膵臓癌治療の相談受付中

  • 余命宣告を受けてしまった方
  • 抗がん剤や放射線の効果が無く治療法が無いと言われた方
  • 強い痛み、食欲不振、衰弱が進んだ方
  • 肝臓や腹膜、肺、リンパに転移があり手術できない方
  • 抗がん剤や放射線治療の副作用を軽減したい方
  • 術後の再発・転移を抑えたい方
  • 生活の質を大切にしたいとお考えの方

banner_soudan2

膵臓癌トップ


膵臓癌の予後を改善する治療法

膵臓癌治療の第一歩は正しい現状把握から

このページをご覧頂いているのは、膵臓癌と診断された患者様や、ご家族・ご親戚・ご友人など大切な方が膵臓癌と診断された方だと思います

これから膵臓癌の治療を受ける方や現在治療中の方もいらっしゃるでしょうし、膵臓癌の手術を行ったが再発や転移が不安だという方もいらっしゃるかもしれません。

進行膵臓癌のため手術適応とならない方や、手術後に放射線治療や抗がん剤の治療など積極的治療を行ってきたが、治療の甲斐なく膵臓癌の病状進行を抑えることができず医師から辛い宣告をされた方もいらっしゃることでしょう。

すい臓癌(膵臓癌)の種類

膵臓から発生したがんのことを一般に膵癌と呼びます。膵臓は胃の後ろにある長さ20cmほどの細長い臓器です。

右側はふくらんだ形をしており左側は細長い形をしています。右側を頭部、左側を尾部、その間の1/3ほどを体部と呼び、それぞれの部位に発生したがんを膵頭部がん、膵尾部癌、膵体部癌と言います。

膵臓の主な働きは消火液(膵液)をつくること(これを外分泌という)と血糖を調節するホルモン(インスリンやグルカゴン)をつくること(これを内分泌という)です。膵臓にできるがんのうち90%以上は膵液を運ぶ膵管から発生する膵管がんです。膵臓がんとは通常、膵管癌のことをさし、内分泌細胞から発生する膵内分泌腫瘍とは性質が異なります。

膵臓癌は早期発見が困難な難治性のがん

膵臓癌治療においては、主に外科的手術・放射線療法、化学療法(抗がん剤治療)などの治療が柱となります

膵臓癌は初期症状に乏しく、早期発見が非常に困難ながんです。

また、極めて進行が早く、食欲不振や体重減少、腹部(みぞおち周囲)の痛み、背部・腰部の痛み、下痢や便秘など自覚症状が現れれたときには既に進行がんとなっていて手術適応とならないことも少なくありません。

膵臓癌は手術しただけでは安心できない

膵臓癌の手術は膵頭十二指腸切除など体への負担が大きく難易度の高い手術であるため手術中に亡くなってしまう方や手術後退院することなくなくなってしまう方も少なからずいらっしゃいます。

過酷な手術を乗り越えたとしても安心はできません。ステージ1の早期がんで手術を行い、きれいに癌を切除できても(根治手術後でも)1年生存率はわずかに50%、取り残しがあった場合(姑息手術の場合)の1年生存率はわずか13.7%にすぎないのです。

極めて高率で手術後に再発してしまうため、膵臓癌の手術後には化学療法(抗がん剤等)や放射線療法などが積極的に行われますが、副作用に苦しんでいる方が多く見受けられます

膵臓癌は通常の治療だけでは不十分

手術後に再発・転移した膵臓癌の治療は抗がん剤の治療が中心となりますが、症状緩和が主な目的になることを知っておく必要があります。

初診時に肝臓や肺などに転移を有する進行がんと診断された場合は手術適応とはなりません。この場合も抗がん剤治療が中心となりますが、やはり長期にわたり病状進行を抑えていくことは難しいのが現実です。

再発を心配するあまり精神的に不安定になったり、副作用で辛い思いをしたり、あるいは病状悪化を十分に抑えることができずに苦しまれている方は本当に多く見受けられます。

このように考えますと、西洋医学的な治療だけでは本当の意味で満足のいく膵臓癌治療が行えていないのではないかと思われるのです。

早期膵臓癌の再発・転移を防ぎ、進行すい臓癌を克服するために

膵臓癌の治療は手術でがん細胞を取り除いたら終わりではありません。放射線療法や化学療法(抗がん剤)で叩けば簡単に膵臓癌が治るわけでもありません。

根本的に膵臓癌を克服するには、膵臓癌になってしまった原因を知る必要がありますし、膵臓癌が再発しにくい体内環境を作ることも必要です。さらには治療中、治療後の生活の質を保ち精神的にも肉体的にも安定した豊かな人生・満足度の高い人生にすることがとても大切ではないかと思います。

