肝臓がん(肝癌)を克服するために出来ることがあります。



banner_soudan2

早期肝臓がん(肝癌/肝細胞がん)の方は完全に肝がん(肝臓癌/肝細胞癌)を克服できるように、そして リンパ節転移や肺転移、腹膜転移(腹膜播種)、骨転移など転移が拡がっている進行肝臓がん(肝癌/肝細胞がん)、あるいは末期肝臓がんで余命宣告を受けた方も肝臓癌の名医と言われる方に治療が難しいといわれた方もQOLを維持・向上し充実した人生が送れるよう、そして大幅な延命、治癒を目指せるようお手伝いできればと考えております。

肝臓癌の名医をお探しの方へ

肝臓癌の名医と言われる先生は日本にも何人かいらっしゃいますが、
名医と呼ばれる先生方は常に多くの肝臓癌患者を抱えているためすぐに治療を受けることが
難しいようです。
名医の先生の治療を受けるまでの間の病状コントロールや体調維持のために、
当医院の代替療法を受けてみませんか?
無料メール相談を受け付けておりますので、
お気軽にお問い合わせください

初期症状と末期症状


肝臓のはたらき・機能

dr_suzuki_s

肝臓は体の中で最大の臓器で、別名「生体内の化学工場」と呼ばれるよど健康を維持するためにはなくてはならない多くの機能を担っています

肝臓の主なはたらき・機能には糖質やタンパク質、脂質の代謝・合成、貯蔵、有害物質の解毒・分解・排泄、胆汁の合成・分泌などがあります。

原発性の肝がん(肝細胞がん)あるいは転移性の肝臓がん(肝臓癌)になると肝臓のもつ機能が障害されるようになるため様々な症状が出てくるようになります。

代謝・合成-肝臓のはたらき

糖質の合成・代謝

食べ物に含まれているグルコース(ブドウ糖)をいったんグリコーゲンに合成して肝臓に貯え、必要に応じてグリコーゲンをグルコースに分解して血液中に送り出し、血糖濃度を調整します。

たんぱく質の合成・代謝

魚や肉などの蛋白質は腸で分解されアミノ酸となります。そして肝臓でアミノ酸からアルブミンやグロブリンなどの血液中の重要なタンパクのほとんどがつくられます。また、フィブリノゲンなどの血液凝固因子(出血した時に固まる)も合成します。

脂質の合成・代謝

脂肪の分解物である脂肪酸などからコレステロールやリン脂質を合成します。

貯蔵-肝臓のはたらき

肝臓はビタミンAやビタミンD、ビタミンKなどの脂溶性ビタミンやグリコーゲン、中性脂肪などを貯蔵し、必要に応じで肝臓から放出されます。

有害物質の解毒・分解・排泄-肝臓のはたらき

アミノ酸の代謝により体に有害な物質であるアンモニアが生じますが、アンモニアは肝臓の解毒作用により尿素に変換され血液に送り出された後、腎臓から体外に排泄されます。

また古くなり寿命を終えた赤血球を分解し、ビリルビンを作り出します。

また、体内に入った有害物質であるアルコールや毒物、薬物を無毒化し、胆汁中や血液中に排泄します。

胆汁の合成・分泌-肝臓のはたらき

胆汁は食べ物の中に含まれている脂肪を分解する働きを持つ消化液で、肝臓内でつくられ胆管をとおり胆嚢にためられ濃縮され、食事をした際に十二指腸に排泄されます。

十二指腸に排泄された胆汁酸は空腸、小腸とながれ小腸下部で再吸収され、門脈をとおって再び肝臓に送られます。(腸肝循環)

肝硬変・肝がんの症状

肝硬変になっても初期では症状がない

自覚症状がほとんどない代償性肝硬変

B型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスのキャリアになり肝炎が慢性化して10年、20年と経過していく間に肝臓は障害を受けて肝細胞が線維化していきます。

肝臓の線維化が進むと正常な働きをする肝細胞が減っていくので肝臓は徐々に本来の機能を失い、肝臓は硬く委縮して小さくなっていきます。これが肝硬変です。

肝硬変の初期段階では、障害を受けた肝細胞は一部で肝臓の残りの正常な細胞が肝機能の低下をカバーできるので肝機能はある程度保たれています。この自覚症状がほとんどない肝硬変を「代償性肝硬変あるいは代償期の肝硬変」といいます。

非代償性肝硬変・原発性肝臓がん・転移性肝がんで見られる症状

肝細胞が長期にわたって破壊され線維化が進むと、残った正常な肝細胞だけでは肝機能低下をカバーすることができなくなり、さまざまな症状があらわれるようになります。この状態の肝硬変を「非代償性肝硬変あるいは非代償期の肝硬変」といいます。

非代償期の肝硬変では全身倦怠感や食欲不振、黄疸、腹水、腹部膨満感、肝性脳症、貧血、出血傾向、皮下出血、消化管出血、吐き気、悪心、手掌紅斑や女性化乳房、クモ状血管腫、皮膚の色素沈着(皮膚がどす黒くなる)などの症状が出てきます。

同様の症状は肝細胞がんでも見られます。

肺がん(肺癌)食道癌(食道がん)、消化器のがん(胃がん(胃癌)大腸がん(大腸癌)すい臓がん(膵臓癌)胆嚢癌(胆のうがん)胆管癌(胆管がん))や乳がん(乳癌)卵巣がん(卵巣癌)子宮がん(子宮癌)前立腺がん(前立腺癌)などから肝臓に転移した転移性肝がんでも同様です。

肝臓がん(肝臓癌)になるリスクを軽減し再発リスクを軽減する方法

当院ではB型肝炎ウイルスやC型肝炎により慢性肝炎や肝硬変になっている方、その他脂肪肝炎など肝機能が低下している方が肝がん(肝癌)になるリスクを抑えていくため、あるいは肝臓がん(肝臓癌)の治療後再発を繰り返している方の病状悪化を止め病状を改善するために積極的に代替医療を取り入れることをお勧めしています。通院が難しい方にお勧めの方法もございます。
詳しくは肝臓がん(肝臓癌)の無料相談をご利用ください。

banner_soudan2