食道癌治療の相談受付中

  • 余命宣告を受けてしまった方
  • 抗がん剤や放射線の効果無く治療法は無いと告げられた方
  • 強い痛みや転移、衰弱が進んだ方
  • 肺や肝臓、骨、脳、リンパ等に転移し手術できない方
  • 抗がん剤や放射線治療の副作用を軽減したい方
  • 術後の再発・転移を抑えたい方
  • 生活の質を大切にしたいとお考えの方

banner_soudan2

早期食道癌の方は完全に食道癌を克服できるように、そしてリンパ節転移や肝臓転移、肺転移、骨転移や脳転移など転移が拡がっている進行食道癌、あるいは末期食道がんで余命宣告を受けた方もQOLを維持・向上し充実した人生が送れるよう、そして大幅な延命、治癒を目指せるようお手伝いできればと考えております。

メール相談は無料です。

皆様からのご相談をお待ちしております。

食道癌トップ


食道癌 の予後改善のために

食道癌治療の第一歩は正しい現状把握から

このページをご覧頂いているのは、食道癌と診断された患者様や、ご家族・ご親戚・ご友人など大切な方が食道癌と診断された方だと思います。

これから食道癌の治療を受ける方や現在治療中の方もいらっしゃるでしょうし、食道癌の手術を行ったが再発や転移が不安だという方もいらっしゃるかもしれません。

進行食道癌のため手術適応とならない方や、手術後に放射線治療や抗がん剤の治療など積極的治療を行ってきたが、治療の甲斐なく食道癌の病状進行を抑えることができず医師から辛い宣告をされた方もいらっしゃることでしょう。

食道癌の治療を行う際には治療をする事が第一に優先され、人間の尊厳を重視しQOL(生活の質)を重視することや患者不在の治療にならないよう注意することが忘れられがちです。

当院では患者様主体の食道癌治療を目指しています

そのため食道癌の治療においては体への負担をかけずにがんの進行を抑え、痛みなどの症状を緩和し、抗がん剤等の副作用を軽減することでQOL改善・予後改善をはかるため積極的に代替療法・統合医療を実践しておりますメール相談は無料です。お気軽にご相談ください。

食道癌は早期発見が困難な難治性のがん

食道癌治療においては、主に外科的手術・放射線療法、化学療法(抗がん剤治療)などの治療が柱となります。

しかし食道癌は初期症状に乏しく、早期発見が困難ながんで、有効な治療法が少ない状態が続いています。そのため食道癌は難治癌とよばれています。

食道癌により食べ物が使える(飲み込みにくくなる)ようになったり、体重が減少したり、声がかすれたり、咳や声がれ、息切れなどの症状があらわれた時には既に進行食道がん(進行食道癌)となっていることが多いですし、さらに胸部痛や呼吸困難、背部の痛み、吐血などの自覚症状が現れたときには既に転移していて手術適応とならないことも少なくありません。

食道癌は手術や放射線化学療法だけでは安心できない

食道癌の手術は体への負担も大きく難しい手術ではありますが、現時点では手術療法が最も確率高く食道癌を治すことができる治療であるため、条件にもよりますが手術は優先度の高い治療になります。

放射線治療と抗がん剤治療を行う放射線化学療法も広く行われるようになってきており、外科手術との効果を比較する研究も始まっています。

過酷な手術を乗り越えたとしても安心はできません。内視鏡的手術が可能なごく早期のステージ0の食道癌でさえも5年生存率は70%、外科的手術が必要なステージ1の食道癌で、きれいに癌を切除できても(根治手術後でも)5年生存率は50-60%、ステージ2では30-50%、手術適応となったステージ3では10-30%程度と決して満足できる結果が得られていないのが食道癌の手術なのです。

手術後や放射線化学療法後に再発してしまうことも少なくないため、食道癌の治療後には5年をめどにフォローアップ(経過観察)が行われます。

食道癌の根治手術後、進行度によっては再発を予防する目的で放射線治療や化学療法(抗がん剤治療)が積極的に行われますが、副作用に苦しんでいる方が多く見受けられますし、放射線治療や抗がん剤の治療を受けたからといって再発しなくなるというものでもありません。「統計的に数%再発のリスクが低くなる」ということですから、副作用が強いためQOLが著しく低下してしまうようでしたら抗がん剤治療を中断したほうが患者さんの不利益が少なくなるということも十分に考慮する必要があります。

食道癌が再発・転移すると通常の治療だけでは不十分

手術後に再発・転移した食道癌の治療は抗がん剤の治療が中心となりますが、残念なことに十分な効果が得られるケースはあまりないことを知っておく必要があります。

初診時に肝臓や肺、骨や脳などに転移を有する進行食道がんと診断された場合は手術適応とはなりません。この場合も抗がん剤治療が中心となりますが、やはり長期にわたり病状進行を抑えていくことは難しいのが現実です。