いわゆる西洋医学の最先端の病院で「治療法は無い」と告知をされた患者さんでも、西洋医学以外に目を向ければ治療の選択肢はありますし、生活の質を保つ、あるいは向上させる術はいくつも残されています。

現在の治療効果が十分あり、生活の質にも満足していて、今後の不安もまったく無いのであればとてもすばらしいことだと思います。

しかし、少なからず不安や不満があるのであれば、そして、治療効果が得られているのか・得られていないのか判断に迷う状況にあるのであれば、ただ闇雲に治療を続けていくのではなく、いろいろな方法・考え方があるということを知ることは、今後の闘病生活に役立てるものと思います。

当院では患者さんやご家族・ご親戚・ご友人など皆様の笑顔が戻るように最大の努力を惜しむことなく診察にあたります。全力で相談を受けたいと思います

膵臓癌の治療に際し、まず当HPで膵臓癌に関する情報を知っていただき、これからの治療に役立てていただければと思います。

膵臓癌情報目次

  1. 治療、症状、膵臓癌を克服する治療法
    今ご覧いただいているこのページです
  2. 特徴、発生原因
    膵臓癌の種類(組織型)と特徴、発生原因について。
  3. 初期症状|進行時の症状
    膵臓癌の初期症状や進行した時の症状、黄疸などの自覚症状について。
  4. 検査-画像検査
    超音波検査(エコー検査)や超音波内視鏡検査(EUS)、CT検査(CTスキャン)、内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP検査)、磁気共鳴胆管膵管造影(MRCP検査)、血管造影検査、PET検査について
  5. 検査-血液検査(腫瘍マーカー)
    膵臓癌の腫瘍マーカー(CA19-9やDUPAN-2、Span-1、エラスターゼ1、CEAなど)について
  6. ステージと生存率
    TNM分類による膵臓癌の進行度(ステージ)、生存率について
  7. 手術
    膵臓癌の手術(膵頭十二指腸切除、膵体尾部切除など)について
  8. 放射線療法・化学療法(抗がん剤治療)
    膵臓癌の放射線療法・化学療法(抗がん剤治療)、抗がん剤の種類や効果判定基準、抗がん剤の副作用について
  9. 再発・遠隔転移
    膵臓癌の再発、遠隔転移(肺、肝臓、骨、脳など)について
  10. 症状緩和、予後改善
    膵臓癌治療の副作用軽減、生活の質改善(QOL改善)そして予後を改善するためにできること。

すい臓癌の体験談

すい臓癌に負けない強い意思

すい臓癌は発見された時には手遅れ、という場合が多いせいか、生存率がとても低い癌です。すい臓が胃の裏側に隠れた臓器であるためです。自覚症状もあまりなく、健康診断で見つかった時にはかなり進行しているというパターンが多いそうです。
私も他の体の不調で精密検査を受け、偶然見つかりました。見つかった時には見通しが明るくないこともはっきりと医師に告げられました。それでも普段なら受けないような精密検査をたまたま受けて見つかったのですから私はラッキーなほうだったのでしょう。
それからほどなくして手術を受けました。すい臓と胃も一部切除しました。術後は精神的なショックもあって食欲がなく、体重は激減しました。ずっと痩せたいと思っていましたが、病的な痩せ方でもちろん嬉しくもなんともありませんでした。
しばらくは抗がん剤治療を続け、今では定期健診のみになっています。今でも生きているのは、負けてたまるか、という強い意思があったからだと思います。どんなに見通しが悪くても、本人が諦めたら治る病気も治りません。

余命宣告を受けて

父親を若くして亡くしました。すい臓がんでした。すい臓がんと告知されたのは父が49歳の時です。そして52歳で亡くなりました。私はまだ社会人になったばかりでした。末っ子の私がようやく社会人になって、ホッとしたかのように逝ってしまいました。
告知された時は余命半年ということでしたから、それから三年、よく頑張ったと思います。
後で聞いた話ですが、やはり余命宣告というのは少し短めに言うようです。余命半年と言っていて4ヶ月で亡くなると患者本人も家族も心の準備ができていないという事態になってしまうからです。それなら短めに言っておいて、それを過ぎると本人も家族も納得するだろうというのが医者の本音でしょう。
ですから私の父親も実際は余命半年ではなかったのでしょうが、それでも三年は頑張ったほうだと思います。
余命宣告されてしまうと、家族としても、きっと良くなるなどという気休めは言えません。本人も奇跡が起こって治るなんて思いません。ただただ、昨日よりは元気になってほしい、毎日を精一杯生きてほしいと祈るだけです。晩年の父はきっと人生の中で一番充実していたでしょう。

banner_soudan2