合は完全に治すことは難しくなります。
放射線療法は局所再発の重要な治療法なのですが、放射線は正常な臓器や組織にもダメージを与えるため照射量に限界があります。限界を超えれば臓器障害が起こってしまい、ひどい後遺症が発現する恐れがあります。
放射線ダメージは蓄積しますから、すでに初回治療で放射線療法を行なっている部位への追加照射は極力行いません。
化学療法(抗がん剤治療)を行うことになるでしょう。

遠隔再発の治療

遠隔再発は腹腔内、肺、肝臓、骨盤外のリンパ節などで見つかることがあります。

遠隔再発時の治療として、通常は全身治療である化学療法(抗がん剤治療)が選択されます。血液を介して全身に抗がん剤を行き渡らせ、広範囲に散らばった小さながんを叩くことを期待します。

しかし体力が落ちていて副作用に耐えられそうにない場合は、化学療法(抗がん剤治療)は行われないでしょう。
その場合は積極的な治療を行わず、痛みを軽くするなどの緩和療法に移行します。

子宮体がん(子宮体癌)の遠隔転移について

転移はがんの持つ性質のひとつで、がんが原発巣から離れた場所で増殖していく広がり方のことです。 がんが血液によって運ばれるものを血行性転移、リンパ液によって運ばれるものをリンパ性転移といいます。
子宮体がん(子宮体癌)では、がんが骨盤外の肺や肝臓など、原発巣から離れた場所で見つかった場合を遠隔転移といいます。
遠隔転移を伴う子宮体部がんはIVB期となります。
IVB期では化学療法(抗がん剤治療)が標準的な治療です。
遠隔転移が起きているということは、がん細胞はすでに血流やリンパ液に乗って全身をめぐっているわけですから、原発巣の子宮体部やその周囲を治療したとしても、がんの広がりを止めることはできません。
転移巣を治療したとしても、しばらくすると新たな転移が見つかる可能性が高いため、通常は転移巣の局所的な治療は行いません。
ただし手術により腫瘍を減量することで、ある程度予後が改善することがあります。

遠隔転移した場合であっても、転移巣のがんは最初にできた子宮体がん(子宮体癌)と同じ性質を持っているため、子宮体がん(子宮体癌)治療に使用する抗がん剤を用いて治療を行うことになります。

詳しくは子宮体がん(子宮体癌)の化学療法をご覧ください。

子宮体がん(子宮体癌)の治療効果を向上し予後を改善する方法

遠隔転移した子宮体がん(子宮体癌)治療には限界があります

肝臓や肺、腹膜などに転移した進行子宮体がん(子宮体癌)は治癒不可能な疾患であり、治療の目的は症状の緩和にあるとがんセンターや大学病院では考えていますそのため末期子宮体がん(子宮体癌)といわれることもあります。

しかし、実際には遠隔転移した患者さんでもQOL(生活の質)を保ちながら、人生を楽しみながら5年、10年と生活を続けているケースも珍しくはありません

リンパ節転移や遠隔転移した患者さんには、QOL(生活の質)の向上や予後改善の為に保険診療の範囲内の治療だけではなく代替医療・補完医療などを取り入れることを是非ともご検討いただきたく思います。

子宮体がん患者さんの予後を改善する代替療法のススメ

当院では子宮体がん(子宮体癌)治療の副作用の軽減や再発・転移のリスクを抑えていくため、進行した子宮体がんの病状悪化を止め病状を改善するために積極的に代替医療を取り入れることをお勧めしています。通院が難しい方でも当院の代替医療を受けていただけます。詳しくは子宮体がん(子宮体癌)の無料相談をご利用ください。

banner_soudan2