胃癌の放射線療法

どのような時に胃癌で放射線治療を行うか

dr_suzuki_s

放射線療法は主に手術で切除ができない進行がんや再発・転移したがんに対して症状を緩和するために緩和療法の一環として行います 。

症状緩和を目的とした放射線治療は、出血を止めたり、神経症状を緩和したり、強い痛みを和らげるなどの効果が期待して行います。

胃がんの手術時にがんを取りきることができなかった時や手術後に胃にがんが再発した場合には、痛みや出血があったり、食事の通過障害が生じたりします。また大動脈周囲のリンパ節に再発、転移した場合には神経に触れて強い痛みが生じることがあります。これらの症状を緩和する目的で放射線治療を行うことがあります。

また胃がんが骨に転移(骨転移)した場合には骨折しやすくなったり強い痛みを伴うことが少なくありません。骨折予防や痛みのコントロールの目的として放射線療法を行うことがあります。

脳に転移(脳転移)した場合には脳血管関門(脳関門)があるため抗がん剤が効かないので頭痛や嘔吐、視力低下、神経麻痺などさまざまな症状を和らげる目的として放射線を照射することがあります。転移箇所が限られている場合にはガンマナイフという放射線治療が行われます。転移箇所が広範囲の場合には全脳照射といって脳全体に放射線乳量を行います。

放射線治療の副作用-胃癌の放射線療法

放射線治療を行う際の副作用としては、放射線を照射した範囲の皮膚炎(放射線性皮膚炎)や下痢・出血・腹痛などの症状があらわれる放射線性腸炎、膀胱炎、倦怠感、食欲低下などの照射後比較的すぐにあらわれる副作用と、照射後半年から1年以上経過して現れる副作用とがあります。

放射線性皮膚炎

放射線性皮膚炎では放射線が照射された皮膚に日焼けのような症状がおこります。具体的には皮膚の乾燥や皮膚のかゆみ、痛み(疼痛)、皮膚に熱をもつ熱感、皮膚が赤くなる発赤、色素沈着などです。

放射線性腸炎、膀胱炎、その他の副作用

放射線性腸炎は放射線を照射した範囲に腸があった時に起こります。具体的には水分や栄養の吸収がうまくできなくなる吸収障害が起こったり、腸の粘膜から粘液が過剰に分泌され出血を伴ったり、膀胱炎になるためひん尿や血尿などの症状が現れることもあります。また全身がだるくなる全身倦怠感なども副作用として現れることがあります。

当院では胃癌と診断されてもQOL(生活の質)を維持していくためには体力を付け、免疫を整えていく事が大切だと考えています。
 
当院では患者さんやご家族・ご親戚・ご友人など皆様の笑顔が戻るように最大の努力を惜しむことなく相談・診察にあたります。

>> 代替療法のご相談はこちら <<

胃がん情報の関連記事
  • 胃癌のステージ、手術、治療、転移-QOL維持【国分寺鈴木医院】
  • スキルス胃がん(スキルス胃癌)について【国分寺鈴木医院】
  • 胃癌の原因、胃癌の組織型など【国分寺鈴木医院】
  • 胃癌の初期症状、進行胃がんの症状【国分寺鈴木医院】
  • 胃癌のピロリ菌検査、ペプシノゲン検査、指触診【国分寺鈴木医院】
  • 胃癌の画像検査【国分寺鈴木医院】
  • 胃癌の腫瘍マーカー【国分寺鈴木医院】
  • 胃癌のステージ(進行病期)と5年生存率【国分寺鈴木医院】
  • 胃癌の内視鏡的治療、腹腔鏡手術、外科手術【国分寺鈴木医院】
  • 胃癌の放射線療法【国分寺鈴木医院】
  • 胃癌の化学療法(抗がん剤治療)と副作用対策【国分寺鈴木医院】
  • 胃癌が再発・転移してもQOLを維持するために【国分寺鈴木医院】