胆管癌の画像検査

胆管癌の診断に用いる画像検査

dr_suzuki_s
胆管癌は手術による摘出が「できる」か「できない」かが予後を大きく左右します

皮膚や眼球の白目の部分が黄色くなったり、便の色が白っぽくなったり、尿の色が濃くなるなど黄疸症状が現れたり、身体のかゆみや腹部痛、体重減少、食欲不振、全身倦怠感などが続く場合には速やかに医療機関を受診し検査を受けることが大切です。

胆管癌の検査-腹部超音波検査(エコー検査)

超音波検査(エコー検査)は胆管癌が疑われる場合に最初に行われる検査で超音波診断装置を使用する検査で、体の中にある臓器などに超音波が当たって跳ね返ってきた信号が映像になって映し出されます。

超音波検査は人体に害が無く(非侵襲)、何回でも繰り返して行うことが出来ます。特別な処置を必要とせず外来で簡便に検査を行えます。閉塞性黄疸の場合には胆管の閉塞部を知ることができますし、腫瘍をとらえられる場合もあります。

膵臓は身体の深い部分にあり、膵臓の手前には胃や腸があり胃や腸の中の空気が膵臓への超音波到達を邪魔するので超音波検査では詳細な情報を得る事ができない場合があります。その欠点を補うために開発されたのが超音波内視鏡検査になります。

胆管癌の検査-CT検査

CT検査(CTスキャン)はX線で体の内部を描き出し病変の状態や周辺のう臓器へのがんの広がり、転移の有無などを調べる検査です。超音波検査で調べきれなかった場合でも胆管癌を見つけることができる事があります。また、肝臓転移や肺転移、リンパ節転移、周辺臓器への浸潤、腹水貯留の有無などを観察するにはとても有用な方法です。

最近ではダイナミックCTやヘリカルCT、マルチスライスCTなど造影効果がより鋭敏な撮影法も開発され、より小さな胆管癌も見つける事ができるようになってきています

ただし、CT検査では強いX線を浴びることになりますから、被爆のリスクも伴うため、頻回な検査は避ける事が望まれます。また、造影剤を使用する場合、アレルギーが起こることがあるのでアレルギーの経験のある人は事前に申し出るようにしてください。

胆管癌の検査-内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP検査)

ERCP検査は十二指腸内視鏡を口から入れて十二指腸まで送りこみ、この内視鏡を通じてカテーテルという細い管を胆管に入れて膵管まで通し、ここから胆管や膵管に造影剤を注入して胆管と膵管やその枝分かれした部分のX線画像を撮影する検査です

MRCPの検査よりも鮮明な画像を得ることができますが、膵炎などの合併症が起こる可能性が数%程度あることや技術的に難しい検査であることなどの理由から最近では以下で紹介するMRCP検査の方が多く行われるようになってきました。

胆管癌の検査-磁気共鳴胆管膵管造影(MRCP検査)

MRCP検査はMRI検査(核磁気共鳴画像検査)を応用した検査です

MRCP検査は膵管像や胆管像を構築する事ができ、CT検査と違ってX線の被爆がないことや造影剤を胆管や膵管(すいかん)に直接注入する必要がないなど患者さんへの負担が少ないことが大きな利点になります。胆管と膵管の造影ができ狭窄や閉塞などの症状がでていれば見つけることができます。

胆管癌の検査-経皮経肝胆管造影法(PTC検査)

経皮経肝胆管造影法(PTC検査)は、がんの為に胆汁の流れがせき止められ太くなった胆管の上流部分に直接針を刺し、造影剤を注入し胆嚢や胆管の状態を調べる検査です。

胆管の狭窄・閉塞の様子が詳しくわかりますし、胆管癌がある部分や胆管癌の広がり具合の診断にも有用です。

同時に黄疸の治療として流れがせき止められている胆汁を身体の外に導く処置を行うことも多いです。これをPTCT(経皮経肝胆道ドレナージ術)といいます。取り出した胆汁の中にがん細胞が見つかれば胆管癌の確定診断となります。

胆管癌の検査-PET検査

PET検査はがん細胞が正常細胞に比べて3~8倍のブドウ糖を取り込む、という性質を利用します。ブドウ糖に似た物質に目印をつけて(FDG)体内に注射し、しばらくしてから全身をPETで撮影します。するとFDGが多く集まるところがわかり、がんを発見する手がかりとなります。
転移病変の存在診断に威力を発揮することもありますが、まだ、標準的な検査といえるまでには普及していません。

胆管癌情報の関連記事
  • 胆管癌について
  • 胆管がん 特徴、発生原因
  • 胆管がん 初期症状
  • 胆管がん 画像検査
  • 胆管がん 腫瘍マーカー
  • 胆管がん 進行度(ステージ)と生存率
  • 胆管がん 手術
  • 胆管がん 放射線療法・化学療法
  • 胆管がん 再発・転移
  • 胆管がん 痛みと症状改善