乳癌を克服するために出来ることがあります。

banner_soudan2

breast_text

ホルモン療法


乳癌の治療法-乳癌のホルモン療法

dr_suzuki_s

乳癌患者さんの60%から70%はエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンによってがん細胞が増殖するホルモン感受性の乳がんです。

乳癌のホルモン療法はからだの中で作られるエストロゲンを減らしたり、エストロゲン受容体をふさいでエストロゲンとの結合を邪魔することで、がん細胞の増殖を抑えるものです。

乳癌のがん組織を調べ、ホルモン感受性があると診断された場合にホルモン療法の効果が期待できます。副作用が比較的少なく、長期間使えるのが特徴です。

乳がんの治療に用いるホルモン剤にはいくつかの種類があり、閉経前と閉経後とで治療に使う薬剤も異なることがあります。

閉経前の女性は、主に卵巣でエストロゲンが作られます。一方閉経後には副腎で作られるアンドロゲン(男性ホルモン)が脂肪などにある酵素の働きでエストロゲンに変換されます。

閉経前乳癌のホルモン治療

閉経前の女性の卵巣機能をストップさせ一時的に閉経後の状態にし、エストロゲンの分泌を抑えるLH-RHアゴニスト(ゾラデックス、リュープリンなど)と呼ばれる薬です。乳がん治療でこのホルモン剤を用いると更年期障害に似た「ほてり、発汗、冷え」などの症状が現れます。

閉経後乳癌のホルモン治療

閉経後の女性に対しては、アロマターゼ阻害剤(閉経後、脂肪でエストロゲンをつくる酵素をブロックするアフェマ、アリミデックス、アロマシン、フェマーラなど)と呼ばれるアロマターゼ活性を抑えてエストロゲンの産生をとめるタイプのホルモン剤もあります。

エストロゲンが受容体に結合することを防ぎ乳がん細胞の増殖を抑える働きをする抗エストロゲン剤(エストロゲンが癌に働くのをブロックする=タモキシフェン、トレミフェンなど)を使うこともあります。乳がん治療でこのホルモン剤を長期間使用することにより子宮体がんのリスクが若干高くなるという報告もあるため子宮体がんの定期検査をする必要があります。

さらに、エストロゲンを抑える働きをするプロゲステロンというホルモンを使った合成プロゲステロン製剤(ヒスロンH、プロゲストン錠)などの種類があります。

ホルモン療法の副作用

気分の落ち込みやホットフラッシュ-更年期障害

気分の落ち込みやホットフラッシュ(のぼせやほてり)などの更年期障害は女性ホルモンであるエストロゲンが少なくなることで起こります。エストロゲン減少により体温調整がうまくできなくなり皮膚の血流が増えて顔面の紅潮や発汗などの症状が現れたり、不安や動悸などの症状を伴うこともあります。

その他の副作用

タモキシフェンなどでは血液が固まりやすくなるため血栓ができ合併症をおこすことがあります。

エストロゲンを減少させるLH-RHアゴニストやアロマターゼ阻害剤を使用すると、骨がもろくなり骨折しやすくなります。このような時にはビスホスホネートを併用します。

またアロマターゼ阻害剤では関節のこわばりや関節痛などが高頻度で見られます。

性器から出血や膣分泌物の増加、膣の乾燥や炎症などの症状が現れることもあります。

タモキシフェンにより子宮体がんになるリスクが2~3倍増えると言われています。