乳癌治療の相談受付中

  • 余命宣告を受けてしまった方
  • 治療法は無いと宣告された方
  • 強い痛みや転移、衰弱が進んだ方
  • 肺や肝臓、骨、脳、リンパ等に転移し手術できない方
  • 抗がん剤や放射線治療の副作用を軽減したい方
  • 術後の再発・転移を抑えたい方
  • 検査中・手術前の方
  • 生活の質を大切にしたいとお考えの方

banner_soudan2

breast_text

乳癌治療について(TOP)


鈴木式 乳癌 治療戦略

乳癌治療の第一歩は正しい現状把握から

このページをご覧頂いているのは、乳がんと診断された患者様や、ご家族・ご親戚・ご友人など大切な方が乳がんと診断された方だと思います。

これから乳癌の治療を受ける方や現在治療中の方もいらっしゃるでしょうし、一通り乳癌治療を行ったが再発や転移が不安だという方もいらっしゃるかもしれません。

進行乳癌のため手術適応とならない方や、手術後に放射線治療やホルモン療法、抗がん剤の治療など積極的治療を行ってきたが、治療の甲斐なく乳がんの病状進行を抑えることができず医師から辛い宣告をされた方もいらっしゃることでしょう。

乳癌治療においては、主に外科的手術・放射線療法、化学療法(抗がん剤等)、ホルモン療法などの治療が柱となります。

最近は早期の乳がんに対して乳房温存療法(乳房温存手術と手術後の温存乳房への放射線照射)が選択されることが多くなりました。

乳房温存療法は再発率を高めることなく美容的にも優れた治療法ですが、放射線療法の副作用が問題になることがありますし、また残念なことに早期乳がんで温存療法後に再発されてしまう方もいらっしゃいます。

胸筋温存乳房切除術(乳房全摘手術)後には化学療法(抗がん剤等)やホルモン療法、放射線療法などが行われますが、やはり治療による副作用で辛い思いをされている方が多く見受けられます。

乳癌が再発・転移すると通常の治療だけでは不十分

手術後に再発・転移した乳癌の治療は抗がん剤の治療が中心となりますが、症状緩和が主な目的になることを知っておく必要があります。

初診時に肝臓や肺、骨、脳などに転移を有する進行がんと診断された場合は手術適応とはなりません。この場合も抗がん剤治療やホルモン療法が中心となりますが、やはり長期にわたり病状進行を抑えていくことは難しいのが現実です。

再発を心配するあまり精神的に不安定になったり、副作用で辛い思いをしたり、あるいは病状悪化を十分に抑えることができずに苦しまれている方は本当に多く見受けられます。

このように考えますと、西洋医学的な治療だけでは本当の意味で満足のいく乳がん治療が行えていないのではないかと思われるのです。

早期乳癌の再発・転移を防ぎ、進行乳がんを克服するために

乳がんの治療は手術でがん細胞を取り除いたら終わりではありません。放射線療法やホルモン療法、化学療法(抗がん剤)で叩けば簡単に乳がんが治るわけでもありません。

根本的に乳癌を克服するには、乳がんになってしまった原因を知る必要がありますし、乳がんが発生しにくい体内環境を作ることも必要です。さらには治療中、治療後の生活の質を保ち精神的にも肉体的にも安定した豊かな人生・満足度の高い人生にすることがとても大切ではないかと思います。

いわゆる西洋医学の最先端の病院で「治療法は無い」と告知をされた患者さんでも、西洋医学以外に目を向ければ乳癌治療の選択肢はありますし、生活の質を保つ、あるいは向上させる術はいくつも残されています。

現在の治療効果が十分あり、生活の質にも満足していて、今後の不安もまったく無いのであればとてもすばらしいことだと思います。

しかし、少なからず不安や不満があるのであれば、そして、治療効果が得られているのか・得られていないのか判断に迷う状況にあるのであれば、ただ闇雲に治療を続けていくのではなく、いろいろな方法・考え方があるということを知ることは、今後の闘病生活に役立てるものと思います。

