肝臓がん(肝癌)を克服するために出来ることがあります。



banner_soudan2

早期肝臓がん(肝癌/肝細胞がん)の方は完全に肝がん(肝臓癌/肝細胞癌)を克服できるように、そして リンパ節転移や肺転移、腹膜転移(腹膜播種)、骨転移など転移が拡がっている進行肝臓がん(肝癌/肝細胞がん)、あるいは末期肝臓がんで余命宣告を受けた方も肝臓癌の名医と言われる方に治療が難しいといわれた方もQOLを維持・向上し充実した人生が送れるよう、そして大幅な延命、治癒を目指せるようお手伝いできればと考えております。

肝臓癌の名医をお探しの方へ

肝臓癌の名医と言われる先生は日本にも何人かいらっしゃいますが、
名医と呼ばれる先生方は常に多くの肝臓癌患者を抱えているためすぐに治療を受けることが
難しいようです。
名医の先生の治療を受けるまでの間の病状コントロールや体調維持のために、
当医院の代替療法を受けてみませんか?
無料メール相談を受け付けておりますので、
お気軽にお問い合わせください

治療の選択


肝臓がん(肝臓癌/肝がん/肝細胞がん)の治療方針について

dr_suzuki_s

原発性肝臓がん(肝臓癌)の約90%は肝細胞がんであり、その多くはB型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスの感染から慢性肝炎、肝硬変を経て発がんするという特徴があります。

そのため、原発性肝がん患者の多くは肝機能障害を伴っているため、治療方針を決定する際にはがんの大きさやがんの数、リンパ節転移や多臓器への転移などのほかにも肝臓の障害度(肝障害度)を考慮する必要があります。

肝障害度は腹水があるかどうかや腹水が利尿剤で減るか減らないか、黄疸の程度、出血傾向がみられるかなどによって決まります。

肝障害度

肝障害度は腹水、血清ビリルビン値、血清アルブミン値、インドシアニングリーン(ICG)15分停滞率、プロトロンビン活性値の5項目から総合的に判断しAからC の3段階に分類します。※A→B→C の順に肝機能は障害を多く受けている

肝障害度-肝がん(肝癌)の治療方針決定指標

liver7_list1

2項目以上が該当した肝障害度をとります。2項目以上の項目に該当した肝障害度が2箇所に生じる場合は高い方の肝障害度をとります。
例えば肝障害度Bが3項目、C が2項目当てはまった時には肝障害度はC とします。

肝細胞がん(肝細胞癌)の治療方針

肝臓がん(肝臓癌/肝がん/肝細胞がん)の治療では、がんの進行度や肝障害度を考慮に入れて治療法を選択します。以下は治療方針の一例で、実際には患者さん個々の病状に合わせて治療方針が検討されます。

肝臓以外に転移を認める場合には全身化学療法(抗がん剤治療)が選択されることがあります。

科学的根拠に基づく肝癌診療ガイドライン2005年版 金原出版

liver7_list2

*1:肝障害度Bで2cm以下なら経皮的局所療法も考慮・選択される
*2:腫瘍が1個の場合は5cm以内の大きさならば移植が推奨される

具体的な治療法については肝臓がんの手術、局所療法進行肝がんの治療をごらんください。

肝臓がん(肝臓癌)の再発リスクを抑え、予後を改善する方法

医療先進国の欧米では、1990年頃から積極的に西洋医学に代替医療を取り入れ始めたことにより、肝臓がん(肝臓癌)の治療に伴う副作用が軽減され、患者様の生活の質が改善しつつあります。

とは言いましても代替医療は玉石混交ですし、特に日本では医師の理解を得られにくいため、肝臓がん(肝臓癌)の治療にどのような代替医療を選択すれば良いのか相談出来ず迷っていらっしゃる方は少なくないと思います。

当院では肝臓がん(肝臓癌)治療の副作用の軽減や再発・転移のリスクを抑えていくため、進行した肝がんの病状悪化を止め病状を改善するために積極的に代替医療を取り入れることをお勧めしています。通院が難しい方にお勧めの方法もございます。
詳しくは肝臓がん(肝臓癌)の無料相談をご利用ください。

banner_soudan2