高濃度ビタミンC療法


がん(癌)の方にお勧めの高濃度ビタミンC点滴療法

高濃度ビタミンCは副作用のない抗がん剤

dr_suzuki_s

高濃度のビタミンCは抗がん剤の一種です。 ビタミンCは自分が酸化されることで強力な抗酸化作用を発揮し、大量の過酸化水素(正常細胞には無害)を発生させます。

大量発生した過酸化水素はがん細胞を殺します。一方で過酸化水素は正常な細胞には無害ですから、副作用のほとんどない、画期的な抗がん剤といえます。

高濃度ビタミンC点滴療法は、大量のビタミンCを一気に血液に投与する事で血中のビタミンC濃度を急上昇させるのがポイントになります。一般の薬局で販売されているビタミンCでは血中濃度が十分に上昇しないため、ほとんど抗がん作用は望めません。

また、当院では高濃度ビタミンC点滴療法の治療効果を高めるため、ただビタミンCだけを大量に投与するのではなく、各種ビタミンやミネラルを配合した補助点滴を行っています。さらに相乗効果が期待できるサプリメントも服用して頂きます。

以上により、高濃度ビタミンC点滴療法の効果は最大限発揮されるようになります。

高濃度ビタミンC点滴療法の治療頻度

当院でビタミンC療法を行う場合、1週間に2~3回点滴を行い(病状によって回数は異なります)、点滴日以外はサプリメントのビタミンCおよびビタミンCの効果を引き出すため虫草エキス・パウダーなどのドクターズサプリを服用していただきます。

当医院で扱うビタミンC製剤

添加物に使われている純度の低いビタミンCを大量投与した場合、副作用を引き起こす可能性が高いので、抗がん作用目的での高濃度ビタミンC点滴療法の場合、防腐剤等を一切使っていない純粋なビタミンCを使用しなければなりません。

そのようなビタミンCは国内製品ではないため当院が行うビタミンCはアメリカからの直輸入品を利用しています。

【がん(癌)の治療効果を高めたいと希望されている方はぜひ一度ご相談ください。】

banner_soudan

banner_soudan2