胆管癌を克服するためにできることがあります。



banner_soudan2

胆管癌の名医をお探しの方へ

胆管癌の名医と言われる先生は日本にも何人かいらっしゃいますが、
名医と呼ばれる先生方は常に多くの胃癌患者を抱えているためすぐに治療を受けることが
難しいようです。
名医の先生の治療を受けるまでの間の病状コントロールや体調維持のために、
当医院の代替療法を受けてみませんか?
無料メール相談を受け付けておりますので、
お気軽にお問い合わせください

胆管がん 体験談


最初は背中の痛みから

自分が胆管癌になった時のことですが、最初は背中の痛みから始まりました。いくら寝ても全く収まる気配がなかったので医者に相談に行ったところ胆管癌と診断されそこから入院です。そして詳しく診断してもらったら肝臓まで転移をしており、背中にもひどい痛みが永続的に続いてくるのと同時に肌荒れもひどくなっていったのです。

そしてあまりの痛さに家族にもイライラを当り散らしたのですが、それでも暖かく見守ってくれてひどいことをしたなと今では反省しています。

そして薬を使っての治療を行っていきましたが、こういった薬は副作用がとても強いので苦しかったです。まず気持ち悪いのが続いておう吐がことあるごとに出続けますし、寝ていても気持ち悪くて耐えることができない状態です。さらに白血球の減少から体の免疫が弱ってきていますし、体がむくみやすくなっており、自分でもひどいと思える状態になったのがあります。ただ治療のかいがあってよくなって今では無事に生活できています。

胆管癌の時に飲んだフコダイン

以前に胆管癌になってしまいとても目の前が真っ暗になったことがあったのを覚えています。その時はどうしたらいいかもわからない状態でしたが、とにかくすぐに手術が必要といわれて手術をうけたのです。がん細胞が小さくなってもほかに転移したり増殖したりする可能性があるため、転移を防ぐための治療を行ったのですがこれが地獄の日々の始まりです。

毎日気持ちわるいのと同時にご飯も食べられなくなり、寝ているのもやっとの状態です。その時に知り合いの方にフコダインというものを勧められて飲むようにになっていきました。

最初は怪しいものだと思っていましたが、飲み続けていくうちにとても楽になっていき食欲も出るようになりご飯も普通に食べられるまで回復していったのです。さらに飲み続けると体から元気もあふれていきましたし、検査した時の数値も正常に戻ってがんがほかに転移しない状態まで回復していったのです。今考えると飲んでよかったと考えています。

胆管癌の症状

私も胆管癌になってしまい医者から詳しく説明を受けましたが、この医者の説明で詳しい症状が分かったのですが、一般の人にはなかなかわからないことが多いです。

まずは家族にも指摘されましたが目の白い部分が黄色くなってしまうことがありますし、皮膚についても黄色くなってしまうということがあります。これは黄胆というものが関係ありますが、これも胆管癌の進行に関係があります。

さらに便の色も白っぽい色になってきて自分の体に何か異常があるということが把握できるようになります。この時点でとても気持ち悪く思えてしまうのですが、人に相談するのが怖くて放っておきます。しかしこれが命取りになり病状がどんどん進行していき取り返しのつかないことになっていきます。

さらに尿の色の濃くなっていきますし、体全体がとてもかゆくなって、体をかいてしまうのを止められなくなってしまいます。そのためこうした症状が出たらすぐに相談することをお勧めします。

胆管癌の進行での体の状態の変化について

自分は胆管癌を患ってしまいましたが、これお病状の進行によりステージが全く違ってきます。
このステージの度合いによって体にかかるダメージや感覚が違ってきます。
まず初期段階はがんが体の中にある状態で胆管の中にあるだけの状態です。
ここで体に異変を感じることはなかなかなく、がんを見つけるのはとても難しいですのでほとんどの人がここでは気づかないです。
そして進行していくと胆管の近くの臓器やリンパに転移していくことのですが、
ここで少しずつ体に痛みが出てきます。おなかや腰が痛くなったりしていきますし、
体も徐々にだるくなったりしていきます。
そしてここから様々な臓器にまで広がっていき体への負担がさらに大きくなり、
立つのも難しくなったりしますし気持ち悪さや節々などの痛さで、日常生活が困難になったりしていきます。
そしてもっとひどくなるとがん細胞が広がりすぎている状態でがん細胞を取り除くのが困難ですし、
取り除いても転移する確率も高く完治が難しいです。

banner_soudan2