肝臓がん(肝癌)を克服するために出来ることがあります。



banner_soudan2

早期肝臓がん(肝癌/肝細胞がん)の方は完全に肝がん(肝臓癌/肝細胞癌)を克服できるように、そして リンパ節転移や肺転移、腹膜転移(腹膜播種)、骨転移など転移が拡がっている進行肝臓がん(肝癌/肝細胞がん)、あるいは末期肝臓がんで余命宣告を受けた方も肝臓癌の名医と言われる方に治療が難しいといわれた方もQOLを維持・向上し充実した人生が送れるよう、そして大幅な延命、治癒を目指せるようお手伝いできればと考えております。

肝臓癌の名医をお探しの方へ

肝臓癌の名医と言われる先生は日本にも何人かいらっしゃいますが、
名医と呼ばれる先生方は常に多くの肝臓癌患者を抱えているためすぐに治療を受けることが
難しいようです。
名医の先生の治療を受けるまでの間の病状コントロールや体調維持のために、
当医院の代替療法を受けてみませんか?
無料メール相談を受け付けておりますので、
お気軽にお問い合わせください

画像検査


肝がん(肝癌)になるリスクが高い方は定期的に検査を受けましょう

dr_suzuki_s

肝臓がん(肝臓癌/肝がん/肝細胞がん)の発生原因、危険因子に詳しく書きましたが、C型肝炎が原因で肝がんになるのは約80%、B型肝炎は約10%、そして残りの10%はアルコール性肝障害や脂肪肝炎、自己免疫性肝炎などの慢性肝疾患で占められており、慢性肝疾患がなく、肝炎ウイルス感染もない人から肝癌が発癌することはほとんどありません。

B型慢性肝炎、C型慢性肝炎、肝硬変のいずれかがあれば肝細胞がんの高危険群、さらにB型肝硬変、C型肝硬変患者は超高危険群として定期的な検査を行っていくことが肝癌の早期発見には大切になります。

定期検査では肝臓がん(肝臓癌/肝がん/肝細胞がん)の腫瘍マーカーに書きましたAFPやPIVKA-IIの他に、超音波検査やCT/MRI検査などの画像検査を行います。

肝臓がん(肝臓癌)の画像検査

腹部超音波検査(エコー検査)<US>-肝がん(肝癌)の画像検査

超音波検査(エコー検査)は肝臓がん(肝臓癌)のスクリーニング法として腫瘍マーカーとともに行われます。超音波診断装置を使用する検査で、体の中にある臓器などに超音波が当たって跳ね返ってきた信号が映像になって映し出されます。

超音波検査は人体に害が無く(非侵襲)、何回でも繰り返して行うことが出来ます。横隔膜直下や左葉外側区などは肝硬変患者において見えにくく肝臓全体をカバーできない、肥満に伴う皮下脂肪の厚い症例も観察できないことがあるなど欠点がありますが、肝臓の検査では非常に重要で代表的な検査法です。

近年登場した造影超音波検査は超音波診断用の造影剤を抹消静脈から静脈内注射し超音波をあてることでより細かな肝内の血流などを観察することができ、診断精度の向上に大きく寄与しています。

CT検査-肝がん(肝癌)の画像検査

CT検査(CTスキャン)はX線で体の内部を描き出し病変の状態や周辺臓器へのがんの広がり、転移の有無などを調べる検査です。超音波検査で調べきれなかった場合でも肝臓がん(肝臓癌)を見つけられる事があります。

CTにより、リンパ節転移や肝内の他の病変の有無、腹水の有無、肝臓以外の臓器への転移の有無なども調べることができます。

最近ではダイナミックCTやヘリカルCT、マルチスライスCTなど造影効果がより鋭敏な撮影法も開発され、より小さな肝がん(肝癌)も見つける事ができるようになってきています

ただし、CT検査では強いX線を浴びることになりますから、被爆のリスクも伴うため、頻回な検査は避ける事が望まれます。また、造影剤を使用する場合、アレルギーが起こることがあるのでアレルギーの経験のある人は事前に申し出るようにしてください。

MRI検査-肝がん(肝癌)の画像検査

MRIとは核磁気共鳴画像法といって、X線ではなく強い磁場をかけて身体の中の状態を調べる検査法です。

メリットとしてはX線検査やCT検査のように放射線被爆がないということがあげられます。

一方デメリットは強い磁場がかかることで、ペースメーカーなどを使用されている方は検査を行うことができません。

MRIはCTで検出できないものや悪性度の判断に有用なことがあります。

骨シンチグラフィー-肝がん(肝癌)の画像検査

骨シンチグラフィーは全身の骨の転移の有無を調べるための検査です。

肝がん(肝癌)が進行すると骨に転移することがあります。高度に進行した肝がん(肝癌)で骨に痛みを伴っている場合には骨転移の疑いがあるため検査することがあります。

肝生検-肝臓がん(肝臓癌)の検査

肝生検は肝臓に針を刺して組織をとり顕微鏡で調べる検査です。この検査でがん細胞が見つかれば肝がんが確定されます。最近では超音波下肝生検や腹腔鏡下肝生検が主流になっています。

ただし、肝硬変がすすんで血小板数が減少していて出血しやすかったり、血が止まりにくい場合にはこの検査は行えません。

肝臓がん(肝臓癌)になるリスクを軽減し再発リスクを軽減する方法

当院ではB型肝炎ウイルスやC型肝炎により慢性肝炎や肝硬変になっている方、その他脂肪肝炎など肝機能が低下している方が肝がん(肝癌)になるリスクを抑えていくため、あるいは肝臓がん(肝臓癌)の治療後再発を繰り返している方の病状悪化を止め病状を改善するために積極的に代替医療を取り入れることをお勧めしています。通院が難しい方にお勧めの方法もございます。
詳しくは肝臓がん(肝臓癌)の無料相談をご利用ください。

banner_soudan2