悪性リンパ腫は全身性のがん

悪性リンパ腫治療においては、主に化学療法(抗がん剤治療)治療が柱となります。

しかし悪性リンパは必ずしも見つけやすいがんではありません。重要な症状であるリンパ節の腫れは、首や脇の下であれば触れて気が付きますが、胸やお腹の中で発生した場合には触れることができません。お腹が張ってきたり、腹痛や吐き気などの症状も初期に必ず現れるわけではありません。こうしていつのまにか症状が進んでしまいます。

リンパ腫はリンパ組織から発生しますが、そのリンパ組織は体中に存在します。そのためリンパ腫は全身のどこからでも発生する可能性があります。

悪性リンパ腫は化学療法だけでは安心できない

悪性リンパ腫の化学療法(抗がん剤治療)は標準的な治療方法です。ひとくちに悪性リンパ腫と言ってもさまざまなタイプがあり治療方針や治療成績に違いがありますが、多くの場合で薬物治療がメインとなります。

なおリンパ腫は全身性のがんなので、局所治療である手術はメインの治療にはなりません。

がん細胞の根絶を目指して、複数の抗がん剤を組み合わせた強力な化学療法が行います。治療がうまくいくと、体からがん細胞が見つからなくなる寛解(かんかい)と呼ばれる状況に持ち込めます。

寛解がしばらく続くと治癒したと判断されます。しかし実際にはがん細胞がどこかに潜んでいる可能性が高く、せっかく寛解しても再発してしまうことは珍しいことではありません。

 

 

悪性リンパ腫情報目次

  1. 症状、治療、克服
    今ご覧いただいているこのページです
  2. 原因、特徴
    特徴、発生原因、年間発生数について
  3. 初期症状
    リンパ節の腫れや、症状がわかりにくいケース
  4. 種類
    分類、ホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫
  5. 検査と病期(ステージ)分類
    検査の重要性と検査によってわかること
  6. 治療
    化学療法(抗がん剤治療)の種類や分子標的薬について
  7. 再発時の治療
    再発時の治療
  • 悪性リンパ腫トップ
  • 原因、特徴
  • 初期症状
  • 種類
  • 検査と病期(ステージ)分類
  • 治療
  • 再発時の治療