肝臓がん(肝癌)を克服するために出来ることがあります。



banner_soudan2

早期肝臓がん(肝癌/肝細胞がん)の方は完全に肝がん(肝臓癌/肝細胞癌)を克服できるように、そして リンパ節転移や肺転移、腹膜転移(腹膜播種)、骨転移など転移が拡がっている進行肝臓がん(肝癌/肝細胞がん)、あるいは末期肝臓がんで余命宣告を受けた方も肝臓癌の名医と言われる方に治療が難しいといわれた方もQOLを維持・向上し充実した人生が送れるよう、そして大幅な延命、治癒を目指せるようお手伝いできればと考えております。

肝臓癌の名医をお探しの方へ

肝臓癌の名医と言われる先生は日本にも何人かいらっしゃいますが、
名医と呼ばれる先生方は常に多くの肝臓癌患者を抱えているためすぐに治療を受けることが
難しいようです。
名医の先生の治療を受けるまでの間の病状コントロールや体調維持のために、
当医院の代替療法を受けてみませんか?
無料メール相談を受け付けておりますので、
お気軽にお問い合わせください

肝臓癌の再発と転移


再発・転移した肝がん(肝癌)の治療

原発性肝細胞がん(肝臓癌)治療

dr_suzuki_s

再発とは、治療により目に見える大きさの癌がなくなったあとに、再びがんが現れることを言います。

原発性肝臓がん(肝臓癌)の約90%は肝細胞がんであり、その多くはB型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスの感染から慢性肝炎、肝硬変を経て発がんするという特徴があります。

肝がん(肝癌)に対しては肝切除ラジオ波焼灼療法エタノール注入療法などの局所療法や肝動脈塞栓術など様々な治療法がありますが、いずれの治療を行ったとしても肝がんが発生した原因である慢性肝炎や肝硬変は治りません。

そのため肝臓がん(肝癌/肝細胞がん)は非常に再発を繰り返しやすいがんです。

再発した肝がんに対しては条件が合えば肝切除やラジオ波焼灼療法、エタノール注入療法、肝動脈化学塞栓療法などを繰り返し行うことができます。

転移とは、がん細胞がリンパ液や血液の流れに乗って他の臓器に入り込み、そこで成長したものをいいます。肝がん(肝癌)に対して肝切除ラジオ波焼灼療法エタノール注入療法などの局所療法や肝動脈塞栓術など積極的に治療を行ってがんが切除し、あるいは縮小し治ったかに見えても、その時点ですでにがん細胞がリンパ液や他の臓器に転移していることがあり、時間の経過とともに転移が明らかになることがあります。

肝細胞がん(肝細胞癌)が転移した場合には肝動脈塞栓術も含めた局所療法は適応とはならず、全身化学療法が行われることが一般的です。

転移性肝がん(転移性肝癌)の治療

肺がん(肺癌)食道癌(食道がん)、消化器のがん(胃がん(胃癌)大腸がん(大腸癌)すい臓がん(膵臓癌)胆嚢癌(胆のうがん)胆管癌(胆管がん))や乳がん(乳癌)卵巣がん(卵巣癌)子宮がん(子宮癌)前立腺がん(前立腺癌)などから肝臓に転移した転移性肝がんでは、大腸がんを除いて手術の適応はなく、それぞれの原発巣に効果が期待できる抗がん剤を投与します。

大腸がんの場合には条件が合えば転移性肝がんに対して手術することがあります。詳しくは転移巣の手術療法-肝転移、肺転移した場合の手術療法を参照ください。

肝臓がん(肝臓癌)治療の副作用を軽減し、予後を改善する方法

医療先進国の欧米では、1990年頃から積極的に西洋医学に代替医療を取り入れ始めたことにより、肝臓がん(肝臓癌)の治療に伴う副作用が軽減され、患者様の生活の質が改善しつつあります。

とは言いましても代替医療は玉石混交ですし、特に日本では医師の理解を得られにくいため、肝臓がん(肝臓癌)の治療にどのような代替医療を選択すれば良いのか相談出来ず迷っていらっしゃる方は少なくないと思います。

当院では肝臓がん(肝臓癌)治療の副作用の軽減や再発・転移のリスクを抑えていくため、進行した肝がんの病状悪化を止め病状を改善するために積極的に代替医療を取り入れることをお勧めしています。通院が難しい方にお勧めの方法もございます。
詳しくは肝臓がん(肝臓癌)の無料相談をご利用ください。

banner_soudan2