前立腺がんを克服するために出来ることがあります。


banner_soudan2

早期前立腺がんの方は完全に前立腺がんを克服できるように、そして リンパ節転移や骨転移など転移が拡がっている進行前立腺がん、あるいは末期前立腺がんで余命宣告を受けた方も前立腺癌の名医と言われる方に治療が難しいといわれた方もQOLを維持・向上し充実した人生が送れるよう、そして大幅な延命、治癒を目指せるようお手伝いできればと考えております。

メール相談は無料です。

皆様からのご相談をお待ちしております。

前立腺癌の放射線療法


放射線療法について

外照射

外照射は体の外から放射線を照射してがんを叩きます。 体への負担が少なく、高齢者でも受けやすい治療です。治療効果は前立腺全摘術とかわりません。

外照射の長所は何と言っても体の負担が少ないことです。 切開がなく麻酔も輸血も必要がありません。

合併症

前立腺、精嚢は構造的に温存されます。勃起神経、排尿神経も残るのですが、照射を受けるのでどうしても機能が低下し障害が起こります。

内照射(小線源療法)

前立腺に弱いに放射線を出す小さなカプセルを埋めていきます。放射線はとても弱いのですが、密接した病変には十分量の放射線を照射します。
前立腺膜の少し外側まで照射することができるため、もし軽度の浸潤があったとしても照射がとどく可能性があります。
カプセルは50~100個埋め込み、永久に前立腺内に留置します。カプセルの中には線源としてヨウ素125が封入されています。その半減期は2か月ですから、放射線量は1年後にほとんど気にならないレベルまで弱まります。 密接にすごす家族への被爆量もほとんど考えることはありません。

ですが術後しばらくは、妊婦や小児との接触は避けるように指示を受けると思います。

HIFU(ハイフ)について

HIFUは高密度焦点式超音波治療のことで、超音波により前立腺がんを高温にして死滅させる治療法です。
放射線療法ではありませんが、ここに書かせていただきました。
超音波を発生するプローブを直腸内に挿入し、前立腺内の病変部を観察しながらコンピュータ制御により前立腺内の一点に超音波を集中させます。
周辺組織へ影響を与えず、他の治療に比べて遜色の無い効果を得られるのが特長です。

banner_soudan2