子宮癌治療の相談受付中

  • 余命宣告を受けてしまった方
  • 治療法は無いと宣告された方
  • 強い痛みや転移、衰弱が進んだ方
  • 肝臓や肺、腹膜、骨、リンパ等に転移し手術できない方
  • 抗がん剤や放射線治療の副作用を軽減したい方
  • 術後の再発・転移を抑えたい方
  • 検査中・手術前の方
  • 生活の質を大切にしたいとお考えの方

banner_soudan2

早期子宮がん(子宮癌)の方は完全に子宮がん(子宮癌)を克服できるように、そして リンパ節転移や肝臓転移、肺転移、腹膜転移(腹膜播種)など転移が拡がっている進行子宮がん(子宮癌)、あるいは末期子宮がん(子宮癌)で余命宣告を受けた方もQOLを維持・向上し充実した人生が送れるよう、そして大幅な延命、治癒を目指せるようお手伝いできればと考えております。

子宮癌(子宮頸がん、子宮体がん、子宮肉腫)トップ


子宮癌の予後改善のために

子宮癌治療の第一歩は正しい現状把握から

子宮癌はどのような癌なのでしょうか?

子宮癌は子宮内膜にできる子宮体癌と子宮頸部にできる子宮頸癌とで発症の危険因子(なぜがんになるのか、どのような場合に癌になりやすいのか)が異なってきます。

一般に行われている子宮がん検診は子宮頸癌の検査であって、子宮体癌の検査は行わないことも珍しくありませんので、注意が必要です。

子宮体部に発生する子宮肉腫についても解説していきます。

子宮頸癌について

子宮頸癌の発生原因の主なものはHPV(ヒト・パピローマ・ウイルス)というウイルスによる感染です。HPV感染は性行為経験がある女性であれば、どなたでも起こりうるリスクです。そして、子宮頸癌は0期で発見されればほぼ100%近く治癒が期待できる病気です。

従いまして、性行為の経験がある女性は定期的に子宮ガン検診(子宮頸部をめん棒のようなものでこすり細胞を調べる検査)を受けることを強くお勧めします。

自覚症状
がんが進行するに伴って膣からの不正出血が見られたり、性交後の出血、性交痛が見られることがあります。さらに進行した場合には血便や血尿が出ることもありますが、このような症状が現れた場合には既に転移している可能性が高くなります。しかし実際には初期の子宮頸癌は自覚症状に乏しく、進行するまで気がつかないことも少なくありません。

詳しくは子宮頸癌の特徴と発生原因をご覧ください。

子宮体がんについて

子宮体癌は欧米では婦人科がんのなかで最も多いがんになります。

日本では子宮体がんよりも子宮頸がんに罹患する患者さんが多かったのですが、食生活の欧米化や少子化・晩婚化といったライフスタイルが変化するに伴い、着実に増えてきている癌です。

年齢層としては40歳以上の方がほとんどで、60歳代~70歳代の患者さんが多い傾向があります。

多くの子宮体癌の発生にはエストロゲン(卵胞ホルモン)が関わっています。動物性脂肪を多くとられる肥満の方や、出産数が少ない(出産経験がない)方では子宮体がんが多く発生するリスクが高まります。

自覚症状
がんが進行するに伴って膣からの不正出血が見られたり、過剰な月経出血がみられることがあります。おりものの色や臭いに異変がみられることもあります。ですが初期には自覚症状が出ない人もいますので気を付けなくてはなりません。

詳しくは子宮体癌の特徴と発生原因をご覧ください。

子宮体肉腫について

子宮肉腫は子宮体部に発生する悪性腫瘍です。
希な病気ですが、予後が極めて悪いことが知られています。

子宮体部には良性腫瘍の子宮筋腫も発生しますが、区別しにくく、治療が遅れると危険です。症例が少ないため標準となる治療法が確立されていません。子宮肉腫の発生に関わるはっきりとしたリスクは判明していません。

自覚症状
月経に関わらない不正性器出血や腹痛や圧迫感が起こることがあります。月経時に症状が出やすい子宮筋腫と異なります。ですが早期の子宮肉腫では自覚症状が見られないことも多いので注意が必要です。

詳しくは子宮肉腫の特徴と子宮筋腫との違いをご覧ください。

子宮頸癌情報目次

  1. 子宮頸がんの特徴と発生原因
    子宮頸癌の原因ウイルスのHPVについて
  2. 子宮頸がんの初期症状と進行時の自覚症状
    子宮頸癌の自覚症状が現れる時期について
  3. 子宮頸がんの検査
    子宮頸癌のHPV検査、細胞診、コルポ診、狙い組織診、円錐切除術、細胞診のクラス分類について
  4. 子宮頸がんの腫瘍マーカー
    子宮頸癌で有用な腫瘍マーカー(SCC、CAE、CA125)について
  5. 子宮頸がんの進行度と5年生存率
    子宮頸癌のFIGO進行期、TNM進行期分類と5年生存率について
  6. 子宮頸がんの手術
    子宮頸癌のレーザー蒸散術、円錐切除術、子宮全摘術について
  7. 子宮頸がんの放射線療法
    子宮頸癌の外部照射、腔内照射、放射線化学療法について
  8. 子宮頸がんの化学療法(抗がん剤治療)
    子宮頸癌に用いられる抗がん剤の種類や抗がん剤の副作用、効果判定基準について
  9. 子宮頸がんの再発・遠隔転移
    子宮頸癌の局所再発、遠隔再発の治療、遠隔転移について
  10. 子宮頸がんの副作用軽減、症状緩和、予後改善
    子宮頸癌のQOL(生活の質)改善・予後を改善するためには?

