乳癌を克服するために出来ることがあります。

banner_soudan2

breast_text

抗がん剤治療


乳癌の治療法-乳癌の化学療法(抗がん剤治療)

乳癌の治療-抗がん剤治療

化学療法(抗がん剤治療)が行われる場合

dr_suzuki_s

乳癌は進行すると周囲のリンパ節に転移し、さらに血流にのって肺や肝臓、骨、脳などに転移します。

乳癌の転移の可能性が極めて低い局所にとどまった癌である場合には手術や放射線療法による治療だけを行います。

しかし、腋窩リンパ節に転移があった場合や、転移は無くとも再発の危険が高いと判断された場合でホルモン感受性のない乳がん患者さんには抗がん剤療法が行われます。ホルモン感受性のある患者さんの場合でも、再発の確率が高いと判断された場合にはホルモン療法に加えて化学療法(抗がん剤治療)が併用されることもあります。

また、肺や肝臓、骨など遠隔転移があり手術ができない場合にも化学療法(抗がん剤治療)が使われることがあります。

ただし、ホルモン療法と抗がん剤治療を同時に使用することは原則としてありません。

骨転移がある場合には、疼痛を抑えたり、骨折の頻度を減らすためにビスホスホネート製剤(ゾレドロン酸やパミドロネート)をホルモン剤や抗がん剤と併用することがあります。

代表的な化学療法(抗がん剤治療)

CMF

C(シクロホスファミド=エンドキサン)とM(メソトレキセート)、F(フルオロウラシル=5FU)の3剤を組み合わせた治療法です。

CAF

C(シクロホスファミド)とA(アドリアシン)、F(フルオロウラシル=5FU)の3剤を組み合わせた治療法です。

AC

A(アドリアシン)とC(シクロホスファミド)の2剤を組み合わせた治療法です。

EC

E(エピルビシン)とC(シクロホスファミド)の2剤を組み合わせた治療法です。

FEC

F(フルオロウラシル=5FU)とE(エピルビシン)、C(シクロホスファミド)の3剤を組み合わせた治療法です。

タキサン系薬剤

ドセタキセル=タキソテール、パクリタキセル=タキソールなどを使った治療法です。

イリノテカン

イリノテカン(カンプト、トポテシン)は手術不能または再発乳癌の適応を持つ抗癌剤です。

ゼローダ

ゼローダ(カペシタビン)は手術不能または再発乳癌の適応を持つ抗癌剤です。

ハラヴェン(エリブリンメシル酸塩 )

他剤が無効だった手術不能又は再発乳癌に使います。

ハーセプチン

「HER2/neu」という特定の遺伝子が関与する乳がんに対して、トラスツズマブ=ハーセプチンという薬を用いて治療を行います。

タイケルブ(ラパチニブ)

ハーセプチンと同じくHER2が過剰に発現している乳癌に使用します。手術不能又は再発乳癌に適応を持つ分子標的薬です。

HER2検査をすることで、ハーセプチンやタイケルブの効果が期待できる癌とそうでない癌がわかるため、切除した乳癌のHER2検査は不可欠な検査であるといえます。

化学療法(抗がん剤)の副作用

骨髄毒性-白血球減少(好中球減少)、赤血球減少、血小板減少

乳癌の抗がん剤治療により血液をつくる細胞がダメージを受け、白血球減少や赤血球減少、血小板減少などの副作用を高頻度で生じます。

乳がんに対する化学療法では、患者さんが抗がん剤の副作用により死亡することが稀にですがあります。治療関連死で最も多いのは白血球や好中球減少による重篤な肺炎や敗血症などの感染によるものですから、これらの血液検査の数値が低下した場合には注意が必要です。

白血球減少(好中球減少)が起きると乳炎などの感染症を起こしやすくなります。また発熱が続くこともあります。白血球や好中球の減少に対しては、G-CFS(顆粒球コロニー刺激因子)などを使用することがあります。