当院では患者さんやご家族・ご親戚・ご友人など皆様の笑顔が戻るように最大の努力を惜しむことなく診察にあたります。全力で相談を受けたいと思います

乳がんの治療に際し、まず当HPで乳がんに関する情報を知っていただき、これからの治療に役立てていただければと思います。

乳癌情報目次

  1. 克服する治療法
    今ご覧いただいているこのページです
  2. 統計や分類
    乳癌の統計や乳がんの組織分類について
  3. 発生原因
    乳癌発症の危険因子について
  4. 初期症状・自己検診
    乳癌の初期症状や進行した時の症状について。自己検診法の紹介。
  5. 視触診、画像検査
    乳癌視診・触診やマンモグラフィー、その他画像検査について
  6. 組織診・細胞診(生検)
    乳癌の穿刺吸引細胞診、針生検、外科生検について
  7. 腫瘍マーカー
    乳癌の腫瘍マーカー(CA15-3やCEA、NCC-ST-439など)について
  8. 乳癌ステージと生存率・余命
    乳癌TNM分類による乳がんの進行度(ステージ)と5年生存率について
  9. 温存手術と全摘手術
    乳房温存療法や胸筋温存乳房切除術、腋窩リンパ節郭清、センチネルリンパ節生検について
  10. 放射線治療・ガンマナイフ
    乳房温存手術後や乳房全摘手術後、その他放射線療法について
  11. ホルモン療法
    ホルモン療法(閉経前ホルモン剤、閉経後ホルモン剤)について
  12. 抗がん剤治療
    乳癌治療で使われる抗がん剤の種類や抗がん剤の副作用、効果判定基準について
  13. 再発・遠隔転移
    乳癌の局所再発、遠隔転移(肺、肝臓、骨、脳など)について
  14. 痛みと症状改善
    乳癌のQOL改善・予後を改善するためには?

乳がんの体験談

乳がん克服者の話に支えられた

叔母を乳癌で亡くしているため、私自身注意はしていたつもりでしたが、定期健診で指摘されるまで分かりませんでした。検診でしこりがあると言われその後検査、腫瘍が見つかり、悪性と分かり、治療という叔母と全く同じ道を辿ることになりました。
叔母が亡くなっているので不安が大きく、毎日絶望に押し潰されそうになっていました。
そんな私の一番の支えは娘でした。娘の周囲に二人も乳癌を克服した女性がおり、その人たちの話をいつもしてくれていました。まだ20代、30代の若さで乳房を失っても尚明るく前向きに生きている娘の知り合いの話を聞くうちに、私なんてずっと恵まれていると思えるようになりました。
50歳を過ぎて乳房が片方なくなるくらい、どうってことないと思いました。
乳房を残す方法もあると医師からは説明されましたが、私は確実性のある切除をお願いしました。
手術は成功し、今では以前と変わりなく過ごしています。
切除された乳房にはパッドを入れています。外からは全く分かりません。

気持ちが楽になった瞬間

芸能人にも何人か乳癌を克服して復帰している人がいますので、今では必ずしも死ぬ病気ではないと頭では分かっているつもりですが、やはり自分が乳癌と宣告されてからは死の恐怖と常に向き合っています。

現在手術を終えて三年になりますが、まだまだ油断はできません。
先日も、乳癌ではありませんが、手術のあと5年経って再発したというアナウンサーのニュースを見ました。
他人事とは思えません。
ただ、ある時を境に検診にいちいちビクビクするのはやめようと思いました。
そんなふうに不安に思うこと自体がストレスになり、ストレスが体に良くないことは明らかだからです。
再発したら再発したでまた治療に専念すれば良いだけ、それが自分の運命だと受け入れようと決めました。
そうするととても気持ちが楽になり、人生を楽しむことができるようになりました。
女性にとって乳癌の手術を受けることは大変な精神的ダメージがありますが、どんなに辛いことも乗り越えた時に本当の幸せが待っているのだと思います。

banner_soudan2