大腸がん(大腸癌)の初期症状・大腸がん(大腸癌)の自覚症状

右側結腸(盲腸・上行結腸)や横行結腸に発生するがんの症状

盲腸がんや上行結腸がん、横行結腸がんが発生しても腸内の内容物は液状の為、腸閉塞や便の通過障害を起こしにくく一般にはがんが進行してから症状が現れます。

腹痛や腹部の不快感(腹部膨満感)などが多く見られるほか、固いしこりが触れることもあります。血便に気が付くことも少ないのですが、腫瘍からの出血が続くことで貧血になって気が付くことも多くなります。

左側結腸(下行結腸がん・S状結腸がん)の症状

左側結腸がんでは右側結腸がんよりも自覚症状がはっきりしているので発見は早い傾向があります。

左側結腸では腸の内容物(便)が固型となっているのでがんからの出血があると血便を認めることが多くなります。また、がんによって腸が細くなると便の通過障害や腸閉塞、便秘と下痢を繰り返す便通異常などの症状が現れることがあります。

直腸がん(直腸癌)の症状

直腸は肛門に近いため左側結腸がんよりもさらに血便や下血に気づきやすくなります。直腸がんが発生すると便の通り道が狭くなるので便が細くなることもあります。しかし痔の症状と区別がつきにくいこともあるので注意が必要です。

進行大腸がん(大腸癌)の症状

大腸がん(大腸癌)が進行すると、肝臓転移や肺転移、骨転移などをきたします。

大腸がん(大腸癌)が肝臓に転移すると食欲不振や倦怠感、黄疸症状が現れたり、背中や腰、腹部に痛みを訴えることがあります。肺に転移すると呼吸が苦しくなったり、咳が続いたり、血痰が出ることもあります。骨に転移すると転移した部分の骨に強い痛みがでてきたり骨がもろくなって骨折することもあります。腹水がたまり食欲不振になったり、尿が出にくくなったりすることもあります。

腸閉塞をおこすとお腹が張ったり、痛みが出たり、吐き気がしたり、嘔吐することもあります。

がんが周囲の臓器に浸潤することによって極めてまれですが内腸瘻(ないちょうろう)といって腸と他の臓器の間に異常な通り道ができることがあります。

大腸がん(大腸癌)を疑い時間をすごすより早期の医療機関受診を!

腹痛や腹部膨満感が続いたり、固いしこりが触れたり、出血や下血、便の通過障害、便通異常などが見られたり、腸閉塞により嘔吐するなど上に書いたような自覚症状が見られたときには放っておかず、できるだけ早く医療機関を受診することをお勧めいたします。

また、進行大腸がん(大腸癌)が疑われる場合でも、「確定診断が怖い」「手術をしたくない」「治らないから」「仕事が休めない」などの理由により医療機関緒受診をためらうかたもいらっしゃるようですが、受診するのに遅すぎるということはありません。適切な診断を受け、治療を行うことは患者様の利益につながりますので、受診を強くお勧めいたします。

当院では大腸癌と診断されてもQOL(生活の質)を維持していくためには体力を付け、免疫を整えていく事が大切だと考えています。
 
患者さんやご家族・ご親戚・ご友人など皆様の笑顔が戻るように最大の努力を惜しむことなく相談・診察にあたります。

>> 代替療法のご相談はこちら <<

大腸がん情報の関連記事
  • 大腸癌のステージ、手術、治療、転移-QOL維持【国分寺鈴木医院】
  • 大腸癌とは?-発生原因や死亡数など【国分寺鈴木医院】
  • 大腸癌の初期症状と末期症状【国分寺鈴木医院】
  • 大腸癌の検査-視触診、便潜血反応検査【国分寺鈴木医院】
  • 大腸癌の内視鏡検査、CT検査、エコー検査など【国分寺鈴木医院】
  • 大腸癌の腫瘍マーカー検査(血液検査)【国分寺鈴木医院】
  • 大腸癌の検査-組織診・細胞診(生検)【国分寺鈴木医院】
  • 大腸癌のステージ(進行病期)と生存率【国分寺鈴木医院】
  • 大腸癌の内視鏡切除・腹腔鏡下切除・外科手術【国分寺鈴木医院】
  • 大腸癌の放射線治療-いつ放射線療法を行うか【国分寺鈴木医院】
  • 大腸癌の化学療法(抗がん剤治療)【国分寺鈴木医院】
  • 大腸癌が再発・転移した時の治療【国分寺鈴木医院】