手術前・手術後の方へ

がん(癌)の手術前後の過ごし方はとても大切です

dr_suzuki_s

私は順天堂大学医学部付属病院などで外科、小児外科医として勤務してまいりました。

その経験から皆様には、「術前・術後の過ごし方いかんによって患者様の予後が左右される可能性がある」ということを患者様やご家族の皆様にお伝えしています。

がん(癌)手術前にお勧めの治療

初期がん(癌)には一般に手術を勧めますが、検査でがん(癌)の診断がでてから実際に手術を行うまでには数週間から場合によっては2、3ヶ月も待たされることがあります。

この間、遠方で診察を受けられない患者様には手術までの間の体調を整え不安をやわらげていただくためのアドバイス(普段の生活習慣の見直しなど)をしています。

当院の診察を受けられる患者様には、普段の生活習慣の見直しなどに加えてさらに「放射線ホルミシス・ラドン温熱療法」高濃度ビタミンC点滴などを何回か受けていただき、さらに良好な状態で手術日を迎えて頂きたく思います。

がんの手術には大きな負担を伴いますが、術前にこれら代替療法を補助的に行うことで免疫やホルモンバランス、そして自律神経のバランスが整う事が期待できます。

がん(癌)手術後の患者様へ(早期がんの場合)

たとえ早期がんであっても手術には全身麻酔や臓器摘出など身体への負担があり免疫機能の低下は免れません。
ホルモンや自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスも乱れがちです。

早期がんの術後には放射線療法や化学療法(抗がん剤)を受けないかもしれませんが、再発・転移の可能性が0だから治療を受けないのではありません。

数多くの臨床試験により身体へ大きな負担をかけて補助療法を受けても再発予防効果がはっきりしない場合は術後の治療を行わないのです。(がんの種類にもよります)。術後補助療法を受ける意義が大きい場合は、術後に放射線治療や抗癌剤治療を行うことが勧められます。

当院では早期がんの術後で補助療法が不要と判断された患者様にも手術で受けた身体のダメージから早く体力・免疫を回復させることを目標として代替療法を受けることをお勧めしています。

また、同時に食生活をはじめとした生活習慣の見直しや気持ちの持ちようなどについてもアドバイスしております。

がん(癌)手術後の患者様へ(進行がんの場合)

進行がんの手術後には、がん(癌)の再発・転移のリスクを抑えるために放射線療法や化学療法を受けることが多くなります。

しかし、放射線治療や化学療法(抗癌剤治療)には副作用が伴いますし、身体に負担をかけて治療を積極的に受けても再発・転移を100%抑えることは難しいのが実情です。

ところが、進行がん患者様でも放射線療法や化学療法と併用して体力や免疫力をケアし、普段の食生活をはじめとした生活習慣を改めたり、身体を冷やさないようにしたり、リラックスを心がけたりすることで副作用が軽減できたり治療の有効性が高まる可能性があります。

結果としてQOL(生活の質)は向上し元気に過ごせる時間が増えますし、術後のがん細胞の進行を抑えやすくなり延命できる可能性が高まると思われます。

生活の質を保つ、あるいは向上させるすべはいくつもあることを皆様には知っていただきたいと思います。

人としての尊厳を維持しながら少しでも長く有意義な時間を過ごしていただきたいと思っています。

 


 
癌治療中でもQOL(生活の質)を維持していくためには体力を付け、免疫を整えていく事が大切だと考えています。
 
当院では患者さんやご家族・ご親戚・ご友人など皆様の笑顔あふれる毎日を過ごしていただける事を目標に相談・診察にあたります。

>> 代替療法のご相談はこちら <<