膵臓癌の再発/膵臓癌の転移

膵臓癌は極めて再発・転移しやすいがん

転移とは、がん細胞がリンパ液や血液の流れに乗って他の臓器に入り込み、そこで成長したものをいいます。膵臓癌を手術で全部切除できたように見えても、その時点ですでにがん細胞がリンパ液や他の臓器に転移していることがあり、時間の経過とともに転移が明らかになることがあります。

再発とは、手術などの治療により目に見える大きさの癌がなくなったあとに、再びがんが現れることを言います。

膵臓癌が再発した場合、再度手術できることは稀で化学療法(抗がん剤治療)が行われることが一般的です。

膵臓癌はたとえ早期に見つかって根治手術が行われたとしてもほとんどのケースで術後早期の再発が認められてしまいます

また、膵臓癌は極めて進行が速いため診断を受けた時点ですでに周りに浸潤していたり、転移してしまっていることが多く治療を困難にしています。

膵臓癌はがんが小さなうちから周囲に浸潤したり、肝臓転移や肺転移、腹膜播種、骨転移など転移しやすい性質が強い傾向があります。早い段階で転移してしまうことが膵臓がん治療をさらに困難にしているといえます。

遠隔転移した膵臓癌の治療

肝臓や肺そして骨などにがんが転移するのは、血液やリンパ液の流れにがん細胞が乗ってそれらの臓器に運ばれ、増殖するためです。

肺転移や肝臓転移、腹膜播種、骨転移などの症例では手術によってがんを切除しても、全身を血液やリンパ液の流れに沿ってがん細胞が回っているため、すぐに他の部位にがんが出来てしまいます。手術は体に大きな負担を掛けますから、一部の例外を除いて遠隔転移した膵臓癌は手術をしません。

肺転移(転移性肺腫瘍)や肝転移(転移性肝腫瘍)、骨転移(転移性骨腫瘍)など遠隔転移を有するケースでは主に化学療法(抗がん剤)など全身治療が中心となります。他に症状緩和を目的として放射線治療が行われることもあります。

遠隔転移した場合でも、最初にできた膵臓癌と同じ性質を持っているため、膵臓癌治療に使用する抗がん剤などを用いて治療を行うことになります。

遠隔転移した膵臓癌治療には限界があります

肺や肝臓、腹膜や骨などに転移した進行膵臓癌は治癒不可能な疾患であり、治療の目的は症状の緩和にあるとがんセンターや大学病院では考えています。

しかし、実際には遠隔転移をきたした患者さんでも生活の質を保ち、人生を楽しみながら5年、10年と通常の生活を続けている方もいらっしゃいます。

リンパ節転移や遠隔転移した患者さんには、QOL(生活の質)の向上や予後改善の為に保険診療の範囲内の治療だけではなく代替医療・補完医療を積極的に取り入れることをご検討いただきたく思います。

すい臓癌情報の関連記事
  • 膵臓癌
  • 特徴、発生原因
  • 症状
  • 画像検査
  • 腫瘍マーカー
  • ステージと生存率
  • 手術
  • 放射線・抗がん剤治療
  • 再発・転移
  • 痛み緩和、症状改善