肝臓がん(肝癌)を克服するために出来ることがあります。



banner_soudan2

早期肝臓がん(肝癌/肝細胞がん)の方は完全に肝がん(肝臓癌/肝細胞癌)を克服できるように、そして リンパ節転移や肺転移、腹膜転移(腹膜播種)、骨転移など転移が拡がっている進行肝臓がん(肝癌/肝細胞がん)、あるいは末期肝臓がんで余命宣告を受けた方も肝臓癌の名医と言われる方に治療が難しいといわれた方もQOLを維持・向上し充実した人生が送れるよう、そして大幅な延命、治癒を目指せるようお手伝いできればと考えております。

肝臓癌の名医をお探しの方へ

肝臓癌の名医と言われる先生は日本にも何人かいらっしゃいますが、
名医と呼ばれる先生方は常に多くの肝臓癌患者を抱えているためすぐに治療を受けることが
難しいようです。
名医の先生の治療を受けるまでの間の病状コントロールや体調維持のために、
当医院の代替療法を受けてみませんか?
無料メール相談を受け付けておりますので、
お気軽にお問い合わせください

原因、肝炎


肝臓がん(肝臓癌/肝癌/肝細胞がん)の発生原因

B型肝炎、C型肝炎、肝硬変の方は要注意

dr_suzuki_s

肝臓がん(肝臓癌/肝癌/肝細胞がん)のほとんどはB型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスに感染した方が慢性肝炎になり、あるいは肝硬変を経て発生します。 C型肝炎が原因で肝がんになるのは約80%、B型肝炎は約10%、そして残りの10%はアルコール性肝障害や脂肪肝炎、自己免疫性肝炎などの慢性肝疾患で占められています。

慢性肝疾患がなく、肝炎ウイルス感染もない人から肝癌が発癌することはほとんどありません。肝臓がん(肝臓癌/肝癌/肝細胞がん)発生の危険因子は肝硬変、C型慢性肝炎、B型慢性肝炎、アルコール摂取、アフラトキシンなどがあげられます

慢性肝炎の程度が進んだ方、あるいは肝硬変の方は発がんリスクは高くなる

B型慢性肝炎、C型慢性肝炎の程度(進行度)が軽度から高度になるにつれ発がんリスクは高まります。さらにB型肝硬変、C型肝硬変からの発がんリスクはさらに高まります。

特に男性で高齢、低アルブミン血症、高AFP血症、低血小板血症の方は発がん率が高い傾向がみられます。

メタボリックシンドロームの方はNASH(非アルコール性脂肪肝炎)に注意

慢性肝炎や肝硬変の原因の多くは肝炎ウイルスやアルコールが原因と考えられてきました。しかし最近になって非飲酒者で肥満、2型糖尿病、高脂血症、高血圧症などの生活習慣病をもっている方が脂肪肝を経て肝硬変へと進行し、肝がんが発生するケースがあることが分かってきました。この病気はNASH(非アルコール性脂肪肝炎)と呼ばれています。

肝臓がん(肝臓癌)になるリスクを軽減し再発リスクを軽減する方法

当院ではB型肝炎ウイルスやC型肝炎により慢性肝炎や肝硬変になっている方、その他脂肪肝炎など肝機能が低下している方が肝がん(肝癌)になるリスクを抑えていくため、あるいは肝臓がん(肝臓癌)の治療後再発を繰り返している方の病状悪化を止め病状を改善するために積極的に代替医療を取り入れることをお勧めしています。通院が難しい方にお勧めの方法もございます。

詳しくは肝臓がん(肝臓癌)の無料相談をご利用ください。

banner_soudan2