再発を心配するあまり精神的に不安定になったり、副作用で辛い思いをしたり、あるいは病状悪化を十分に抑えることができずに苦しまれている方は本当に多く見受けられます。

このように考えますと、西洋医学的な治療だけでは本当の意味で満足のいく食道癌治療が行えていないのではないかと思われるのです。

早期食道がんの再発・転移を防ぎ、進行食道癌を克服するために

食道癌の治療は手術でがん細胞を取り除いたら終わりではありません。放射線療法や化学療法(抗がん剤)で叩けば簡単に食道癌が治るわけでもありません。

根本的に食道癌を克服するには、食道癌になってしまった原因を知る必要がありますし、食道癌が再発しにくい体内環境を作ることも必要です。さらには治療中、治療後の生活の質を保ち精神的にも肉体的にも安定した豊かな人生・満足度の高い人生にすることがとても大切ではないかと思います。

いわゆる西洋医学の最先端の病院で「治療法は無い」と告知をされた患者さんでも、西洋医学以外に目を向ければ治療の選択肢はありますし、生活の質を保つ、あるいは向上させる術はいくつも残されています。

現在の治療効果が十分あり、生活の質にも満足していて、今後の不安もまったく無いのであればとてもすばらしいことだと思います。

しかし、少なからず不安や不満があるのであれば、そして、治療効果が得られているのか・得られていないのか判断に迷う状況にあるのであれば、ただ闇雲に治療を続けていくのではなく、いろいろな方法・考え方があるということを知ることは、今後の闘病生活に役立てるものと思います。

当院では患者さんやご家族・ご親戚・ご友人など皆様の笑顔が戻るように最大の努力を惜しむことなく診察にあたります。全力で相談を受けたいと思います

食道癌の治療に際し、まず当HPで食道癌に関する情報を知っていただき、これからの治療に役立てていただければと思います。

食道がん患者さんの予後を改善する代替療法のススメ

当院では食道癌治療の副作用の軽減や再発・転移のリスクを抑えていくため、進行した食道がんの病状悪化を止め病状を改善するために積極的に代替医療を取り入れることをお勧めしています。通院が難しい方でも当院の代替医療を受けていただけます。詳しくは食道癌の無料相談をご利用ください。

食道癌情報目次

  1. 症状、治療、生存率、手術
    今ご覧いただいているこのページです
  2. 原因、特徴
    食道癌の種類(組織型)と特徴、発生原因について
  3. 初期症状と末期症状
    食道癌の初期症状や進行した時の症状について
  4. 診断・検査
    食道癌の組織診断(生検)・画像検査(食道造影検査、食道内視鏡検査、超音波内視鏡検査、CT検査、MRI検査、PET検査、骨シンチグラフィー)・血液検査について
  5. ステージと生存率・余命
    TNM分類による食道癌の進行度(ステージ)、5年生存率について
  6. 手術
    食道癌の手術(膵頭十二指腸切除、膵体尾部切除など)について
  7. 放射線治療
    食道癌の放射線療法、食道癌の放射線治療治療の目的、骨転移や脳転移した食道がんに対する放射線治療について
  8. 化学放射線治療(抗がん剤)
    食道癌の化学療法(抗がん剤治療)、抗がん剤の種類や抗がん剤の副作用、効果判定基準について
  9. 再発・転移
    食道癌の再発、遠隔転移(食道、肝臓、骨、脳など)した場合の治療について
  10. 痛み緩和、症状改善
    食道癌のQOL改善・予後を改善するためには?

食道癌体験談

高齢の食道癌の初期症状は要注意

歳を取ると、会社の健康診断を受ける機会もなくなり、なかなか定期的に検診を受けることがなくなってしまいます。
年寄りは病院に行く回数こそ多いものの、ほとんどはご近所の町医者で済ませてしまいます。年に一度は大きな総合病院で検診を受けることが大切だと実感した出来事があります。
それは今から二年ほど前、私の友人の兄が食道がんで亡くなったことです。
70歳を過ぎ、歯も少なくなっていましたのでうまく食事ができないのは年齢のせいだと思っていたそうです。
しかし、固いものや大きなものを飲み込めなくなってきていつもの町医者に行き検査をしてもらったところ、異常はないと言われたそうです。検査といっても小さな町医者ですので大した設備はなかったのでしょう。
その後も食事がしにくい状態が改善されず、徐々にひどくなってきたことから総合病院に行って精密検査をしたところ、かなり進んだ食道がんで手の施しようがなくなっていました。
歳を取るとがんでなくても嚥下しにくくなるものですので区別がつきにくいのですが、違和感を感じたら町医者ではなく総合病院に行くようにしましょう。

