胆嚢癌のQOL改善・予後改善方法について

胆嚢がん再発リスクと副作用の軽減/症状緩和/生活の質の向上

dr_suzuki_s

ごく初期の粘膜内に留まる胆嚢癌であれば外科手術によりほぼ根治できますが、早期がんも含めて手術ができた全症例の術後生存率をみると1年生存率は68%で、5年生存率は約42%で、ステージIVaでは24%、ステージIVbでは5.4%であることから、多くの場合手術をして抗がん剤治療をしただけでは再発・転移を防ぐことは困難ですいし、ある程度進行してしまった胆嚢癌の場合には、たとえ手術が成功しても再発・転移の可能性は極めて高いことはご理解いただけると思います

また、胆嚢癌全症例のうち手術が適応となるのは20%程度に過ぎませんから多くの胆嚢癌では手術ができないということになってしまいます。この場合の1年生存率は20%程度にとどまります。

早期の胆嚢癌であれば「根治治療」といって、「治る」ことを目標に治療計画を立てますが、「根治治療」も基本的には、遠隔転移の可能性を下げるための治療であって、遠隔転移や再発を100%防ぐことはできないのです。

食生活を含めた生活習慣を変えていくことも大切ですし、胆嚢癌が発生してしまった体を変えていくことも大切なことになってきます。胆嚢癌を取り除いたから病気が治ったのではなくカラダ全体が少しでも良い方向に向かうように考えていく必要があります。

国分寺鈴木医院の代替療法

当院の代替医療は遠方で通院不可でも受けていただけます。
胆嚢癌治療で当院の代替療法が勧められる方
  • 胆嚢癌の疑いがありこれから詳しい検査を行う方
  • これから胆嚢癌の手術を控えている方
  • 胆嚢癌手術後の再発予防を積極的に行いたい方
  • 胆嚢癌の手術後に進行がんの診断を受けた方
  • 進行胆嚢癌のため手術ができない方
  • 胆嚢癌の進行を抑えられていない方
  • 抗がん剤治療の副作用を軽くしたい方
  • 余命宣告を受けた末期胆嚢癌の方
  • 胆嚢癌治療に不安や不満を感じている方
当院の代替療法を胆嚢癌治療に取り入れるメリット
  • 患者さんの体に負担をかけずに体質改善が期待できます。
  • 放射線療法や抗がん剤治療との相乗効果が期待できます
  • 副作用の軽減・生活の質の向上、相乗効果が期待できます
  • 短期間で肝機能や腎機能、血液などの改善が期待できます。
  • 「手遅れです」「あきらめてください」と言い放たれた患者さんでも驚くほど改善することも少なくありません。

代替医療を併用することを否定されたら?

がんセンターや大学病院等には「代替医療を併用したら責任は持ちませんよ」「代替医療をやりたいのなら退院してください」などという医師が一部いるようです。

代替医療の併用に否定的なのは、「患者さんに副作用が生じた時に抗がん剤等の副作用なのか、それとも代替医療が原因なのかがわからなくなる」という理由であったり、あるいは「代替医療は高価だから」「代替医療にはエビデンスがないから」という理由もあるようです。

しかしこれらの否定的な意見は実際に優れた代替医療を使用したことのある医師からは聞かれません。

確かに種種雑多な治療法がありますし、治療効果も玉石混交ですから代替医療のメリット・デメリットを勉強するのは大変です。わからないことは拒否すれば、あるいは、排除してしまえば知る必要もありません。気にする必要もありません。

代替医療を排除するのは簡単なことです。しかし、代替医療を排除するということは、保険診療内の治療により十分に治療効果が得られず、副作用で苦しみ、病状が悪化している患者さんにしてみれば、痛みが和らいだり、体が楽になったり、食欲が出たり、あるいは気力がわくなどのQOL改善や、治療との相乗効果が期待でき延命する機会を奪われることになるかもしれないのです

当院の代替療法は手術や放射線療法、抗がん剤の治療などの治療の妨げになることはありません。むしろ治療による体への負担を軽減するのでQOL改善が期待できますし、相乗効果も期待できます

西洋医学の治療に限界を感じた方や、相乗効果を期待したい方、副作用を軽減したい方、痛みの軽減等QOL改善をしたい方、お気軽にお問い合わせください。

胆のうがん情報の関連記事
  • 胆のうがんトップ
  • 胆のうがん 特徴や発生原因
  • 胆のうがん 初期症状と末期症状
  • 胆のうがん 画像検査
  • 胆のうがん 腫瘍マーカー
  • 胆のうがん ステージと生存率・余命
  • 胆のうがん 手術
  • 胆のうがん 放射線治療・抗がん剤
  • 胆のうがん 再発・遠隔転移
  • 胆のうがん 痛みと症状改善