前立腺がんを克服するために出来ることがあります。


banner_soudan2

早期前立腺がんの方は完全に前立腺がんを克服できるように、そして リンパ節転移や骨転移など転移が拡がっている進行前立腺がん、あるいは末期前立腺がんで余命宣告を受けた方も前立腺癌の名医と言われる方に治療が難しいといわれた方もQOLを維持・向上し充実した人生が送れるよう、そして大幅な延命、治癒を目指せるようお手伝いできればと考えております。

メール相談は無料です。

皆様からのご相談をお待ちしております。

前立腺癌の再発・遠隔転移


再発・遠隔転移について

再発について(PSA再発とは)

dr_suzuki_s

術後、目に見えないがん細胞の取り残しがまた腫瘍を形成したものを再発といいます。
前立腺がんでは腫瘍を確認せずとも、PSA値の上昇があったときに再発と見なし、これをPSA再発といいます。

外科手術後はPSA…0.2ug
放射線治療後はPSA…1.0ug
これを超えるときPSA再発とする病院が多いようですが、統一された基準ではありません。

PSA再発と言われてもすぐに症状が出るわけではありません。
またすぐに積極的な治療を始めるとも限りません。

再燃とは

再燃は内分泌療法(ホルモン療法)などでがんの増殖を抑えていたが、がんが再び勢いを増しきた状況です。
どんなに良い内分泌療法(ホルモン療法)でもがんを消し去ることはなく、また数年すると効果が出なくなってしまうため、再燃が起こります。
内分泌療法(ホルモン療法)無効となってからの再燃に対してはあまり有効な治療がありません。

再燃するまでの時間を延ばすために、抗アンドロゲン剤中止療法や抗アンドロゲン剤交代療法が考案されています。

抗がん剤(抗癌剤)のドセタキセル(商品名:タキソテール)が前立腺がん患者の生存期間を少し延ばしたましたが、延長期間は数ヶ月にとどまります。
ドセタキセルは強力な薬剤ですから、生存期間が延びても多くの方は副作用に悩まされることになります。

遠隔転移について

原発部位から離れた場所に新たな腫瘍ができるものを遠隔転移と言います。転移したがんは遠くであっても前立腺がんの性質をもっており、内分泌療法(ホルモン療法)の効果があります。
もちろんすでに内分泌療法(ホルモン療法)を使い続けて反応が悪くなっている場合はその限りではありません。
前立腺がんは骨に転移しやすい性質を持っています。
骨に転移してしまうと治療が難しくなってしまいます。
遠隔転移は血液やリンパを介して転移したものですから、すでにがん細胞は全身を巡っていると考えるのが自然です。
このような状況では新たな腫瘍を手術などで取り除いても意味がありません。また新たな腫瘍が発生してしまうからです。

進行した前立腺がんの治療について

当院の治療方針

進行した前立腺がんに対する治療は、西洋医学的な見方だけでは決して満足できるものではありません。
もともと自分の身体に備わっている、がんを排除する力を活性化し治療に役立てるべきだと考えます。
西洋医学的な治療では、残念ながらその点を重要視していません。
また症状がないのにPSA再発だと言われて強いストレス・不安を感じる方は少なくありません。

当院の提供する代替医療がきっとお役に立てると考えます。
体への負担をかけずにがんの進行を抑え、痛みなどの症状を緩和し、抗がん剤等の副作用を軽減することでQOL改善・予後改善をはかるため積極的に代替療法・統合医療を実践しております。メール相談は無料です。ご相談ください。

banner_soudan2