胆管癌を克服するためにできることがあります。



banner_soudan2

手術できた胆管癌の方は完全に胆管癌を克服できるように、そしてリンパ節転移や肝臓転移、肺転移、骨転移、腹膜播種など進行した胆管癌の方、あるいは末期胆管がんと宣告された方も胆管癌の名医と言われる方に治療が難しいといわれた方もQOLを維持・向上し充実した人生が送れるよう、そして大幅な延命、治癒を目指せるようお手伝いできればと考えております。

メール相談は無料です。

皆様からのご相談をお待ちしております。

初期症状


胆管癌の初期症状

胆管癌は黄疸症状で発見されることが多い

dr_suzuki_s

胆管癌は胆嚢がんと違って胆汁の流れ道にできるがんですから比較的小さながんでも胆汁の流れが妨げられ(胆汁の鬱滞)黄疸症状が現れて胆管癌が見つかることがあります

胆管癌の初発症状の90%は黄疸です。その他には掻痒(そうよう)感、軽度の上腹部痛、体重の減少なども半数程度の症例で認められます。

黄疸症状としては皮膚や眼球の白目の部分が黄色くなったり、便の色が白っぽくなったり、尿の色が濃くなったりします。かゆみを自覚することもあります。

黄疸を伴わない症例では腹部痛や発熱、食欲不振、全身の倦怠感(けんたいかん)などが初発症状として現れることが多いようです。

しかしながら無症状の症例もあり、この場合には早期発見は困難といえます。

胆管癌が進行すると、体重の急激な減少背中の痛み腹部の腫れみぞおちの辺りの痛みが出てくることがあります。また、便通異常(下痢や便秘)が続くこともあります。

さらに胆管癌が進行して癌性腹膜炎を起こした場合には腹水を呈することもあります。

胆管癌になると食欲不振や体重の減少がしばしば起こります。

胆管癌による背中や腹部の痛みは、がんが周囲の神経に浸潤した場合や、炎症が起きた場合、肝臓が腫れる場合などに起こります。

このほかにも全身倦怠感、悪心・嘔吐などの症状が現れることもあります。

胆管癌を疑い時間をすごすより早期の医療機関受診を!

特に急激な体重減少や黄疸症状、腹部痛や背部痛が続く場合、病気ではないかと常に考えている状況は、ストレスが発生し、病気の原因となりやすいため、異常に気が付いたときには放っておかず、できるだけ早く医療機関を受診することをお勧めいたします。

胆管癌は、通常の腹部超音波検査やCT検査、MRI検査などの画像検査(※胆管がんの画像検査参照)で判断できることが少なくありません。

また血液検査(腫瘍マーカー)が反応することもあります

進行胆管癌が疑われる場合でも、「確定診断が怖い」「手術をしたくない」「治らないから」「仕事が休めない」などの理由により医療機関緒受診をためらうかたもいらっしゃるようですが、受診するのに遅すぎるということはありません。適切な診断を受け、治療を行うことは患者様の利益につながりますので、受診を強くお勧めいたします。

banner_soudan2