名医の診察・治療を受けたい

ご本人やご家族、大切な方が癌を患ったとき、どなたでも不安になり少しでも良い治療を受けたい、受けさせたいと考えるのは当たり前のことだと思います。
ネット上で癌の名医と言われる先生は日本に何人もいらっしゃいますが、名医と呼ばれる先生方は常に多くの癌患者を抱えているためすぐに治療を受けることが難しいようです。
主な癌の種類
・食道癌
・乳癌
・肺癌
・胃癌
・大腸癌
・すい臓癌
・肝臓癌
・胆のう癌
・胆管癌
・前立腺癌
・子宮癌
・卵巣癌
・腎臓癌

がん治療の名医の治療を受ける時の注意点

検索サイトで「癌 名医」と検索すると多くの癌の名医を紹介したサイトがヒットしますし、名医の先生方の氏名を確認することもできます。
地域別・都道府県ごとに名医を紹介してあったり、名医の先生方が所属する病院名が紹介してあります。
また手術が得意な名医や検査を得意とする名医、放射線治療の名医、抗癌剤の名医や専門医が紹介されている事もあります。
しかしホームページや書籍で紹介されている名医の先生方の元には多くの患者さん達が診察を希望してくるため、すぐに名医の先生の治療を受けられない事は珍しくありません。
癌に限った事ではありませんが、早期に発見できたのであれば手術は大切な選択肢になると思います
名医の先生方の診察・セカンド・オピニオンを受ける事を希望し、すぐに治療をせずに数ヶ月待ったために、その間に癌が進行してしまい手術できる時期を逸してしまったという事態になる事は避けなくてはなりません。
放射線治療や抗癌剤治療についても、身体に負担のかかる治療ですから患者様の体力がある時には治療を受けられたのに、名医の先生の治療を待つ間に癌が進行してしまい体が衰弱し、治療が受けられなくなってしまわないように注意が必要です。

名医の治療を受けて恩恵が得易いケース、得られにくいケース

ではどのような時なら癌治療の名医と呼ばれる先生方の治療を受けるメリットが大きいのでしょうか。逆にどのような時には名医の治療を受けるメリットが少ないのでしょうか。
■名医の先生の診察・治療を直ぐに受けられる
上にも書きましたが時期を逸してしまうと、本来であれば受けられた手術や放射線・抗癌剤等の治療を受けられなくなってしまうリスクがあります。
一方で内視鏡切除や腹腔鏡手術、胸腔鏡手術、外科手術などでは技術・経験の差が大きいため名医と呼ばれる先生方の診察・治療を直ぐに受けられそうなら、名医の先生の治療を受ける価値は大いにあると思います。
■名医の先生の医療機関・病院へのアクセスが容易
癌の治療は長期にわたる事が珍しくありません。
検査時や手術前後、放射線治療の間、そして抗癌剤治療中など入院を伴う事もあるかもしれません。
もし名医の先生が所属する医療機関・病院が患者様のご自宅から近く容易にアクセスできるなら名医の先生の診察・治療を受けるメリットがあるでしょう。
■【要再考】手術ができない
癌が他の臓器や遠隔リンパ節などに転移しているため手術適応が無いケースや患者様の体力や合併している病気(例えば肝硬変や糖尿、脳梗塞、心筋梗塞等)の為に体力的に手術に耐えられないケースでは、たとえ名医でも手術ができない可能性が高くなります。
たとえ手術はできたとしても、術中や術後に亡くなってしまったり、或は手術後のQOL(生活の質)が著しく悪化してしまったり、術後短期間で再発・転移してしまうかもしれません。
■【要再考】名医の先生の医療機関・病院まで遠い
名医の先生方の医療機関が患者様のご自宅から遠方であった場合には移動にかかる時間やコスト、そして何よりも患者様ご本人が移動で体力を消耗してしまわないか冷静に考える必要があります。
特に抗癌剤治療中だったり、進行癌で体力も落ちてきている時の移動は身体に大きな負担となり、その結果QOL(生活の質)が悪化してしまうリスクも少なくありません。
■【要再考】抗癌剤治療以外の選択肢が無い
そもそも抗癌剤治療のプロトコールはほぼ決まっており、医師の技術や経験の違いはそれほど大きくありません。
治験に参加するのもメリット・デメリットがあります。
「何が何でも抗癌剤治療を続ける」という考えが患者様のQOLを損ね、場合によっては死期を早めてしまうリスクがある事を認識いただきたく存じます。
大切なのは「治療を続けること」ではなく「患者様が人間の尊厳を守り、少しでも長く良い時間を過ごすことだ」という考えもあると思います。

名医の治療を補完する代替療法を受けてみませんか?

名医の治療を待つ間、癌の進行をできるだけ抑えるために代替療法を受けてみるのも良いかもしれません。
癌の名医と呼ばれる先生方の診察やセカンド・オピニオン、治療を待つ間の病状コントロールや体調維持の為に当院が厳選した代替医療を取り入れてみてはいかがでしょうか。
・癌の疑いがあると診断された患者様
・早期の癌と診断された患者様
・手術や放射線治療を待っていらっしゃる癌患者様
・癌手術後の再発・転移のリスクを抑えたい患者様
・抗癌剤治療中の患者様
・癌治療の副作用を軽減したい患者様
・「治療法はもうない」といわれた末期がん癌の患者様
など幅広い患者様のQOL(生活の質)維持・向上に代替療法はお役に立てる可能性があります。
癌名医の先生の治療との併用も可能です。
代替療法に感心を持たれた方は無料メール相談を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください

ご相談はこちら

未分類の関連記事
  • 癌の名医をお探しの方へ
  • 症例報告(スマホで画像拡大可能です)