胃癌の進行度(ステージ分類[Stage分類]:病期)

胃癌の進行度・ステージ分類・病期分類)

dr_suzuki_s
胃癌のステージ分類をする際、日本胃癌学会が作成した「胃癌取扱い規約」の病期(ステージ)分類が最も用いられています。
がんの浸潤の度合い=深達度(がんの深さ)とリンパ節転移、遠隔臓器への転移状況によって胃癌の病期分類をします。

 

胃癌の治療は進行度(ステージ分類:病期)により異なる

胃癌の治療方針を決める上でがんの進行度は大切な情報となります。進行度は「病期」または「ステージ(Stage)」と呼ばれます。
※組織診断のグループ分類とは異なります。

胃癌の病期(ステージ)を決める3つの要素

がんの浸潤の度合い=深達度(がんの深さ)とリンパ節転移、遠隔臓器への転移状況で決まり、これら3要素を組み合わせてIA、IB、IIA、IIB、IIIA、IIIB、IIIC、IVの8段階に分類されます。

胃癌の壁深達度

胃癌の壁深達度

TX 癌の浸潤の深さが不明なもの
T0 癌がない
T1 癌の浸潤が粘膜(M)または粘膜下組織(SM)にとどまるもの
T1a-M:癌の浸潤が粘膜に留まるもの
T1b-SM:癌の浸潤が粘膜下層にとどまるもの
T2-MP 癌の浸潤が粘膜下組織を超えているが、固有筋層(MP)にとどまるもの
T3-SS 癌の浸潤が固有筋層を超えているが、漿膜化組織(SS)にとどまるもの
T4 癌の浸潤が漿膜に近接または露出、あるいは他臓器に及ぶもの
T4a-SE:癌の浸潤が漿膜表面に近接しているか、またはこれを破って遊離腹腔に露出しているもの(SE)
T4b-SI:癌の浸潤が直接他臓器まで及ぶもの(SI)

胃癌のリンパ節転移

胃癌のリンパ節転移

NX 領域リンパ節の転移の有無が不明
N0 領域リンパ節の転移を認めない
N1 領域リンパ節に1~2個の転移を認める
N2 領域リンパ節に3~6個の転移を認める
N3 領域リンパ節以外の転移が有る
N3a:7~15個の転移を認める
N3b:16個以上の転移を認める

胃癌の遠隔転移

胃癌の遠隔転移

MX 領域リンパ節以外の転移の有無が不明
M0 領域リンパ節以外の転移が無い
M1 領域リンパ節以外の転移が有る

胃癌の進行度(ステージ分類)の表

胃がん進行度(ステージ分類)<胃癌取扱い規約第14版>

stomach7_list1
胃癌取扱い規約による分類は第14版よりTNM分類と統一された。

胃癌ステージ別5年生存率

胃癌のステージ(進行病期)別5年生存率1

全がん協臨床病期別5年生存率(1997-2000年:初回入院症例)

ステージ1 99.1%
ステージ2 72.6%
ステージ3 45.9%
ステージ4 7.2%

胃癌のステージ(進行病期)別5年生存率2

日本胃癌学会全国登録1991年度症例2004年発表

ステージ1A期 93.4%
ステージ1B期 87%
ステージ2期 68.3%
ステージ3A期 50.1%
ステージ3B期 30.8%
ステージ4期 16.6%

上の表1は、全国がん(成人病)センター協議会(通商:全がん協=加盟施設は国立がんセンターや癌研有明病院、県立がんセンターなど)が発表している胃癌のステージ別5年生存率を表したものです。

上の表2は、日本胃癌学会が発表した胃癌のステージ別5年生存率を表したものです。

5年生存率とは、5年間再発しないということではなく、衰弱しても生存していればカウントされる数値で、(状態はともかく)治療開始から5年後に生存している人の割合です。

早期胃がんといわれるステージ1期の5年生存率は90%以上ですが、病期が進行するとともに5年生存率は徐々に下がります。

当院では胃癌と診断されてもQOL(生活の質)を維持していくためには体力を付け、免疫を整えていく事が大切だと考えています。
 
当院では患者さんやご家族・ご親戚・ご友人など皆様の笑顔が戻るように最大の努力を惜しむことなく相談・診察にあたります。

>> 代替療法のご相談はこちら <<

胃がん情報の関連記事
  • 胃癌のステージ、手術、治療、転移-QOL維持【国分寺鈴木医院】
  • スキルス胃がん(スキルス胃癌)について【国分寺鈴木医院】
  • 胃癌の原因、胃癌の組織型など【国分寺鈴木医院】
  • 胃癌の初期症状、進行胃がんの症状【国分寺鈴木医院】
  • 胃癌のピロリ菌検査、ペプシノゲン検査、指触診【国分寺鈴木医院】
  • 胃癌の画像検査【国分寺鈴木医院】
  • 胃癌の腫瘍マーカー【国分寺鈴木医院】
  • 胃癌のステージ(進行病期)と5年生存率【国分寺鈴木医院】
  • 胃癌の内視鏡的治療、腹腔鏡手術、外科手術【国分寺鈴木医院】
  • 胃癌の放射線療法【国分寺鈴木医院】
  • 胃癌の化学療法(抗がん剤治療)と副作用対策【国分寺鈴木医院】
  • 胃癌が再発・転移してもQOLを維持するために【国分寺鈴木医院】