食道がんは特に転移が早い

どんながんでも早期発見が重要なのは言うまでもありませんが、食道がんは特に転移が早いので、早期に発見して被害を食道だけにとどめることができるかどうかが鍵です。
そういう意味では自覚症状がないうちに発見できればとてもラッキーだと言えるでしょう。
そのラッキーな人とは、私の職場の上司です。
忙しくて何年も病院に行ったこともない、という人ですが、会社の健康診断だけは受けなければなりませんので、毎年受けていました。その中のバリウム検査で食道がんの疑いが出て、精密検査をしたところ、ごくごく初期の食道がんだということが分かりました。
医者も驚くほど初期のがんで、この段階で見つかるのはとても稀だという話でした。

喫煙と飲酒で食道がんに

最近は食道がんの発症率がとても高くなっています。実際に私も食道がんになってとても苦しんだ経験があります。
私の場合は普通に生活していて、ご飯や飲み物がのどを通りにくくなって行ったことが発端です。
最初は一日したら治るのかと思っていましたが、のどの突っかかりはまったく治らなくて、変だと思ったので病院に行ったところ食道がんが見つかりました。あとはどんどん声がかすれていったのも異変としてあります。
私の場合、原因として言われたのが喫煙と飲酒があります。喫煙は一日にひと箱は煙草を吸っていたため、食道がんの引き金になったといわれましたし、さらに飲酒も毎日たくさんの量を飲んでいたため、さらにひどくなったといわれました。
そして私の場合手術を行ってからが大変でした。
薬などの治療の辛さよりも、酒が飲めないのとたばこが吸うことができないということがとても辛いです。どちらも吸いたいし飲みたいが体のことを考えたら飲めないし、我慢して禁断症状が出てきて慣れるまでがつらかったです。

食道がんの初期症状は全くない

私は最近まで食道がんになってきちんと手術して治療をしていました。食道がんの初期症状は全くないです。
私の場合はのどがつっかえてご飯や水がうまくのどを通らなかったりしていたことがありますし、だんだん声がかすれていったことがあります。そして時間が経っても全く治らないため異変に気づいて病院に行ったら食道がんだと診断されました。
実際に私は診断するときに内視鏡を使って食道内を見ていきました。そして実際に異常がある部位はわかってもカメラ越しではあまりわからない部分がありますので、細胞を採取して顕微鏡で見てもらったら食道がんだとのことでした。
そして実際に治療を行うときに一気に手術をしていくか放射線治療をしていくか選んでくださいと言われました。
放射線治療の場合進行状況によってはできなかったですが、幸いまだそこまで進行していなかったので放射線治療もできる状態でした。しかし副作用がひどいことを聞いていたため、一気に治す手術を選択しました。

食事の変化

私も先日食道がんを発症してしまいとても大変でした。実際に初期症状は全くわからなかったので、自分が食道がんになったことがとても意外でした。
そして先生の話を聞いていると食道がんになりそうな生活をしているというのが分かりました。
実際に食道がんをそのままにしていてはいけないので、手術を行い悪い部分は除去していきました。しかしこれで同じ生活をしていたら再発してしまうといわれたため、食事療法を行っています。この食事療法がとても大変です。
私の場合一日2食のみで、一回で食べる回数はとても多くしていましたが、きちんと3食食べるようにして一回の量を少なくしていきました。さらに時間がもったいないため今まであまりかまないで食べていました。それをゆっくり時間をかけて何回も噛むように食べるように変更しました。
更に味付けも薄いものにして、食べてからしばらくは座るようにして、食道がんの再発を防ぐように気をつけていっています。

食道癌を体験してわかったこと

定年退職してから定期健診を受けることもなくなったので、ちょうど良い機会だと妻と一緒に人間ドックを受けることにしました。これからゆっくりとした生活を送る上で健康が重要だろうということで軽い気持ちで受けましたが、再検査をするように言われました。健康には気を使っていたつもりですし、体調が悪いと感じたこともなかったので再検査は意外でした。しかも精密検査の結果、食道癌と診断されました。食道癌というのは物が飲みにくかったり喀血などの症状が出ると思っていたのですが、自分にはそのような症状は全くありません。間違いではないのかと医師に尋ねても、間違いないと言われてショックを受けました。信じたくないので、PET検査も受けてみましたが、やはり食道に腫瘍があることが確認できました。落ち込む私よりも妻のほうが開き直って、治療をするんだからと手続きを全て行ってくれました。今まで家を守っているつもりで妻に守られていたことが、病気を体験して初めてわかると同時に感謝するようになりました。幸い、外科手術を受けることができ、術後は食欲が一時的に落ちたものの、少しずつ回復して元気を取り戻すことができました。

banner_soudan2