腎臓がん(腎臓癌)の手術

dr_suzuki_s

腎臓がん(腎臓癌)の治療のメインは手術です。腎臓がん(腎臓癌)には放射線も抗がん剤もあまり効きません。手術でがんを取りきれるかどうかが、予後に大きな影響を与えることになります。

腎臓がん(腎臓癌)は肺への遠隔再発が起こりやすいため、手術でがんを取り切ったとしても治療後は胸部X写真やCTによる検査を定期的に受けてください。

腎部分切除術(腎温存手術)

ステージIの早期の腎臓がん(腎臓癌)で、腫瘍が腎臓内にとどまり大きさが4cm以下(T1a)のときに推奨されている術式です。腫瘍部分だけを摘出するので、手術を行った側の腎機能も失わずに済みます。長期的な予後を考えると2つの腎臓を残すことができる腎部分切除術は、患者さんにとって大きなメリットを得られる術式です。

腫瘍が4cm以下の場合、腎部分切除術後の再発率は腎全摘術とまったく差がありません。手術による後遺症の発現頻度もとても低いものです。

病院によっては4cm以上の腫瘍であってもリスクが少ないと思われるケースで腎部分切除術を行っているところもあります。逆に腫瘍が小さくても腎臓の中心部分にある場合など、腎部分切除術が適さないケースもあります。

腎摘除術(腎全摘術)

腫瘍のある側の腎臓を全摘出する術式です。腎臓内にがんがとどまっていれば、確実にがんを取り除くことができる根治手術として古くから行われてきました。腎部分切除術に比べると難易度の低い手術だといえます。

腎臓は2つありますから、1つを摘出してもすぐに問題が起こることはありません。ただし長期的にみると残された側の腎機能が徐々に低下してきてしまいます。それが原因で心臓病などの他の病気が引き起こされるといった問題があります。

副腎摘除について

副腎は腎臓の上に乗っている小さな器官です。腎臓がんが副腎に浸潤することがありますが、頻度は多くありません。

副腎ががんに侵されているときはもちろん摘除しますが、再発防止のためにがんに侵されていない副腎を摘除すべきかどうかは判断に迷うことがあります。腫瘍が小さく腎臓内にとどまっている場合は副腎摘除の必要はないという傾向にあります。一方で腫瘍が大きかったり腎臓の上側にある場合、腎臓の外に進展している場合は副腎摘除が検討されます。

副腎は腎機能を担ってはいませんが、ステロイドホルモン(副腎皮質ホルモン)を分泌する大事な器官です。両側の腎臓の上に1対ありますから、1つを摘除してもまず問題にはなることはありません。もちろん2つあったほうが安心ではあります。副腎を温存したほうが良いとする理由は、反対側の腎臓にがんが再発したときに副腎を2つとも失ってしまう可能性があるためです。しかしとても低い確率ではあります。

リンパ節郭清について

がんの転移の恐れがあるリンパ節を、系統的にまとめて摘除しておくことをリンパ節郭清といいます。がんはリンパ管を通って離れた場所に転移を起こすことがあり、その経路を絶っておくことがリンパ節郭清術の目的です。腎臓がん(腎臓癌)の場合、遠隔転移がなくて画像でもリンパ節の腫大が認められないケースならば、リンパ節郭清はあまり必要性がないと考えられています。

リンパ節はリンパ管の途中にある組織です。リンパ節の中には免疫細胞が充満しており、リンパ液を流れてくる病原菌などの異物を捉えて破壊します。がんはリンパ管を通って転移することがありますが、途中にあるリンパ節が関所のようにがん細胞を食い止めます。しかしリンパ節自体でがんが増殖してしまうため、次々とリンパ節ががんに侵されていくことになります。

腹腔鏡手術(内視鏡手術)

腹部に小さな穴を数カ所あけ、その穴から腹腔鏡やメスなどを入れて行う比較的新しい手術方法です。挿入した腹腔鏡からの映像がモニターに映し出され、それを見ながら腫瘍を切除し、摘出します。ステージI、IIの腎臓がんで広く行われています。

開腹手術に比べ傷口が小さくて済みます。開腹手術ではどうしても筋肉や神経を傷めるため、術後の痛みが強く回復にも時間がかかります。その点、腹腔鏡手術は体の負担が少なく非常に回復が早いので、短期間で社会復帰することができます。もちろん傷跡も目立ちにくくなります。患者さんにとってはメリットの多い手術です。

部分切除、全摘術であっても腹腔鏡手術を行うことができます。腹腔鏡手術を行うにはある程度の高度な技術が必要なこと、また手術時間が長くなることがデメリットです。術後の再発率に差があるかどうかが心配な点ですが、開腹手術とほとんど変わらないと考えられています。

 

腎臓がん情報の関連記事
  • 腎臓がん(腎臓癌)トップ
  • 特徴と予後
  • ステージと治療方針
  • 検査
  • 手術
  • インターフェロン・分子標的薬治療
  • 進行・再発時の治療