肝臓がん(肝癌)を克服するために出来ることがあります。



banner_soudan2

早期肝臓がん(肝癌/肝細胞がん)の方は完全に肝がん(肝臓癌/肝細胞癌)を克服できるように、そして リンパ節転移や肺転移、腹膜転移(腹膜播種)、骨転移など転移が拡がっている進行肝臓がん(肝癌/肝細胞がん)、あるいは末期肝臓がんで余命宣告を受けた方も肝臓癌の名医と言われる方に治療が難しいといわれた方もQOLを維持・向上し充実した人生が送れるよう、そして大幅な延命、治癒を目指せるようお手伝いできればと考えております。

肝臓癌の名医をお探しの方へ

肝臓癌の名医と言われる先生は日本にも何人かいらっしゃいますが、
名医と呼ばれる先生方は常に多くの肝臓癌患者を抱えているためすぐに治療を受けることが
難しいようです。
名医の先生の治療を受けるまでの間の病状コントロールや体調維持のために、
当医院の代替療法を受けてみませんか?
無料メール相談を受け付けておりますので、
お気軽にお問い合わせください

手術とラジオ波焼灼療法


肝臓がん(肝癌/肝細胞がん)の外科切除(手術療法)

肝切除-肝細胞がん(肝細胞癌)の外科療法

dr_suzuki_s

原発性肝臓がん(肝臓癌)の約90%は肝細胞がんであり、その多くはB型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスの感染から慢性肝炎、肝硬変を経て発がんするという特徴があります。

そのため、原発性肝がん患者の多くは肝機能障害を伴っていますので、肝臓がんの治療方針を決定する際にはがんの大きさやがんの数、リンパ節転移や多臓器への転移などのほかにも肝臓の障害度(肝障害度)を考慮する必要があります。

がんが1個の場合には大きさにかかわらず肝切除が勧められます。ただし、肝障害度がBでがんの大きさが2cm以内ならば経皮的局所療法(ラジオ波焼灼療法やエタノール注入療法)も選択が考慮されます。

がんが2個か3個で大きさが3cm以内の場合には肝切除か経皮的局所療法が、、3cmを超える場合には肝切除か肝動脈塞栓化学療法(TACE)が勧められます。

手術療法では肝機能によって安全に切除可能な肝容量が規定されます。肝硬変がすすんだ患者さんに対して大きく肝切除を行うと術後に肝不全を合併し死に至るリスクがあります。

肝切除症例の3年生存率、5年生存率、10年生存率

肝細胞がんに対する肝切除の3年生存率および5年生存率、10年生存率はそれぞれおよそ70%(3年)、50%(5年)、25%(10年)です。

ラジオ波焼灼療法やエタノール注入療法などの局所療法と比べると3年生存率はあまり差がありませんが、5年以上の生存率は10%以上高いため、肝機能がゆるせば手術療法が第一選択肢となります。

再発時の再手術について

肝細胞がんは再発のおおい悪性腫瘍です。再発例に対する治療法の選択は基本的には初回の治療と同じです。

切除が適応となる場合には再切除、再々切除を行うことも可能です。

肝移植-肝細胞がん(肝細胞癌)の外科療法

2004年からミラノ基準(単発(1ヶだけ)であれば直径5cm以下、多発であっても各々が3cm以下で3ヶまでにとどまる)を満たした肝細胞癌合併肝硬変に対して生体肝移植が保険適用となりました。

肝移植の年齢制限は65歳以下とするところが多く、肝機能の面では肝硬変のために肝切除などの局所治療が困難な場合に、治療法のオプションとして考えられます。

肝臓がん(肝癌/肝細胞がん)の内科的局所療法

肝細胞がんにおける内科的な局所療法で現在一般的に広く行われているのはラジオ波焼灼療法(RFA)とエタノール注入療法(PEI)で、いずれも体の外から皮膚を経由して腫瘍(がん)に直接針を穿刺して治療を行います。

ラジオ波焼灼療法(RFA)-肝細胞がん(肝細胞癌)の局所療法

ラジオ波焼灼療法はがんに治療針を穿刺し針先より熱を発生させてがんを死滅させる治療法です。

ラジオ波焼灼療法の適応はがんの大きさと個数、肝臓の障害度(肝障害度)などで決まります。一般的には肝障害度がAもしくはBで腫瘍の大きさ(腫瘍径)が3cm以内で3個以内がラジオ波焼灼療法の良い適応とされています。

ただし、どんなにがんが小さく数が少なかったとしても高度な黄疸がある場合やコントロールができない大量の腹水がある場合など肝臓機能が著しく悪い場合には治療を行うことでかえって肝機能悪化を招き逆効果になることがあるためラジオ波焼灼療法の適応とはならないことがあります。

転移性肝がんに対するラジオ波焼灼療法

原発性の肝細胞がんに限らず、転移性の肝がんに対してもラジオ波焼灼療法が適応となることがあります。ただし、転移性肝がんに対するラジオ波焼灼療法の評価はまだ定まっていないため治療を受ける前には十分な説明を受けることをお勧めします。

経皮的エタノール注入療法(PEI)-肝細胞がん(肝細胞癌)の局所療法

経皮的エタノール注入療法はがんに治療針を穿刺し高濃度のエタノールを注入することによりがんを死滅させる治療法です。

ラジオ波焼灼療法の普及とともにエタノール注入療法は以前に比べ行われることが少なくなってきました。

経皮的エタノール注入療法の適応はラジオ波同様、がんの大きさと個数、肝臓の障害度(肝障害度)などで決まります。一般的には肝障害度がAもしくはBで腫瘍の大きさ(腫瘍径)が3cm以内で3個以内が適応とされています。

ただし、どんなにがんが小さく数が少なかったとしても高度な黄疸がある場合やコントロールができない大量の腹水がある場合など肝臓機能が著しく悪い場合には治療を行うことでかえって肝機能悪化を招き逆効果になることがあるためエタノール注入療法の適応とはなりません。

肝臓がん(肝癌/肝細胞がん)の放射線療法

これまで肝臓がん(肝臓癌)にはあまり放射線治療は行われてこなかったが、最近になって病巣にピンポイントで放射線を照射できる陽子線治療や重粒子線治療などと呼ばれる放射線治療が肝がん治療にも用いられるようになり有効性が期待されています。

肝臓がん(肝臓癌)の再発リスクを抑え、予後を改善する方法

医療先進国の欧米では、1990年頃から積極的に西洋医学に代替医療を取り入れ始めたことにより、肝臓がん(肝臓癌)の治療に伴う副作用が軽減され、患者様の生活の質が改善しつつあります。

とは言いましても代替医療は玉石混交ですし、特に日本では医師の理解を得られにくいため、肝臓がん(肝臓癌)の治療にどのような代替医療を選択すれば良いのか相談出来ず迷っていらっしゃる方は少なくないと思います。

当院では肝臓がん(肝臓癌)治療の副作用の軽減や再発・転移のリスクを抑えていくため、進行した肝がんの病状悪化を止め病状を改善するために積極的に代替医療を取り入れることをお勧めしています。通院が難しい方にお勧めの方法もございます。
詳しくは肝臓がん(肝臓癌)の無料相談をご利用ください。

banner_soudan2