子宮体がん(子宮体癌)を克服するために出来ることがあります。



banner_soudan2

子宮体癌の名医をお探しの方へ

子宮体癌の名医と言われる先生は日本にも何人かいらっしゃいますが、
名医と呼ばれる先生方は常に多くの子宮体癌患者を抱えているためすぐに治療を受けることが
難しいようです。
名医の先生の治療を受けるまでの間の病状コントロールや体調維持のために、
当医院の代替療法を受けてみませんか?
無料メール相談を受け付けておりますので、
お気軽にお問い合わせください

子宮体がんの初期症状と進行時の自覚症状


初期症状と進行時の自覚症状

子宮体がん(子宮体癌)の初期症状

dr_suzuki_s

子宮体がんの初期症状は、月経不順不正出血おりものの増加、異変などです。
比較的早い段階から異変を自覚することがありますが、ほとんど症状が出ないこともあるため注意が必要です。

更年期の不正な出血などを安易にホルモンバランスの乱れなどと決め付けてしまわず、専門医に診てもらうことを奨めます。
閉経前、閉経後に関わらず、おりものに血が混じったり膿が混じって異臭がするなどの異常は一度検査を受けてください。

しかし自覚症状だけに頼っていると子宮体がん(子宮体癌)の進行を見過ごしてしまう恐れがあります。更年期以降の方は定期的に検査を受けたほうが良いですし、閉経前であっても月経不順で月経の間隔が長い方はやはり検査をしてもらうことを奨めます。
ただし一般的な子宮癌検診は子宮頸がん(子宮頸癌)検診であり、子宮体がん(子宮体癌)の検査は行いませんので注意してください。
がんが子宮体部にとどまる状態で発見し治療できれば予後は悪くありません。
IA期までの早期子宮体がん(子宮体癌)で強く妊娠を希望するとき、条件によりますが子宮を温存する治療を選択することもできます。早期発見はとても重要なことなのです。

子宮体がん(子宮体癌)進行時の自覚症状

子宮体がん(子宮体癌)が進行してくると、下腹部痛が起こることがあります。子宮内部に血液や膿がたまってくるためです。
またその内容物を排泄するときに痛みを感じます。ひどいときは陣痛のように痛むことがあります。
他にも下肢の浮腫や痛み排尿障害排便障害が起こることがあります。
このような自覚症状はがんの進行を疑わせます。早急に受診するようにしてください。

子宮体がん(子宮体癌)検診について

子宮癌検診と言った場合は、通常は子宮頸がん(子宮頸癌)の検査です。
子宮内膜の検査を受けたい場合は、その施設が子宮体がん検診を行ってくれるか確認して下さい。

子宮体がん(子宮体癌)の検診では経腟超音波検査細胞診を行って子宮体部を検査します。
超音波検査は画像により子宮内膜の厚みを調べたり異常の有無を観察できます。
細胞診は子宮頸部から器具を入れて子宮内膜の細胞を採取し、その中に異常細胞が含まれていないかを調べる検査です。

超音波が体に影響を与える心配はいりません。
細胞診は少し痛みを感じると思います。また検査後に少量の出血がありますが、通常は数日で止まりますのであまり心配しないでください。

子宮癌検診を受けましょう

疑わしい自覚症状がある場合はもちろん受診すべきです。
まったく自覚症状がなくても、子宮体がん(子宮体癌)の発症リスクの高い人は、定期的に検査を受たほうが良いでしょう。
検査で早い段階で見つけることができれば子宮体がん(子宮体癌)は治癒しやすい病気ですし、検査で異常がないとわかれば不安を減らすことができます。

早期の子宮体がん(子宮体癌)は必ずしも自覚症状が出るわけではありません。
今は特に自覚症状がないから」「本当にがんが見つかってしまったら怖い」「仕事が忙しくて休めない」などの理由で受診をためらう方がいらっしゃると思いますが、ご自身の利益につながる検診はぜひとも有効に利用してください。
検診を受けることは、健康の大切さを改めて理解する機会にもなると思います。

子宮体がん患者さんの予後を改善する代替療法のススメ

当院では子宮体がん(子宮体癌)治療の副作用の軽減や再発・転移のリスクを抑えていくため、進行した子宮体がんの病状悪化を止め病状を改善するために積極的に代替医療を取り入れることをお勧めしています。通院が難しい方でも当院の代替医療を受けていただけます。詳しくは子宮体がん(子宮体癌)の無料相談をご利用ください。

banner_soudan2