鈴木式 乳癌 治療戦略

乳癌治療の第一歩は正しい現状把握から

このページをご覧頂いているのは、乳がんと診断された患者様や、ご家族・ご親戚・ご友人など大切な方が乳がんと診断された方だと思います。

これから乳癌の治療を受ける方や現在治療中の方もいらっしゃるでしょうし、一通り乳癌治療を行ったが再発や転移が不安だという方もいらっしゃるかもしれません。

進行乳癌のため手術適応とならない方や、手術後に放射線治療やホルモン療法、抗がん剤の治療など積極的治療を行ってきたが、治療の甲斐なく乳がんの病状進行を抑えることができず医師から辛い宣告をされた方もいらっしゃることでしょう。

乳癌治療においては、主に外科的手術・放射線療法、化学療法(抗がん剤等)、ホルモン療法などの治療が柱となります。

最近は早期の乳がんに対して乳房温存療法(乳房温存手術と手術後の温存乳房への放射線照射)が選択されることが多くなりました。

乳房温存療法は再発率を高めることなく美容的にも優れた治療法ですが、放射線療法の副作用が問題になることがありますし、また残念なことに早期乳がんで温存療法後に再発されてしまう方もいらっしゃいます。

胸筋温存乳房切除術(乳房全摘手術)後には化学療法(抗がん剤等)やホルモン療法、放射線療法などが行われますが、やはり治療による副作用で辛い思いをされている方が多く見受けられます。

乳癌が再発・転移すると通常の治療だけでは不十分

手術後に再発・転移した乳癌の治療は抗がん剤の治療が中心となりますが、症状緩和が主な目的になることを知っておく必要があります。

初診時に肝臓や肺、骨、脳などに転移を有する進行がんと診断された場合は手術適応とはなりません。この場合も抗がん剤治療やホルモン療法が中心となりますが、やはり長期にわたり病状進行を抑えていくことは難しいのが現実です。

 

 

乳癌情報目次

  1. 克服する治療法
    今ご覧いただいているこのページです
  2. 統計や分類
    乳癌の統計や乳がんの組織分類について
  3. 発生原因
    乳癌発症の危険因子について
  4. 初期症状・自己検診
    乳癌の初期症状や進行した時の症状について。自己検診法の紹介。
  5. 視触診、画像検査
    乳癌視診・触診やマンモグラフィー、その他画像検査について
  6. 組織診・細胞診(生検)
    乳癌の穿刺吸引細胞診、針生検、外科生検について
  7. 腫瘍マーカー
    乳癌の腫瘍マーカー(CA15-3やCEA、NCC-ST-439など)について
  8. 乳癌ステージと生存率・余命
    乳癌TNM分類による乳がんの進行度(ステージ)と5年生存率について
  9. 温存手術と全摘手術
    乳房温存療法や胸筋温存乳房切除術、腋窩リンパ節郭清、センチネルリンパ節生検について
  10. 放射線治療・ガンマナイフ
    乳房温存手術後や乳房全摘手術後、その他放射線療法について
  11. ホルモン療法
    ホルモン療法(閉経前ホルモン剤、閉経後ホルモン剤)について
  12. 抗がん剤治療
    乳癌治療で使われる抗がん剤の種類や抗がん剤の副作用、効果判定基準について
  13. 再発・遠隔転移
    乳癌の局所再発、遠隔転移(肺、肝臓、骨、脳など)について
乳癌情報の関連記事
  • 乳癌治療について
  • 統計や分類
  • 発生原因
  • 初期症状・自己検診
  • 乳癌の視触診、画像検査
  • 乳癌の組織診・細胞診(生検)
  • 乳癌の腫瘍マーカー
  • 乳癌のステージと生存率・余命
  • 乳癌の温存手術と全摘手術
  • 乳癌の放射線治療