肝臓がん(肝癌)を克服するために出来ることがあります。



banner_soudan2

早期肝臓がん(肝癌/肝細胞がん)の方は完全に肝がん(肝臓癌/肝細胞癌)を克服できるように、そして リンパ節転移や肺転移、腹膜転移(腹膜播種)、骨転移など転移が拡がっている進行肝臓がん(肝癌/肝細胞がん)、あるいは末期肝臓がんで余命宣告を受けた方も肝臓癌の名医と言われる方に治療が難しいといわれた方もQOLを維持・向上し充実した人生が送れるよう、そして大幅な延命、治癒を目指せるようお手伝いできればと考えております。

肝臓癌の名医をお探しの方へ

肝臓癌の名医と言われる先生は日本にも何人かいらっしゃいますが、
名医と呼ばれる先生方は常に多くの肝臓癌患者を抱えているためすぐに治療を受けることが
難しいようです。
名医の先生の治療を受けるまでの間の病状コントロールや体調維持のために、
当医院の代替療法を受けてみませんか?
無料メール相談を受け付けておりますので、
お気軽にお問い合わせください

腫瘍マーカー


肝臓がん(肝臓癌)の血液検査(腫瘍マーカー、肝機能検査)

肝がん(肝癌)の腫瘍マーカーの利点・欠点

dr_suzuki_s

腫瘍マーカーは正常な細胞からも多少はつくられますが、がん細胞から特に多くつくりだされるたんぱく質や酵素で、がん(癌)の有無や種類、進行状態を示す指標となります。腫瘍マーカーの検査は、一般に血液を採取するだけで用意に検査できるため広く普及しています。また、腫瘍マーカーの数も50を超えるまでになっています。

肝細胞がん(肝細胞癌)では腫瘍マーカーの数値を調べることで手術後の取り残しがないか、治療の効果があったか、再発の兆候がないかなどをおおよその目安として判断することができます。

腫瘍マーカーの検査は採血するだけで簡便な方法ですが、いくつかの不確実な面もあります。

  • 腫瘍マーカーは偽陽性を示すこともある
  • ある程度肝臓がん(肝臓癌)が進行しなければ陽性(高い値)を示さないことがある
  • 進行肝臓がん(肝臓癌)でも陽性にならないこともある
  • 複数の臓器でつくられるためがん(癌)がある臓器を特定できない

そのため、腫瘍マーカーが高い値を示した場合でも、がん(癌)の疑いがあるに過ぎず確定検査には画像検査などを平行して行う必要があります。腫瘍マーカーが高値というだけではがんの確定診断はできません。

肝がん(肝癌)の腫瘍マーカー

現在、肝がん(肝癌)の腫瘍マーカーとしては主にAFPとPIVKA-IIなどが臨床の現場で用いられています。AFPは慢性肝炎でも上昇しやすい傾向があるため特異性に欠けるという欠点があります。一方のPIVKA-IIは肝がん以外で高い値を示すことはあまりありませんが、進行した肝がんでも値が低いことがあるという欠点があります。

※各マーカーの基準値は使用するキットの違いで基準値が異なることがあります

AFP-肝がん(肝癌)腫瘍マーカー

【基準値:10.0(ng/ml)以下-IRMA法】
AFPは胎児の血中には存在しますが、健康な成人の血中にはほんのわずかしか存在しません。AFPは原発性肝がん(肝癌)以外にも急性肝炎や慢性肝炎、肝硬変などでも上昇します。転移性肝がんでも上昇することもあります。一方で肝がんでも高値を示さないこともあります。

そのため、AFPの値が高値を示しただけではがんと特定することは難しいといえます。

PIVKA-II-肝がん(肝癌)腫瘍マーカー

【基準値:40.0(mAU/ml)以下-IRMA法】
PIVKA-II(ピブカツー)は肝臓がん(肝臓癌)になると約50%の割合で基準値を超えてきます。プロトロンビンが肝臓でつくられる際にはビタミンKが必要ですが、このビタミンKが欠乏したときにつくられる異常なタンパクがPIVKA-II です。

転移性肝がん(転移性肝癌)の腫瘍マーカー

肺がん(肺癌)食道癌(食道がん)、消化器のがん(胃がん(胃癌)大腸がん(大腸癌)すい臓がん(膵臓癌)胆嚢癌(胆のうがん)胆管癌(胆管がん))や乳がん(乳癌)卵巣がん(卵巣癌)子宮がん(子宮癌)前立腺がん(前立腺癌)などから肝臓に転移した転移性肝がんでは、それぞれの原発巣の腫瘍マーカーが上昇します。

その他の血液検査-肝機能検査

肝細胞が破壊されたときに大量に血液中にでるAST(GOT)やALT(GPT)、黄疸時に高くなるBil、肝臓のたんぱく合成機能が落ちると低い値になるAlb、血小板数が10万未満では肝炎から肝硬変、そして肝がんに移行する方が多く見られます。

肝臓がん(肝臓癌)になるリスクを軽減し再発リスクを軽減する方法

当院ではB型肝炎ウイルスやC型肝炎により慢性肝炎や肝硬変になっている方、その他脂肪肝炎など肝機能が低下している方が肝がん(肝癌)になるリスクを抑えていくため、あるいは肝臓がん(肝臓癌)の治療後再発を繰り返している方の病状悪化を止め病状を改善するために積極的に代替医療を取り入れることをお勧めしています。通院が難しい方にお勧めの方法もございます。
詳しくは肝臓がん(肝臓癌)の無料相談をご利用ください。

banner_soudan2