食道癌の手術療法

食道癌の手術の目的は2通りある

dr_suzuki_s

食道癌の治療において手術(外科)療法の目標とするものは大きく分けて2通りあります。

ひとつ目は、がん細胞を全て取りきれたと判断できる手術(根治手術)を行うことであり、がんを取りきる事ができた場合には食道癌が治る可能性が高まります。

ふたつ目は、食道癌を治すことはできないが、食道癌によって発生した症状を取り除くことで患者さんの苦痛が和らいだり、あるいは延命を目指した手術(姑息手術)です。

内視鏡的粘膜切除術(内視鏡治療:EMR)-食道癌の治療

内視鏡的粘膜切除術(内視鏡治療:EMR)は食道癌が粘膜にとどまっている場合に対象となる治療法で、内視鏡で見ながら食道の内側から粘膜内の食道癌を切り取る方法です。

他に内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)といって病変の下層部に薬剤を注入し病変を電気メスで徐々にはぎとる方法もあります。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)や内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)では食道はそのまま残りますし、入院期間も短くすみます。

ただし、切除した組織を顕微鏡で検査した結果、食道癌が取りきれていないと判断された場合や、食道癌がリンパ節に転移している可能性が高いと判断された場合には、追加で外科手術や放射線治療、抗がん剤治療(化学療法)などが必要になります。

外科療法(手術療法)-食道癌の治療

頸部食道がんの手術-食道癌の外科療法

頸部食道がんの手術では頸部(首)の部分を開き頸部食道と左右にあるリンパ節の切除を行います。さらに食道癌が咽頭や喉頭まで広がっている場合にはそれらも一緒に切除します。

切除した食道については再建手術が行われます。

喉頭には声を出すための声帯があるため喉頭切除を行うことで声を失うことになります。しかし食道発声や電気の振動で声を出す方法(人工発声装置)もありますので、発生法を習得することは可能です。

また喉頭には食べ物と空気との分岐点があり喉頭切除により分岐点もなくなります。そのため鼻や口から呼吸はできなくなりますし、臭いをかいだり、飲食もできなくなります。呼吸は永久気管孔というあなを開けて、このあなから行うことになります。

胸部食道がんの手術-食道癌の外科療法

胸部食道がんの手術は肋骨を切り離して切除して開胸し、肺をよけながら心臓や大動脈、気管から食道を剥離し、胸部食道とともに周囲のリンパ節も切除します。また頸部のリンパ節や腹部のリンパ節の郭清も行うという非常に大がかりなものになります。

さらに胃を持ち上げて頸部食道とつなぐ食道再建術も行われます。

腹部食道がんの手術-食道癌の外科療法

腹部食道がんの手術は頸部食道がんや胸部食道がんの手術と比べると規模も小さく、予後も良好です。

胸部食道の下部や胃の周辺リンパ節への転移が多いので、この部分のリンパ節郭清を行い、さらに胃を持ち上げて食道とつなぐ再建術を行います。

 

食道がん情報の関連記事
  • 食道癌トップ
  • 食道がん原因、特徴
  • 食道がん初期症状と末期症状
  • 食道がん診断・検査
  • 食道がんステージと生存率・余命
  • 食道がん手術
  • 食道がん放射線治療
  • 食道がん化学療法(抗がん剤)
  • 食道がん再発・転移