大腸癌の画像検査

大腸癌の検査-注腸造影検査

注腸造影検査は肛門から大腸内にバリウムと空気を注入し大腸のX線撮影を行う検査です。

注腸造影検査ではポリープを切除したりがんの組織を採取して組織診断をすることはできませんが、大腸の一番奥(肛門から見て)の盲腸まで検査できることがほとんどです。

大腸癌の検査-大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査は内視鏡(ファイバースコープ)を肛門から大腸内に入れて大腸の内部を観察する検査です。

大腸内視鏡検査ではポリープを切除したり、病理組織診断のための生検を行うことができるため大腸癌の確定診断が出来ます。注腸造影検査より精度は高いのですが欠点としておなかに癒着がある場合など内視鏡が盲腸まで届かない場合があります。

大腸癌の検査-内視鏡超音波検査(EUS)

内視鏡超音波検査(EUS)は内視鏡の先端に超音波を発生する装置を付け、腸管や周辺臓器の断層像を確認する検査方法です。直腸がんが腸壁のどの深さまで進んでいるかやリンパ節転移の有無などを判断できるので手術前の評価として有用です。

大腸癌の検査-胸部X線検査(レントゲン)

胸部X線検査(レントゲン)は大腸がんの肺転移を発見するのに安価で簡便に行える検査です。患者さんへの負担が少なく胸部のおおまかな情報が速やかに行えるという利点がありますが、小さな病変や心臓や大血管と重なるときは検出が困難であるという欠点があります。

大腸癌の検査-CT検査

CT検査は大腸がんの肝転移や肺転移、骨盤内浸潤を発見するために行う検査です。CT検査には造影剤と呼ばれる薬を注入して撮影する造影CTと造影剤を使用しない単純CTとがあります。造影剤を用いるとコントラストが強調され病変が明確に検出できるなどメリットがありますが、アレルギーを持つ方や喘息、腎機能障害等がある場合は造影剤を用いず検査します。

最近ではマルチスライスCTと呼ばれる装置が増えてきました。従来のCT装置は1回転で1スライスの断層画像しか撮影できませんでしたが、マルチスライスCTでは1度に複数枚の断層画像を撮影することが可能です。より薄い断面を撮影し、そのデータをもとに様々な断面を表示させたり、血管や骨、臓器などを立体表示(3D)をさせることが可能になります。

短所としては放射線の被ばく量がX線検査のと比較して数十倍ととても多いことがあげられます。

大腸癌の検査-腹部エコー検査(腹部超音波検査)

腹部エコー検査(腹部超音波検査)は大腸癌が転移しやすい肝臓などに転移がないかを調べる検査で、体の中にある臓器などに超音波が当たって跳ね返ってきた信号が映像になって映し出されます。

超音波検査は人体に害が無く(非侵襲)、何回でも繰り返して行うことが出来ます。

大腸癌の検査-MRI検査

MRIとは核磁気共鳴画像法といって、X線ではなく強い磁場をかけて身体の中の状態を調べる検査法です。

メリットとしてはX線検査やCT検査のように放射線被爆がないということがあげられます。

一方デメリットは強い磁場がかかることで、ペースメーカーなどを使用されている方は検査を行うことができません。

微小肝転移の診断や直腸がんの膀胱や子宮、仙骨への浸潤状況などを診察するのに適した検査方法です。

大腸癌の検査-PET検査

PET検査はがん細胞が正常な細胞よりも活動性が高く、栄養となるブドウ糖を正常細胞よりも数倍取り込む性質を利用した検査で、がん細胞があれば、その部分に注入した薬剤(ブドウ糖に放射性物質を合成したもの)が集まります。

一度の検査で全身のがん検査が可能ですが、検査費用が高く頻繁に検査ができないという欠点もあります。また、PET検査だけでは大腸癌を正確に診断することはできませんので、CT検査などの診断との併用が必要です。

術後の経過観察中に通常のCT検査やMRI検査では異常が認められないが腫瘍マーカーの上昇から再発・転移が疑われるような場合にPET検査が有効なことがあります。

大腸がん情報の関連記事
  • 大腸癌 | 症状、治療、転移
  • 大腸癌 | 原因(食事など)
  • 大腸癌 | 初期症状と末期症状
  • 大腸癌 | 視触診、便潜血反応検査
  • 大腸癌 | 画像検査
  • 大腸癌 | 腫瘍マーカー
  • 大腸癌 | 組織診・細胞診(生検)
  • 大腸癌 | ステージと生存率
  • 大腸癌 | 内視鏡的治療と手術
  • 大腸癌 | 放射線療法