子宮体がん(子宮体癌)を克服するために出来ることがあります。



banner_soudan2

子宮体癌の名医をお探しの方へ

子宮体癌の名医と言われる先生は日本にも何人かいらっしゃいますが、
名医と呼ばれる先生方は常に多くの子宮体癌患者を抱えているためすぐに治療を受けることが
難しいようです。
名医の先生の治療を受けるまでの間の病状コントロールや体調維持のために、
当医院の代替療法を受けてみませんか?
無料メール相談を受け付けておりますので、
お気軽にお問い合わせください

子宮体がんの検査


子宮体がん(子宮体癌)の検査

経膣超音波検査、子宮鏡(ヒステロスコピー)、細胞診、組織診、CT、MRI

dr_suzuki_s

子宮体がん(子宮体癌)は子宮内膜に発生するため、子宮頸部のようには簡単に観察できません。
子宮内膜を観察したり、細胞や組織を採取するために特殊な器具が必要です。また子宮頸がん(子宮頸癌)の検査に比べると、少し体に負担がかかる検査が多くなります。

単に子宮がん検診と言った場合は子宮頸がん(子宮頸癌)の検査だけが行われるので注意が必要です。子宮体がん(子宮体癌)をチェックしてくれるかどうかは施設によって異なるので確認しておきましょう。

経腟超音波検査

超音波の反射の仕方が組織によって異なることを利用した検査方法です。直接目で見ることが困難な体の内部組織を観察するのに適しています。
観察しているその場で結果がわかるのが長所です。
超音波は放射線とは違いますから被爆の心配はいりません。体への負担が少なく最初に行われることが多い検査です。

超音波を出す器具を膣に挿入することで、お腹の上からの超音波検査よりも詳しく子宮体部の様子を知ることができます。子宮内膜の厚さがわかったり、病変の有無を知ることができます。

この経膣超音波検査で異常が疑われれば、細胞診を行うことになります。

子宮鏡検査(ヒステロスコピー)

子宮内部を直接観察することができる子宮鏡(ヒステロスコープ)を用いた検査です。
細いファイバースコープを子宮頸部から挿入して、子宮内部の様子を観察します。子宮腔内だけでなく子宮頸管の病変をも高い精度で見つけるとこができます。
子宮鏡の挿入部分は細いので麻酔はあまり必要ありません。
普段、子宮はしぼんでいるためそのままでは観察することができません。子宮を膨らますために液体を入れて検査を行います。

細胞診

細長いヘラやストロー状の器具を子宮頸部から挿入し、子宮内膜の細胞を採取します。
広い子宮内膜から手探りで一部の細胞を採取するため、がんを見逃してしまう可能性もあります。そのため精度は70~80%程度だと言われています。
ですから一度の細胞診の結果でがんが見つからなかったとしても油断はできません。自覚症状が続く場合は、繰り返し検査を行ったほうが良いでしょう。

子宮鏡(ヒステロスコープ)で観察しながら細胞診を行い、精度を高めている施設もあります。

検査中はどうしても少し痛みがあり、少量の出血を伴います。検査後も数日間は出血が続くことがあります。

組織診

細胞診でがんが疑われる結果が出ると、確定診断として組織診が行われます。 子宮体がん(子宮体癌)の組織診では、ピューレットと呼ばれる細長いヘラ状の器具が用いられます。ピューレットを子宮頸部から挿入して子宮内膜を掻き出します。

人によってはかなりの痛みを伴います。そのため麻酔下で行う場合もあります。
体にかかる負担が大きく時間もかかる検査ですが、採取した組織からはがんの有無だけでなく、がんの組織型やがんの分化度(顔つき)までもがわかります。
治療法を決定する上で、外すことのできない重要な検査です。

組織診は細胞診よりも精度が高く、細胞診の結果が覆されることがあります。

CT検査

CTは体を輪切りにした写真を撮ることができる装置です。外部からは知ることのできない体の内部組織の状況がわかります。
リンパ節転移などの子宮の周囲へのがんの広がりを調べるのに有用です。

X線を使います。被爆による影響を避けるため、妊娠中や妊娠の可能性がある女性には使用しません。

MRI(磁気共鳴画像診断)検査

体の中の写真を撮ることができます。CTに比べて、より詳しい情報を得ることができます。
がんが子宮筋層をどの程度侵しているかを読み取ることもできます。子宮と周辺臓器の位置関係などを把握できるので、手術の前にとても役立つ情報が得られます。

CTとは違いX線を使いませんので被爆の心配がありません。ただしペースメーカーなど、体内に金属を埋めこんでいる場合は受けることができません。

子宮がん検診を受けましょう

一般的に子宮体がん(子宮体癌)は完治しやすいがんだと言われていますが、それは早期がんまでのことであり、進行がんとなれば話は違います。
子宮体がん(子宮体癌)は子宮頸がん(子宮頸癌)よりも遠隔転移が起こりやすいのです。

このページを読んでいただくと、子宮体がん(子宮体癌)の検査はどれも重要なものだとわかってもらると思います。
子宮体がん(子宮体癌)は早期に発見できれば治癒する可能性が高いですし、万が一進行がんだったとしても早くみつけるに越したことはありません。
忙しい時間がない本当にがんだったら怖い、いろいろな理由はあると思いますが、適切に子宮体がん検診を利用することは女性にとって有益です。
もし心配する結果が出てしまい、治療に悩むときは当院にご相談ください。

子宮体がん患者さんの予後を改善する代替療法のススメ

当院では子宮体がん(子宮体癌)治療の副作用の軽減や再発・転移のリスクを抑えていくため、進行した子宮体がんの病状悪化を止め病状を改善するために積極的に代替医療を取り入れることをお勧めしています。通院が難しい方でも当院の代替医療を受けていただけます。詳しくは子宮体がん(子宮体癌)の無料相談をご利用ください。

banner_soudan2