腎臓癌を克服するために出来ることがあります。



banner_soudan2

早期腎臓癌の方は完全に腎臓癌を克服できるように、そして リンパ節転移や肝臓転移、肺転移、腹膜転移(腹膜播種)、骨転移や脳転移など転移が拡がっている進行腎臓癌、あるいは末期腎臓がんで余命宣告を受けた方もQOLを維持・向上し充実した人生が送れるよう、そして大幅な延命、治癒を目指せるようお手伝いできればと考えております。

メール相談は無料です。

皆様からのご相談をお待ちしております。

検査


腎臓がん(腎臓癌)の検査

dr_suzuki_s

初期の腎臓がん(腎臓癌)は自覚症状に乏しいですから、早期発見のためには検査が重要です。

他疾患の治療のために腎臓の様子を観察したとき、偶然見つかる腎臓がんが多々あります。腎臓と高血圧はときに密接な関係にありますし、糖尿病では腎障害を起こすことがあります。腎臓がん(腎臓癌)を疑わずとも腎臓の様子をチェックする機会は少なくありません。

詳しい検査を行えば、手術前にがんの位置や広がり方、静脈内への進展や肺転移の有無などを調べることができます。

腎臓がん(腎臓癌)の検査の種類

腎臓がん(腎臓癌)の検査には、腎臓がん(腎臓癌)を見つけるための検査、腎臓がん(腎臓癌)なのかどうかを診断する検査、腎臓がん(腎臓癌)の進展度を調べるための検査があります。

尿検査

尿の中に血液成分の赤血球が多く含まれていないかを調べる検査です。一般的な健康診断でも行われている検査です。ただし初期の腎臓がん(腎臓癌)では異常が見つからないケースも少なくありません。尿中のがん細胞の有無を調べる検査もあります。

赤血球が多く含まれる尿を血尿といいます。あきらかに赤い肉眼的血尿と、詳しく調べるとわかる顕微鏡的血尿があります。血尿は腎臓がん(腎臓癌)以外に膀胱がんや前立腺がん、結石や炎症などが原因になることもあります。

超音波検査(エコー検査)

体外から超音波を当てることで、体の中の様子を調べることができる検査です。腎臓がんにおいてもとても有用な検査です。血尿などの自覚症状がない初期の腎臓がんも発見することができます。

超音波は体の内部にまでとどき、体内の組織にあたって跳ね返ってくるという性質をもっています。組織によって跳ね返り方に差があり、それを画像化することで体内の様子を詳しく観察することができます。

体への負担がなく悪影響もない、検査と同時に映像を見ることができる、病変の有無だけでなく種類や広がり方などもおおよそ判別できる、などのメリットが多く、広く行われている検査です。

CT画像検査

体を輪切りにした写真を撮ることができます。広範囲でもあまり時間がかからずに撮影できます。超音波検査で腎臓がんが疑われた後の確定診断として行われます。また腎臓がんで起こりやすい肺転移やリンパ節転移などの状況を知る上でも有用な検査です。

造影CTを行うとさらに鮮明な画像を得ることができます。造影剤を注射してからCTで撮影すると、血流の多い腎臓は白くはっきりと見えるようになります。造影CTでは血管も観察しやすくなりますから、静脈内に進展しやすい性質を持つ腎臓がんに対してとても適した検査だといえます。

検査に伴う痛みなどはありませんが、撮影にはX線を使うためある程度の放射線被曝があります。

MRI(核磁気共鳴画像法)

CTのように輪切り写真を撮ることができます。CTで腎臓がんを確定できない場合や造影剤でアレルギーが出てしまう場合に使われます。

X線を使わない方法で撮影するので被爆の心配はありませんが、体の中に金属を入れている人は受けられないことがありますので必ず申し出てください。

PET検査

がんの遠隔転移を探すときに行われる検査です。がんに集まりやすい薬剤を投与し、しばらくしてから特殊な方法で撮影します。

がんに集まりやすい薬剤というのはブドウ糖に似た物質です。がんは増殖するために大量のエネルギーを必要としますが、そのエネルギー源となるのがブドウ糖です。

脳も大量のブドウ糖を消費しているので、脳転移を調べることはできません。また薬剤は尿中に排泄されるため、腎臓や膀胱も反応してしまい観察することができません。もともと血中ブドウ糖濃度が高い糖尿病の方では正確な検査ができません。

骨シンチグラフィー

骨の病変を調べる検査です。骨の痛みがあったり、血清ALP濃度が上昇するなど骨転移が疑われるときに行われることがあります。

骨の代謝が盛んな部分に集まる薬剤を投与しておいてから特殊な方法で撮影すると、体のどの骨に転移があるかを見つけることができます。骨折部分にも反応が出てしまうので、最近体をぶつけたことがある人は先に申し出てください。

腎臓がん患者さんの予後を改善する代替療法のススメ

当院では腎臓癌(腎臓がん)治療の副作用の軽減や再発・転移のリスクを抑えていくため、進行した腎臓がんの病状悪化を止め病状を改善するために積極的に代替医療を取り入れることをお勧めしています。通院が難しい方でも当院の代替医療を受けていただけます。詳しくは腎臓がん(腎臓癌)の無料相談をご利用ください。

banner_soudan2