子宮体癌情報目次

  1. 子宮体がんの特徴と発生原因
    子宮体癌の発生に関わるエストロゲン(卵胞ホルモン)や組織型別の特徴などについて
  2. 子宮体がんの初期症状と進行時の自覚症状
    子宮体癌の自覚症状が現れる時期や検診について
  3. 子宮体がんの検査
    子宮体癌の経膣超音波検査、子宮鏡検査(ヒステロスコピー)、細胞診、組織診、CT検査、MRIについて
  4. 子宮体がんの腫瘍マーカー
    子宮体癌で有用な腫瘍マーカー(CA125、CA19-9)について
  5. 子宮体がんの進行度と5年生存率
    子宮体癌のFIGO進行期、TNM進行期分類と5年生存率について
  6. 子宮体がんの手術
    子宮体癌の子宮全摘出術、進行期別の術式について
  7. 子宮体がんの放射線療法
    子宮体癌の外部照射、腔内照射、放射線化学療法について
  8. 子宮体がんの化学療法(抗がん剤治療)
    子宮体癌に用いられる抗がん剤の種類や抗がん剤の副作用、効果判定基準について
  9. 子宮体がんの再発・遠隔転移
    子宮体癌の局所再発、遠隔再発の治療、遠隔転移について
  10. 子宮体がんの副作用軽減、症状緩和、予後改善
    子宮体癌のQOL(生活の質)改善・予後を改善するためには?

子宮肉腫情報目次

  1. 子宮肉腫の特徴と子宮筋腫との違い
    子宮肉腫の組織型別の特徴や子宮筋腫との特徴の違い
  2. 子宮肉腫の検査と治療法
    子宮肉腫の検査や組織型別の治療方針
  3. 子宮肉腫の進行・再発時の治療と予後改善
    難しい進行・再発子宮肉腫の治療に関する情報とQOL(生活の質)を改善する方法

子宮癌の体験談

がん検診のお知らせ

30歳の時、自治体で行っているがん検診のお知らせが届きました。
クーポン券もついていたので、いい機会だと思い子宮がん検診を受けました。
しばらく経って検診の結果が届き、「子宮頸がんの疑いがある」の文字に驚きました。
自覚症状も全くないし、近親者に子宮頸がんの経験者もいなかったので
まさかと思いながら再検査を受けました。
再検査の結果、初期の子宮頸がんだと診断されました。
一瞬頭の中が真っ暗になり、今後のことなどを考えると不安でいっぱいでしたが、
幸い早期の発見だったため、異常な組織だけを取り除く手術を行い
1週間ほどの入院で済みました。
その後、子供にも恵まれて無事出産することもできました。
日本の女性が発症するがんの1位は子宮がんだと言われるほど、多くの人がなりうる病気です。
特に自覚症状がなく、近親者に子宮がんの人がいなくても、
定期的に検診を受けることをお勧めします。
早期発見であれば、最低限の治療で済みますし、妊娠出産も諦めずに済みますよ。

不妊治療のはずが子宮癌の治療に

私が子宮癌と宣告されたのは、よりによって不妊治療に行った病院でした。まずは子供ができない原因を調べましょうということで、私も夫も検査を受けたわけですが、その過程で子宮癌が見つかったという経緯です。なんの自覚症状もないうちに発見したのですから考えようによっては早期発見で良かったのかもしれませんが、子供が欲しくて行った病院で子供がもう作れないことを宣告された私はショックでしばらく力が入りませんでした。しかも子宮は全摘出、長期間入院もしました。治療はとても辛いもので、髪の毛もほとんど抜け落ちました。看護師さんが、カツラもありますよ、と言ってくれましたが、慰めにはなりませんでした。お洒落が好きだった私が化粧もできず、髪がなくなり、頬がこけ、生きる希望すら見失いそうになりました。それでもなんとか病気に立ち向かうことができたのは、遠くからお見舞いに来てくれた両親や夫のためです。母は心労で痩せてしまいました。親より先に死ぬわけにはいかないと思った途端、辛い治療にも耐えることができるようになりました。家族に感謝しています。

とてもおなかが痛くて

私は子宮癌にかかってしまい人生に対して何も希望を持てなくなってしまったことがあります。私は付き合っている彼氏がいて結婚が決まっていた矢先の診断です。とてもおなかが痛くて困っていたので病院に行ったら、看護師や医師から深刻な顔で子宮癌と言われましたが、未だにそのときのことを覚えています。

何がなんだか分からない状態になり、頭の中がパニックになるのと同時に女性として人生は終わってしまったと感じてしまったのです。自分は子どもが好きで愛する彼氏との子どもも生みたいと考えていたのでこれが出来ないショックと、彼氏も子どもが好きで将来は何人も子どもが欲しいと言ってたので嫌われると頭の中によぎったのです。

そしてしばらく入院して手術して、ベッドでゆっくりしてたときに彼氏から言われた言葉が忘れられないです。子どもを生むことが出来ないのは残念かもしれないけど命があったんだから良かったし、元気な君と一緒にいられるなら子どもはいらないと言われたときは泣いてしまったのを今でも覚えています。