大腸癌の血液検査(腫瘍マーカー検査)

大腸癌の腫瘍マーカーの利点・欠点

dr_suzuki_s

腫瘍マーカーは正常な細胞からも多少はつくられますが、がん細胞から特に多くつくりだされるたんぱく質や酵素で、がん(癌)の有無や種類、進行状態を示す指標となります。腫瘍マーカーの検査は、一般に血液を採取するだけで用意に検査できるため広く普及しています。また、腫瘍マーカーの数も50を超えるまでになっています。

大腸癌では腫瘍マーカーの数値を調べることで手術後の取り残しがないか、抗がん剤や放射線治療の効果があったか、再発の兆候がないかなどをおおよその目安として判断することができます。

腫瘍マーカーの検査は採血するだけで簡便な方法ですが、いくつかの不確実な面もあります。

  • 腫瘍マーカーは偽陽性を示すこともある
  • ある程度大腸癌が進行しなければ陽性(高い値)を示さないことがある
  • 進行大腸癌でも陽性にならないこともある
  • 複数の臓器でつくられるためがん(癌)がある臓器を特定できない

そのため、腫瘍マーカーが高い値を示した場合でも、がん(癌)の疑いがあるに過ぎず確定検査には画像検査などを平行して行う必要があります。腫瘍マーカーが高値というだけではがんの確定診断はできません

大腸癌の腫瘍マーカー

現在、大腸癌の腫瘍マーカーとしては主にCEA、CA19-9、NCC-ST-439などが臨床の現場で用いられています。これら腫瘍マーカーは早期大腸癌の診断には陽性率が低く、がん発見のための検査としてはあまり有用ではありません。また、進行大腸癌でも約半数の症例で陽性を示すに過ぎず大腸がんを発見するという目的には向いているとは言えません。

腫瘍マーカーは再発・転移の指標や、手術や抗がん剤治療の治療効果の判定基準として用いられたり、術後の経過観察時に定期的に測定し腫瘍マーカーの上昇が見られたら再発を疑い画像検査を行うための1つの目安になります。

※各マーカーの基準値は使用するキットの違いで基準値が異なります

CEA-大腸癌腫瘍マーカー

【基準値:2.5(ng/ml)以下-RIA法/5.0(ng/ml)以下-EIA法】
CEAはもっとも一般的な腫瘍マーカーで、大腸癌以外にも大腸がんや胃がんなど消化器のがんや乳がんなどで数値の上昇がみられます。

そのため、CEAの値が高値を示しただけではがんの特定が難しいといえます。大腸癌の陽性率は約50%です。

CA19-9-大腸癌腫瘍マーカー

【基準値 37(U/ml以下)】
CA19-9はすい臓がん(膵臓癌)や進行した消化器系腫瘍(進行胃がんや大腸がん)などで高頻度かつ高濃度に検出される優れた腫瘍マーカーの一つです。良性疾患における偽陽性率は低く、その場合も100U/mlを超えるような異常高値例は比較的稀になります。

CA19-9は大腸癌以外では胃がん、膵臓がん、胆嚢がん、胆管がんなどのがんで高値になるケースが多くなります。大腸がんではステージ3以下では陰性例も多いため(陽性率30%以下)、CA19-9の値では大腸がんの有無を判断することはできません。

NCC-ST-439-大腸癌腫瘍マーカー

【基準値:7.0(U/ml)以下-EIA法】
NCC-ST-439は大腸癌の他消化器系の腫瘍マーカーとして利用され、膵臓癌、胆道癌、大腸癌、乳癌などの多種類の腺癌で高値となります。

初期の大腸癌では陽性率はあまり高くはありませんが、リンパ節転移や肝転移などをきたした場合の陽性率は高くなります。

大腸がん情報の関連記事
  • 大腸癌 | 症状、治療、転移
  • 大腸癌 | 原因(食事など)
  • 大腸癌 | 初期症状と末期症状
  • 大腸癌 | 視触診、便潜血反応検査
  • 大腸癌 | 画像検査
  • 大腸癌 | 腫瘍マーカー
  • 大腸癌 | 組織診・細胞診(生検)
  • 大腸癌 | ステージと生存率
  • 大腸癌 | 内視鏡的治療と手術
  • 大腸癌 | 放射線療法