胃癌の初期症状と進行胃癌、末期胃がんの症状

早期胃癌の症状

dr_suzuki_s

胃壁は内側から「粘膜」「粘膜筋板」「粘膜下層」「筋層」「漿膜下層」「漿膜」で構成されています。このうち日本では「粘膜」から「粘膜下層」までの深さにとどまる胃がん(胃癌)を「早期がん」、「固有筋層」までの深さに達したがんは「進行がん」と呼んでいます。

早期胃癌患者さんのほぼ半数は胃検診で見つかります。残りの半数は何らかの症状をきっかけとして検査を受けて胃がんが見つかります。

早期胃癌に特徴的な症状はありませんが、がんの表面にできたただれや潰瘍に伴う症状として、みぞおち周辺の痛みや腹部の不快感、腹部の張り、吐き気、胸やけ、食べ物のつかえ感などがあります。他に吐血されたり、便が黒くなる(出血しているため)こともあります。

進行胃癌の症状

胃の入り口(噴門部)や出口(幽門部)にがんができた場合、食べ物の通過障害が出てくることがあります。腹部膨満感、嘔吐、食欲不振、体重減少などが現れることもあります。がんからの出血により貧血になったり、おなかを押すと腫瘍が触れることもあります。

胃癌が進行すると、肝臓転移や肺転移、骨転移などをきたします。

胃癌が肝臓に転移すると食欲不振や倦怠感、黄疸症状が現れたり、背中や腰、腹部に痛みを訴えることがあります。肺に転移すると呼吸が苦しくなったり、咳が続いたり、血痰が出ることもあります。骨に転移すると転移した部分の骨に強い痛みがでてきたり骨がもろくなって骨折することもあります。腹水がたまり食欲不振になったり、尿が出にくくなったりすることもあります。

腸閉塞をおこすとお腹が張ったり、痛みが出たり、吐き気がしたり、嘔吐することもあります。

腹腔内にがんが散らばる腹膜播種になると腹水を伴うようにあります。スキルス胃がん(スキルス胃癌)では高率で腹膜播種をきたします。

胃癌を疑い時間をすごすより早期の医療機関受診を!

腹痛や腹部膨満感が続いたり、固いしこりが触れたり、貧血、食べ物の通過障害、急な体重減少、腸閉塞により嘔吐するなど上に書いたような自覚症状が見られたときには放っておかず、できるだけ早く医療機関を受診することをお勧めいたします。

また、進行胃癌が疑われる場合でも、「確定診断が怖い」「手術をしたくない」「治らないから」「仕事が休めない」などの理由により医療機関緒受診をためらうかたもいらっしゃるようですが、受診するのに遅すぎるということはありません。適切な診断を受け、治療を行うことは患者様の利益につながりますので、受診を強くお勧めいたします。

当院では胃癌と診断されてもQOL(生活の質)を維持していくためには体力を付け、免疫を整えていく事が大切だと考えています。
 
当院では患者さんやご家族・ご親戚・ご友人など皆様の笑顔が戻るように最大の努力を惜しむことなく相談・診察にあたります。

>> 代替療法のご相談はこちら <<

胃がん情報の関連記事
  • 胃癌のステージ、手術、治療、転移-QOL維持【国分寺鈴木医院】
  • スキルス胃がん(スキルス胃癌)について【国分寺鈴木医院】
  • 胃癌の原因、胃癌の組織型など【国分寺鈴木医院】
  • 胃癌の初期症状、進行胃がんの症状【国分寺鈴木医院】
  • 胃癌のピロリ菌検査、ペプシノゲン検査、指触診【国分寺鈴木医院】
  • 胃癌の画像検査【国分寺鈴木医院】
  • 胃癌の腫瘍マーカー【国分寺鈴木医院】
  • 胃癌のステージ(進行病期)と5年生存率【国分寺鈴木医院】
  • 胃癌の内視鏡的治療、腹腔鏡手術、外科手術【国分寺鈴木医院】
  • 胃癌の放射線療法【国分寺鈴木医院】
  • 胃癌の化学療法(抗がん剤治療)と副作用対策【国分寺鈴木医院】
  • 胃癌が再発・転移してもQOLを維持するために【国分寺鈴木医院】