子宮頸がん(子宮頸癌)を克服するために出来ることがあります。



banner_soudan2

子宮頸癌の名医をお探しの方へ

子宮頸癌の名医と言われる先生は日本にも何人かいらっしゃいますが、
名医と呼ばれる先生方は常に多くの子宮頸癌患者を抱えているためすぐに治療を受けることが
難しいようです。
名医の先生の治療を受けるまでの間の病状コントロールや体調維持のために、
当医院の代替療法を受けてみませんか?
無料メール相談を受け付けておりますので、
お気軽にお問い合わせください

子宮癌の特徴と発生原因


子宮頸がん(子宮頸癌)の特徴と発生原因

子宮頸がん(子宮頸癌)の特徴

dr_suzuki_s

子宮頸がん(子宮頸癌)は、子宮頸部(膣と子宮の境目、子宮の入口付近)にできるがんです。他の多くのがんとは違い、若い年齢で見つかりやすいのが特徴です。実際に子宮頸がん(子宮頸癌)が多く見つかるのは20~30歳代の女性です。

ほとんどの子宮頸がん(子宮頸癌)は、HPV(ヒト・パピローマ・ウイルス)というウイルスの感染が発生原因です。HPVは主に性交により感染します。子宮頸がん(子宮頸癌)が若い年齢で多く見つかる理由は、HPVへの感染時期が性交の盛んな10歳代後半~20歳代に多いためです。
子宮頸がん(子宮頸癌)で亡くなった方は2519人(2009年)となっており、緩やかな増加傾向にあります。※この他に子宮がんとして数えられている死亡者がいます。その中には子宮頸がん(子宮頸癌)で亡くなった方も含まれているかもしれません。

子宮がん検診が普及するにつれ、早期の子宮頸がん(子宮頸癌)のみならず、異形成と呼ばれるがんの前段階であっても発見されるようになってきました。早期であれば高い治癒率を得られる治療法が確立しており、子宮の温存も可能です。
子宮頸がん(子宮頸癌)の初期段階ではまず自覚症状が出ることはありせん。

自覚症状に頼っていると発見が遅れ、治療できたとしても子宮を温存することは難しくなってしまいます。
晩婚化が進み出産年齢が高くなってきており、妊娠機能を維持することの重要性は以前よりも増してきています。自覚症状がない、仕事が忙しい、病気が見つかるのが怖い、などの理由で子宮がん検診を受けずにいると、がんの早期発見を逃してしまう可能性があります。子宮がん検診は2年に1度で有効だとされています。ぜひ受診しましょう。

子宮頸がん(子宮頸癌)の発生原因

子宮頸がん(子宮頸癌)は子宮頸部(子宮の入口付近)に発生するがんです。
この子宮頸部にHPV(ヒトパピローマウイルス)が感染することが子宮頸がん(子宮頸癌)を発生させる原因です。 ただし感染したからといって必ずがんになるわけではなく、ほとんどの場合でHPVは免疫のおかげで自然に排除されます。

子宮頸部にはSCJ(扁平円柱上皮境界)と呼ばれる場所があります。SCJは膣を覆う扁平上皮細胞と子宮内膜を形成する円柱上皮細胞が出会う境界線です。ここにHPV感染が起こったとき、発がんに至る可能性が出てきます。

膣側の扁平上皮は丈夫で性交の刺激に耐えられる構造ですが、円柱上皮は刺激に対して強くありません。なぜ刺激に弱い子宮側の円柱上皮が膣側に出てくるのかというと、それは精子を導いて妊娠しやすくするためだと考えられています。実際SCJの位置は、幼少期や閉経後は子宮の奥にあるのですが、妊娠に適した時期には膣側に移動してきます。

円柱上皮は刺激に弱いため、SCJ付近では丈夫な扁平上皮に似た構造を取ろうとして細胞分裂を繰り返します。そこにHPV感染が起こると正常ではない細胞が生み出され、異形成というがんの前段階を生じ、やがて子宮頸がん(子宮頸癌)になってしまうことがあるのです。

子宮頸がん(子宮頸癌)を危険を高める要因としては、性交開始時期が早いこと、不特定多数のパートナーがいる、性交回数が多いことなどがあげられます。

HPV(ヒトパピローマウイルス)について

HPV(ヒトパピローマウイルス)はイボを作るウイルスとして知られています。HPVには多くの種類があり、種類により違う病気を引き起こします。皮膚にイボを作るものや、性器や肛門周囲にイボを作るもの、そして子宮頸がん(子宮頸癌)を引き起こすものがあります。子宮頸がん(子宮頸癌)を引き起こすタイプは性交渉により感染し、10数年かけて子宮頸がん(子宮頸癌)を発生させます。

ただしほとんどの場合、感染したHPV(ヒトパピローマウイルス)は免疫により排除されますし、感染したままで発がんしない人も多くいます。最終的に発がんに至るケースは1%にも満たないと言われています。

なおHPVは一度感染しても免疫記憶が作られないため、何度も感染する可能性があります。

子宮頸がん(子宮頸癌)を予防するには

HPVワクチン

HPVの感染を防げば子宮頸がん(子宮頸癌)をほとんど防げるため、HPVワクチンが開発され日本でも認可されました ワクチンを接種するとはHPV感染の危険度が下がります。がんをワクチンで防ぐことができるということは、実に画期的なことです。多くの国でワクチン接種が行われており、一部の国では男性も接種することが奨められています。

しかし残念ながら、HPVワクチンを接種してもすべての子宮頸部がんを防げるわけではありません。現在のHPVワクチンは、子宮頸がん(子宮頸癌)を引き起こす10数種類のハイリスクHPVすべてには対応していないことが理由の一つです。またワクチンの有効期間は20年だと言われていますが、接種して5年後と20年後で同じ予防効果があるのかわかっていません。十分な効果を得るためにまだ性交経験のない時期(中高学生)に接種しますから、もしワクチンの有効期間が思ったより短かったということになると、20歳代での感染を防げない可能性があります。

HPVワクチンはまだ有効性と安全性が十分に確立していないことを理解した上で、接種を検討してください。

なおワクチンは感染したウイルスを排除するわけではありません。すでに異形成(がんの前段階)がある場合はもうHPVに感染している疑いが強く、その場合のワクチン接種は意味を持ちません。HPV感染している女性がワクチンを接種してしまった場合の安全性は十分検討されていません。HPVワクチンを接種しても、子宮がん検診が不要となるわけではありません。

その他の予防法

安価な対策として、コンドームの使用がHPVの感染防止に有効です。コンドームを使用していても、性器付近の皮膚の接触でも感染する可能性があるため完全な予防策ではありませんが、体への影響がない上に他の性感染症対策にもなります。パートナーと話しあって、お互いのために必要だということを理解してもらいましょう。

HPVは感染したとしても、必ず発がんするわけではありません。感染後は体の免疫が発がんを防ぎますから、免疫を低下させる要因、例えば過度のストレスや食生活の乱れ、不規則な生活などがあれば改善するように努めましょう。

子宮頸がん患者さんの予後を改善する代替療法のススメ

当院では子宮頸がん(子宮頸癌)治療の副作用の軽減や再発・転移のリスクを抑えていくため、進行した子宮頸がんの病状悪化を止め病状を改善するために積極的に代替医療を取り入れることをお勧めしています。通院が難しい方でも当院の代替医療を受けていただけます。詳しくは子宮頸がん(子宮頸癌)の無料相談をご利用ください。

banner_soudan2