肺癌 の予後を改善するために

肺癌治療の第一歩は正しい現状把握から
このページをご覧頂いているのは、肺癌と診断された患者様や、ご家族・ご親戚・ご友人など大切な方が肺癌と診断された方だと思います。
これから肺癌の治療を受ける方や現在治療中の方もいらっしゃるでしょうし、肺癌の手術を行ったが再発や転移が不安だという方もいらっしゃるかもしれません。
進行肺癌のため手術適応とならない方や、手術後に放射線治療や抗がん剤治療など積極的治療を行ってきたが治療の甲斐なく肺癌の病状進行を抑えることができず医師から辛い宣告をされた方もいらっしゃることでしょう。
当院では患者様がいきいきとした人生を送れる事を重視した肺癌治療を目指しています。
肺癌は組織型の違い「腺がん(腺癌)」、「扁平上皮がん(扁平上皮癌)」、「大細胞がん(大細胞癌)」、「小細胞がん(小細胞癌)」によって性質が異なります。各ページを参考にしてください。
肺癌は早期発見が困難な難治性のがん
肺癌治療においては、主に外科的手術・放射線治療、化学療法(抗がん剤治療)などの治療が柱となります。
しかし肺癌は初期症状に乏しく、早期発見が困難ながんで、有効な治療法が少ない状態が続いています。そのため肺癌は難治癌とよばれています。
肺癌により咳や血痰、喘鳴(ぜいめい)、息切れなどの症状があらわれた時には既に進行肺癌(進行肺癌)となっていることが多いですし、さらに胸部痛や呼吸困難、背部・腰部の痛み、など自覚症状が現れたときには既に転移していて手術適応とならないことも少なくありません。
肺癌は手術しただけでは安心できない
肺癌の手術は体への負担も大きく難しい手術ではありますが、現時点では手術以外に肺癌を治すことができる治療がないと考えられているため、条件にもよりますが手術は優先度の高い治療になります。
過酷な手術を乗り越えたとしても安心はできません。ステージ1の早期がんで手術を行い、きれいに癌を切除できても(根治手術後でも)5年生存率はわずかに60-70%、ステージ2では40-50%、手術適応となったステージ3Aでは20%程度と決して満足できる結果が得られていないのが肺癌の手術なのです。
手術後に再発してしまうことも少なくないため、肺癌の手術後には5年をめどにフォローアップ(経過観察)が行われます。胸部X線写真や腫瘍マーカー検査、胸部CT検査などを行っていくことになります。
肺癌の根治手術後、進行度によっては再発を予防する目的で化学療法(抗がん剤治療)が積極的に行われますが、副作用に苦しんでいる方が多く見受けられますし、抗がん剤の治療を受けたからといって再発しなくなるというものでもありません。
手術後に行う抗がん剤治療は「統計的に数%再発のリスクが低くなる」事を目的に行います。
肺癌が再発・転移すると通常の治療だけでは不十分
手術後に再発・転移した肺癌の治療は抗がん剤の治療が中心となりますが、残念なことに十分な効果が得られるケースはあまりないことを知っておく必要があります。
初診時に肝臓や副腎、骨や脳などに転移を有する進行肺癌と診断された場合は手術適応とはなりません。この場合も抗がん剤治療が中心となりますが、やはり長期にわたり病状進行を抑えていくことは難しいのが現実です。
進行した非小細胞肺がんの治療ではイレッサやタルセバ、ジオトリフ、ザーコリなどの分子標的薬が使えるようになりました。
また、癌増殖を免疫の力で抑えて行こうという発想のオブジーボという新しい薬も使えるようになり、以前と比較すると予後が若干改善した感がありますが、それでも薬だけに頼っていたのでは肺癌の進行を長期に抑え続けることは困難です。

肺癌情報目次

  1. 克服する治療法
    今ご覧いただいているこのページです
  2. 特徴や発生原因
    肺癌の種類(組織型)と特徴、発生原因について
  3. 初期症状と末期症状
    初期症状や進行した時の症状について
  4. 検査
    画像検査・血液検査・細胞診・組織診・生検について
  5. 画像検査
    胸部単純X線検査、胸部CT検査、腹部CT検査、ヘリカルCT、マルチスライスCT、造影CT、胸部MRI検査、脳MRI検査、骨シンチグラフィー、PET検査について
  6. 腫瘍マーカー
    腫瘍マーカー(CEAやSCC、シフラ[CYFRA21-1]、NSE、ProGRPなど)について
  7. 組織診・細胞診(生検)
    がん細胞があることを確認する確定診断。喀痰細胞診や気管支鏡検査、擦過細胞診、経皮的肺穿刺法、胸水細胞診、縦隔鏡検査、胸腔鏡検査、開胸生検について
  8. 進行度(ステージ)と5年生存率
    TNM分類による肺癌の進行度(ステージ)、5年生存率について
  9. 手術・術後
    手術と術後について
  10. 放射線療法・ガンマナイフ
    放射線療法、肺癌の放射線治療の目的、骨転移や脳転移した肺癌に対する放射線治療について
  11. 化学療法(抗がん剤治療)
    化学療法(抗がん剤治療)、抗がん剤の種類や抗がん剤の副作用、効果判定基準について
  12. 再発・遠隔転移時の治療
    再発、遠隔転移(肺転移、肝臓転移、骨転移、脳転移など)した場合の治療について
  13. 副作用軽減、痛み緩和、症状改善
    肺癌のQOL改善・予後を改善するためには?
  14. 分子標的薬イレッサ(ゲフィチニブ)
    非小細胞肺がんの治療で使用する分子標的薬イレッサ(ゲフィチニブ)について
  15. 分子標的薬タルセバ(エルロチニブ)
    非小細胞肺がんの治療で使用する分子標的薬タルセバ(エルロチニブ)について
  16. 分子標的薬ジオトリフ(アファチニブ)
    非小細胞肺がんの治療で使用する分子標的薬ザーコリ(クリゾチニブ)について
  17. 分子標的薬ザーコリ(クリゾチニブ)
    非小細胞肺がんの治療で使用する分子標的薬ジオトリフ(アファチニブ)について
  18. オブジーボ(ニボルマブ)
    非小細胞肺がんの治療で使用するオブジーボ(ニボルマブ)について
肺がん情報の関連記事
  • 分子標的薬ザーコリ(クリゾチニブ)
  • オブジーボ(ニボルマブ)
  • 分子標的薬ジオトリフ(アファチニブ)
  • 分子標的薬タルセバ(エルロチニブ)
  • 分子標的薬イレッサ(ゲフィチニブ)
  • 肺癌治療についてー国分寺鈴木医院
  • 肺がんの特徴と発生原因ー国分寺鈴木医院
  • 初期症状と末期症状
  • 検査
  • 画像検査