赤血球が減少することで貧血になったり、血小板減少により出血しやすくなったり、あざができやすくなったり、注射の跡が消えにくくなるなどの副作用が現れることがあります。

これらの副作用を骨髄毒性といいます。骨髄毒性は目に見える副作用ではないため一般の方は軽視しがちですが、実は命にかかわることが少なくない副作用ですから抗がん剤の投与中は注意深く骨髄毒性が許容範囲内であるかをチェックする必要があります

吐き気・嘔吐・下痢

乳癌治療で抗がん剤が投与されると多くの方で吐き気や嘔吐をおこします。下痢をする方もいらっしゃいます。

使用する抗がん剤の種類により吐き気や嘔吐が起きやすい抗がん剤もあれば、あまり激しい副作用を伴わないものもあります。場合によっては極度の脱水症状により衰弱してしまう可能性もあります。

脱毛

乳癌治療では脱毛を起こしやすい抗がん剤(アドリアマイシンやパクリタキセル、ドセタキセルなど)が使われることが少なくありません。脱毛は治療直後ではなく治療開始から2、3週間経過して始まることが多いようです。

その他の副作用

乳癌治療で用いられる抗がん剤の副作用として、動悸や息切れ、体のむくみ、筋肉や関節の痛みなどが現れることがあります。

手足症候群といって手のひらや足の裏に刺すような痛みがあったり、手足の感覚がまひしたり、皮膚の乾燥やかゆみ、変色などの症状が現れることがあります。

口内炎や倦怠感(だるさ)、皮膚や爪の変色、味覚障害、肝機能障害なども副作用で現れます。

乳癌治療における化学療法(抗がん剤)の効果判定

化学療法(抗がん剤治療)を続けるか止めるか

抗がん剤の治療を行う際にの目的は「がんの縮小、そして延命」、「癌の進行を止める」「癌による痛みの軽減などQOLを改善する」などになります。

治療効果が十分で、副作用が軽微であれば治療を続けるメリットは大きいと思います。

一方で治療効果がなく、副作用が強く苦しみが増しているのであれば治療を続けることが患者さんにとって大きな負担となり、時に死期を早めてしまうリスクもはらんでいます。

抗がん剤治療を行う際には治療効果が得られているのか冷静に判断をすべきです。

また抗がん剤治療は体への負担が大きいため以下のPS(全身状態)を参考に治療を行う条件を満たしているかも確認が必要です。

以下に一般状態判定基準、効果判定基準を示しますので参考にしてください。

一般状態判定基準

■一般状態判定基準

0
無症状で日常生活に支障のないもの
1
症状はあるが、日常生活に支障のないもの
2
就床を必要とするが、日中50%以上の日常生活が可能と考えられるもの
3
日常生活は可能であるが、日中50%以上就床を必要とするもの
4
1日中ほとんど離床不能なもの

PS0~3が化学療法治療対象となるが、PS3は予後が悪いことが多く薬剤感受性の良い腫瘍やPS2に近い3の症例に限った方が安全である。

治療の効果判定
CR(著効)
腫瘍が全て消失した状態が4週間以上継続している。完全寛解ともいう。
PR(有効)
腫瘍が50%以上(半分以上)縮小している状態が4週間以上継続している。
NR(不変)
効果がPRには満たない、あるいは、増悪が以下のPDに当てはまらない。
すなわち、腫瘍の縮小が半分にまで至らないか、25%以内の増大におさまっている。
PD(進行)
腫瘍の25%以上の明らかな増大。あるいは他の病変の出現・増大

※一部の腫瘍が縮小した場合でも、他の部分が新たに出現あるいは増大した場合には進行と判断します。

乳癌の化学療法の副作用軽減・予後を改善するために

乳癌は化学療法(抗がん剤治療)単独では効果が十分得られにくいため進行を抑えるにも限界があります。

当院では乳癌の化学療法(抗がん剤治療)による副作用の軽減、及び予後を改善するために積極的に代替医療を取り入れることをお勧めしています。詳しくは乳癌の無料相談をご利用ください。