乳癌を克服するために出来ることがあります。

banner_soudan2

breast_text

発生原因


乳癌の原因

乳癌発症の危険因子

乳癌発症の危険因子としては、早い初潮年齢、遅い初産年齢、少ない出産数、遅い閉経年齢、乳がんの家族暦、特にBRCA1・BRCA2というがん抑制遺伝子の変異、そして放射線の暴露、閉経後の肥満やアルコールなどがあります。

上記以外に、食事の欧米化なども乳癌の危険因子であると疑われています。

乳癌と初潮年齢・初産年齢・出産数・閉経年齢の関係

乳癌と初潮年齢

初潮年齢が13歳以下で初潮があった女性と比較して14~15歳で初潮があった女性は数%、16歳以上で初潮があった女性は30%ほど乳癌にかかりにくいという統計データがあります。

乳癌と初産年齢

初産年齢が24歳以下の女性と比較して、初産が25~29歳の女性は約1.3倍、30~34歳の女性は約1.7倍、35歳以上の女性では約2.2倍、そして出産暦のない女性は約1.5倍、乳癌になりやすいという統計データがあります。

乳癌と出産数

出産数が1の女性と比較して2度の出産を経験された女性は約5%、3度以上の出産を経験された女性は約30%ほど乳癌にかかりにくいという統計データがあります。

乳癌と閉経年齢

閉経年齢が49歳以下の女性と比較して50歳以上で閉経を迎えた女性は約2%乳癌になりやすいという統計データがあります。

乳がんの原因-エストロゲン

上記のように乳癌の危険因子である出産や月経にかかわっているのが女性ホルモンのエストロゲンです。

エストロゲンは乳腺組織を刺激し、細胞の増殖を促します。細胞の増殖は遺伝子が傷つく原因となり、そして遺伝子が変異することでがん発症へと関係します。

現代の日本女性は、食生活の欧米化によって発育も体格もよくなりました。そのため初経が昔より早く、逆に閉経は遅くなっています。また、初産年齢の高齢化が進み、若年期に出産を経験しない女性が多くなってきています。子供を産まない、出産回数の少ないという女性も増加しています。これらがエストロゲンの作用期間を長くして乳癌発生のリスクを高めていると考えられています。

エストロゲンの主な産生源は卵巣(閉経前)および脂肪組織(閉経後)になります。

閉経後の肥満とアルコール摂取

閉経後は卵巣に代わって、主に脂肪組織における男性ホルモンがエストロゲンに変換されます。そのため閉経後は肥満であることが乳癌発生のリスクを高めることになります。

また肥満である女性は、食生活が脂っこいものが好きである場合が多く、食生活が欧米女性に近いということも乳がん発生のリスクを高めているといえるでしょう。

アルコールについては一日に1杯程度の飲酒については乳癌発症との因果関係はないと考えられていますが、それ以上を常飲すると、飲む量が増えれば増えるほどリスクは高まると考えられています。

乳がんの原因-遺伝

乳癌を引き起こす要因として遺伝も関連があります。遺伝子の変異が明らかで子供に受け継がれるものを「遺伝性乳がん」と呼びます。

特に最近の研究ではBRCA1、BRCA2という乳がんの増殖を抑える役割をしている遺伝子の両方あるいはいずれかに異常を持っている人は乳がんにかかりやすい性質を持っていることがわかってきましたが、実際に遺伝が関与しているのは乳癌患者のうち5%程度と考えられていますからそれほど多くはありません。

一般に、三親等以内の家族・親戚に乳癌の人が複数いる場合を「家族性乳がん」と呼びますが、家族は食生活などが似ていることが影響することもありますので、必ずしも遺伝したとはいえません。

banner_soudan2