手術前・手術後の方へ


banner_soudan2

がん(癌)の手術前後の過ごし方はとても大切です

dr_suzuki_s

私は順天堂大学医学部付属病院などで外科、小児外科医として勤務してまいりました。

その経験から皆様には、「術前・術後の過ごし方いかんによって患者様の予後は大きく左右される可能性が高い」ということを声を大にしてお伝えしています。そして、術前・術後の時間を大切に考えていただきたく思っています。

がん(癌)手術前にお勧めの治療

初期がん(癌)には一般に手術を勧めますが、検査でがん(癌)の診断がでてから実際に手術を行うまでには数週間から場合によっては2、3ヶ月も待たされることがあります。

この間、遠方で診察を受けられない患者様には「ドクターズサプリ:虫草エキス・虫草パウダー」をお飲みいただくことをおすすめしています。虫草エキス・パウダーを飲むことで手術までの間にがんが進行してしまうリスクを抑えられますし、患者さんの不安を和らげる作用も期待できます。

当院の診察を受けられる患者様には、虫草に加えてさらに「放射線ホルミシス・ラドン温熱療法」を何回か受けていただくことで、さらに良好な状態で手術日を迎えることができると思います。

がんの手術には大きな負担を伴いますが、術前にこれら補助療法を行うことで免疫力がバランス良く高まり、ホルモンバランスや自律神経のバランスも整います

結果として手術前の体調は良くなり、万全の状態で手術を迎えることができるので、手術の成功率が高まります

がん(癌)手術後の患者様へ(早期がんの場合)

術後は、全身麻酔や臓器摘出など過酷な条件をクリアした後ですから、免疫機能は大幅に低下しますし、ホルモンや自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスも乱れてしまいます。

早期がん術後には放射線療法や化学療法(抗がん剤)を受けないかもしれませんが、再発・転移の可能性がないから治療を受けないのではありません。

数多くの臨床試験により身体への負担が大きい割に再発予防効果がそれほど期待できないことが明らかになっているため術後の治療を行わないのです。(がんの種類にもよります)

事実、ステージ1の早期がん手術後でも5年生存率は良くても90%ほどですし、中には20%以下のがんもあるのです。

したがって早期がん術後の方は手術で受けた身体のダメージを早く回復させ、再発・転移を積極的に予防していくため豊富な臨床データがある代替医療を積極的に取り入れることが大切なのです。

がん(癌)手術後の患者様へ(進行がんの場合)

進行がんの手術後には、がん(癌)の再発・転移のリスクを抑えるために放射線療法や化学療法を受けることが多くなります

しかし、現実には術後に行う放射線療法や化学療法などの補助療法だけでは満足できる効果は得られていません。

例えば肺がんではステージ2の手術後5年生存率は約50%、ステージ3Aでは20%程です。
治療成績が良い大腸がんでもステージ2で約80%弱、ステージ3で50-60%程です。

ところが、進行がん患者様が放射線療法や化学療法と併用して当院厳選の代替医療を取り入れることで、副作用は軽減されますし、治療の有効性も高まります

結果、QOL(生活の質)は向上しますし、術後のがん細胞の転移を防ぎ、再発リスクを低減できる可能性が高まるのです。

【術後の再発・転移のリスクを軽減する治療法をご紹介させていただきます】

banner_soudan

banner_soudan2