子宮頸がん(子宮頸癌)を克服するために出来ることがあります。



banner_soudan2

子宮頸癌の名医をお探しの方へ

子宮頸癌の名医と言われる先生は日本にも何人かいらっしゃいますが、
名医と呼ばれる先生方は常に多くの子宮頸癌患者を抱えているためすぐに治療を受けることが
難しいようです。
名医の先生の治療を受けるまでの間の病状コントロールや体調維持のために、
当医院の代替療法を受けてみませんか?
無料メール相談を受け付けておりますので、
お気軽にお問い合わせください

子宮癌の初期症状と進行時の自覚症状


初期症状と進行時の自覚症状

子宮頸がん(子宮頸癌)の初期症状

dr_suzuki_s

子宮頸がんの初期症状は、性交時の出血、不正出血、おりものの異変などです。しかし早期の子宮頸がん(子宮頸癌)ではほとんど自覚症状がありません。子宮全摘が必要になるIA2期になっても、目立った不調や異変を感じない人が少なくありません。もし性交時に出血がみられるといった異変があれば、安易に自己判断せず一度受診するようにしましょう。

II期ではがんが子宮頸部にとどまらず膣に浸潤している状況ですが、このころになると自覚症状が出始めます。具体的な自覚症状は、性交時の出血、生理日以外に起こる不正出血です。月経不順による出血だと思い込んで見過ごすことがないように注意しなくてはいけません。

自覚症状だけに頼って子宮頸がん(子宮頸癌)を早期に発見するのは難しいことです。定期的に子宮がん検診を受け、早期発見できるよう努めてください。20歳をすぎたら2年に1回子宮がん検診を受けることが奨められています。

子宮がん検診では自覚症状のない早期の子宮頸がん(子宮頸癌)を高い確率で発見することができます。がんになる前の段階(異形成)であっても発見することが可能です。

自覚症状が出てからの受診であってももちろん治癒するケースはありますが、早期の治療に比べると当然予後が悪くなってしまいます。

子宮頸がん(子宮頸癌)進行時の自覚症状

子宮頸がん(子宮頸癌)が進行すると不正出血、おりものの増加、下腹部痛が出てきます。

陣痛のような激しい痛み、腰痛、脚のむくみは子宮頸がん(子宮頸癌)がかなり進行していることを疑わせます。ここまでのはっきりとした症状が出る場合、がんがかなり浸潤して膣の下部や骨盤壁まで達し、III期に進行している可能性があります。III期では標準的な治療を行っても、残念ながら再発・転移が高い割合で起こります。

一般的にIII期では手術は行われず、放射線治療と化学療法(抗がん剤治療)を同時に実施する放射線化学療法が選択されます。

子宮頸がん患者さんの予後を改善する代替療法のススメ

当院では子宮頸がん(子宮頸癌)治療の副作用の軽減や再発・転移のリスクを抑えていくため、進行した子宮頸がんの病状悪化を止め病状を改善するために積極的に代替医療を取り入れることをお勧めしています。通院が難しい方でも当院の代替医療を受けていただけます。詳しくは子宮頸がん(子宮頸癌)の無料相談をご利用ください。

banner_soudan2